Hatena::ブログ(Diary)

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

2015-12-31

Two seconds.

言語感覚を磨くためにUG先生からサジェストされた「折々のことば」(「朝日新聞」)を愛読しています。ただ29日付けの「Two seconds.」は,どこか腑に落ちない感じがいたしました。

    f:id:A30:20151231191225p:image

鷲田先生のポイントはmomentでもminuteでもなく,secondですよね。Two seconds.と表現することに「こまやかな心遣いが短いことばにこもっている」とのことですが、second(フレーズの中ではseconds)は厳密に「秒」を指しているわけでなく,あくまでfigure of speechで, moment, minuteとほぼ同義というのはUG先生から学んだことです。

Oxford Dictionaries. comは、"Definition of just as minute or moment, or second, etc. in English"とminute,moment,secondとまとめ,同一に扱っているところからもこれは明らかで,定義を見ても,"Used to ask someone to wait or pause for a short time"と,単に特定しない短い時間を述べているにすぎないのです。

http://www.oxforddictionaries.com/definition/english/just-a-minute-or-moment-or-second-etc.

なお,音声の発話速度を見てもOne moment, please. Just a minute.(これにはなぜpleaseが付いていないの?)と比べても,Two seconds.の方が短いわけではありません。

コラムを読んで,畏れながらこのように感じました。(Inaho)

トマストマス 2016/01/02 23:07 わたしも「こまやかな心遣いが短いことばにこもっている」か否かは疑問です。イギリスではよく使われる表現ですよね。もっと短く"two sec"という感じでも言いまして、別に若者以外も使う表現です。改まった場面では使えないけど、ビジネスのミーティングでも聞かれます(もちろんビジネスのミーティングの種類にもよるけれど)。