個体値はA0

2015-03-31

真皇杯ラストチャレンジ&本戦使用 真皇杯ベスト8構築〜願いバシャーモ+毒ボルトロス〜

真皇杯ラストチャレンジ、本戦に参加してきました。
最終的な結果はベスト8でした。参加人数2300人の大規模な大会でここまでの結果を残すことが出来、とても嬉しく思います。
f:id:A0A0:20150331210243p:imagef:id:A0A0:20150331205612p:imagef:id:A0A0:20140724222902p:imagef:id:A0A0:20150331210050p:imagef:id:A0A0:20140724222639p:imagef:id:A0A0:20140724222651p:image
今回はメガバシャーモから構築をはじめました。バシャーモを止める手段として、マリルリファイアローなどのタイプ受け、クレセリアカバルドンスイクンなどの数値受け、ボルトロスの先制電磁波によって足を止め上から叩く、などがあげられますが、最近はボルトロスで対策している構築が多く見受けられました。そのため、ボルトロスバシャーモで突破し、癒しの願いで回復すれば残りのポケモンを一掃できるのではないかと考えバシャーモ+癒しの願いを軸に構築しました。

バシャーモバシャーモナイト
169-232-101-*-102-138
Aほぼぶっぱ +1でメガミミロップ抜き B<D 残りH
飛び膝蹴り フレアドライブ 剣の舞 守る
基本軸。受けきれるポケモンがいない構築には積極的に選出していく。剣の舞はスイクンを対面ですら突破を可能にする技。剣の舞を持っている≒馬鹿力ではなく飛び膝蹴りなので舞った後格闘技を撃たなければならない相手にはゴースト後出しに注意したい。メガシンカをしなくても最低限の性能はあるため、ゲンガーとの同時選出もありえる。また、この構築ではラティアスゲンガーメガシンカの可能性もあり珠特殊型に見られやすいことも選出段階で考慮に入れておきたい。

ラティアスゴツゴツメット
175-*-127-130-150-173
H16n-1 準速メガボーマンダ抜き 残りB(意地メガガルーラの捨て身を急所込みで約7割で耐える)
流星群 サイコショック 電磁波 癒しの願い
バシャーモのサポート。基本的にバシャーモと同時選出をする。癒しの願い以外はガブリアスをワンキルする流星群ローブシンを2発で倒せるサイコショック、起点回避の電磁波を採用した。ゴツゴツメットガルーラ対策ではなく、バシャーモの圏内に入れるための持ち物。クレセリアより、ガルーラに対してバシャーモ回復を出来る可能性が高い。ローブシンを対面から勝てるポケモンがこいつしか居ないためローブシン入りには慎重に立ち回りたい。

ボルトロス@オボンのみ
184-*-132-145-101-135
ガブリアスの岩石封じ+逆鱗耐え キノガッサ抜き
10万ボルト めざめるパワー氷 毒々 電磁波
パーティの潤滑剤。バシャーモ+電気飛行の並び。バシャーモを採用したことでファイアローに出来るだけ強くしたかったためHBオボン。毒々は先制攻撃技感覚でキノガッサガブリアスなどに打つことでバシャーモで突破することが出来るようになったり、数値受けのポケモンを剣舞後のバシャーモでも突破できるようになる。裏選出のゲンガーとも相性がよく電磁波が入らないポケモンは毒を入れてからゲンガーの祟り目圏内に入れる立ち回りも多い。スイクンにとりあえず撃つことができる技でもありミラーコートを恐れる必要がない、オニゴーリにも最低限の対策として使える、など様々な用途がありとても汎用性の高い技。当てたい状態異常ではない技を当てないよう
に気を付けたプレイングを心がけたい。

ゲンガー@ゲンガナイト
159-*-101-198-116-200
16n-1 火傷ダメージ2回+祟り目でガブリアスが落ちる 最速
祟り目 ヘドロ爆弾 鬼火 身がわり
裏選出のメガシンカボルトロスの技を生かせるゲンガーを採用。ラティアスフェアリーを誘うためヘドロ爆弾。ポリゴン2の要塞化の鬼火、定数ダメ痺れ待ちの身代わり。バシャーモゲンガーの苦手範囲被りが飛行くらいなのでバシャーモが出せないときに出しやすい。ボルトロスポリゴン2で状態異常を巻き、ゲンガーで一掃したり、ゲンガーでキャッチからポリゴン2スイクンで詰ませる立ち回りを意識する。

ポリゴン2@進化の輝石 ダウンロード
191-100-122-125-150-72
16n-1 意地鉢巻ファイアローブレイブバード2耐え 珠ボルトロス10万ボルト3耐え
恩返し シャドーボール 電磁波 自己再生
パーティの裏のエース。襷ガモス(サイキネ持ち)やラティアス選出が出来ないときの対電気として採用。ボルトロスの状態異常から安全につなげることが出来たり、バシャーモが抜けないスカーフ持ちは火力がないため完全に受けきれる。技は等倍範囲が広い二つ。ボーマンダに見た目が強いためボーマンダの選出圧力になりやすい。(決勝トーナメントの余談をすると、トルンさんは技構成を知っています)B方面が配分どおりに役立ったことはないが、ガブリアスの逆鱗急所+逆鱗をギリギリ耐えたためこの配分で正解だった。このポケモンで詰むパーティがとても多かった印象。

スイクン@カゴのみ
207-*-183-110-135-106
HBぶっぱ
熱湯 冷凍ビーム 瞑想 眠る
パーティの穴埋め。対炎、地面その他面倒なポケモン任せている。どうしても自分はこのポケモンを採用してしまうのはあまりよくないのかもしれないが、それだけ信用している。ポリゴン2が氷技を持っていないためこちらには持たせておきたかったため2ウェポン。HBに振り切ってバシャーモとの対面の勝率を高めている。ポリゴン2が電気に後出しが簡単にできるため、無理に瞑想を詰むプレイングをする必要がなくなった。

選出
バシャーモ+ラティアス+@1
基本選出。基本はボルトロスが入る。とりあえずバシャーモでタテることを念頭において立ち回る。

ゲンガー+@2(ラティアス以外)
裏選出。基本はボルトポリ2。周りで状態異常を巻いてゲンガーでタテるのが基本。2枚メガ選出で殴りあう選出もあり。

バシャーモ+ゲンガー+スイクン
対受けループ。釣り交換を連発してゲンガーヤドランをキャッチしてバシャーモで残りを一掃する。物理受けが必要なポケモンバシャーモいないためバンギラキヤドラン以外の選出をされない。

メガなし選出はいない。

選出回数
     ラスチャレ1次 2次 3次 本戦 全体
バシャーモ4/9 2/5 3/4 5/6 14/24
ラティアス2/9 1/5 1/4 1/6 5/24
ボルトロス6/9 2/5 2/4 3/6 13/24
ゲンガー 6/9 3/5 3/4 2/6 14/24
ポリゴン2 5/9 4/5 2/4 4/6 15/24
スイクン 4/9 3/5 1/4 3/6 11/24
思った以上にボーマンダマリルリクレセリアにあたる回数が多くラティアスよりボルトロスポリゴン2を出す機会が増えてしまった。それでも対戦を振り返ってみると出せていればもっと楽に勝てた試合がかなりあったのでもう少し、選出をしっかりと考えるべきだった。



ここまで読んで頂きありがとうございました。

匿名匿名 2015/04/08 14:44 ポリゴン2の特性は何でしょうか?

A0A0A0A0 2015/05/25 23:31 >匿名さん
ダウンロードですね、加筆しておきます。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/A0A0/20150331/1427811664