Hatena::ブログ(Diary)

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

2016-01-16

ember

エボラ出血熱の終息が全ての国で発表された直後、シエラレオネで死者が確認されました。

Day After a Victory Over Ebola, Sierra Leone Reports a Death

At least 10 flare-ups have been reported in the past nine months in the three countries that were hardest hit by the outbreak: Guinea, Liberia and Sierra Leone. “The new flares, they’re the embers basically of this crisis,” said Dr. Bruce Aylward, the health organization’s representative for the Ebola response.

http://www.nytimes.com/2016/01/16/world/africa/ebola-sierra-leone.html?_r=0

“ember”には、「(感情・思い出・出来事などの)名残、余韻」という意味があります。『Wisdom英和辞典』(三省堂)この単語は第一義に「(薪・石炭などの)燃えさし、残り火」という意味を持っています。第一義の意味を比喩的に用いながら記事の中では、全ての国でエボラ出血熱の終息が発表された直後の死者の確認を受けて、安堵したのもつかの間、「完全な終息を妨げる火種のようなものが残っている」というような意味で用いられていると考えました。

他にも、“the embers of old love”で「過ぎし日の恋の名残」と表現する際に用いられるなど、万能な単語である印象を受けました。「goo辞書」(Starlight)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証