Hatena::ブログ(Diary)

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

2015-11-22

What does the 7-series matter for the price of fish?

10月29日に販売が開始されたばかりのnew 7BMWのうち,一番の廉価版の3リッター直列6気筒エンジン搭載の740iに試乗しました(といってもお値段は1217万円↑)。

ハンドリングに若干の違和感を覚えましたが,そのほかのバッテンはなし。乗り心地はまるでカーペット,いやシルクの上をすべるとでも言いましょうか。試乗後,自分のF10に戻ったとき,「値段の差」を思い知らされました。

     f:id:A30:20151122200730p:image

     f:id:A30:20151122200808p:image

     f:id:A30:20151122200836p:image

ちなみにTop Gearは以下のようにまとめています。ここのthe pirce of fishとはなんでしょうか。Koyamamotoくん,どうぞ。(UG)

So what does the 7-series matter for the price of fish?

Call it trickle-down. For the foreseeable future, every longitudinal-engined BMW will get a derivative of this structure (though most of them without the carbonfibre), these powertrains, this chassis, these electronics. And it bodes well. If the next-gen 3, 4, 5, and 6 inherit these genes of lightness, handling, comfort and refinement, we say bring ’em on. As long as the new steering gets a work-over, anyway.

http://www.topgear.com/car-reviews/bmw/7-series/730d-4dr-auto/first-drive

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証