Hatena::ブログ(Diary)

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

2016-01-15

joey 復習

カンガルーの親子の写真が掲載されていますが、この写真は少し考えさせられるようなものになっています。

Heartbreaking pictures show mother kangaroo reaching for joey one last time before dying in male companion's arms

A mother kangaroo has been captured reaching out to cuddle her joey one last time before she died.

The photographer, Evan Switzer, captured the moment on a bushland property in River Heads, Queensland, Australia.

He noticed what was going on while he was on a walk on the property on Monday morning.

The mother was dying under the shade of a mango tree, and being supported by a male companion as she reached out for her joey.

ここで取り上げるのは、複数回登場している“joey”です。これは「≪豪略式≫カンガルー[動物]の子」(『ジーニアス英和辞典第四版』大修館書店)、“young kangaroo”(“Cambridge Dictionaries Online”)という意味がある単語です。動物の子どもではなく、カンガルーの子どもを表す単語であることが分かります。

他に特定の動物の子どもを表す単語を挙げるとすれば、“kitten”(子ネコ)、“puppy”(子犬)、“lamb”(子羊)、“piglet”(子ブタ)、“calf”(子牛)などがあります。ただ“baby”を使うのではなく、こういった単語を覚えていきたいと思いました。(Green)

http://www.telegraph.co.uk/news/earth/wildlife/12096696/Heartbreaking-pictures-show-mother-kangaroo-reaching-for-joey-one-last-time-before-dying-in-male-companions-arms.html

過去に先輩が書かれていました。

http://d.hatena.ne.jp/A30/20100721/1279707300

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証