Hatena::ブログ(Diary)

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

2016-02-21

Super Tuesday 復習

 米大統領選挙に関する記事です。米共和党ドナルド・トランプ氏が,サウスキャロライナ州で勝利しました。一方でクリントン氏はネバタ州で勝利を収めております。記事の中で気になった表現は"Super Tuesday"です。『Wisdom英和辞典第三版』(三省堂)には「スーパーチューズデー⦅米国大統領選の年に多くの州で予備選が行われる日⦆」と書かれております。常識なのかもしれませんが,私は知らなかったので勉強になりました。このような表現がわからないと文章を読んでいても何のことかわからないと思います。(Ume)

US election 2016: Trump wins South Carolina, as Clinton takes Nevada

Donald Trump has won the South Carolina primary in the Republican race for president, cementing his status as the man to beat for his party's nomination.

In the Democratic contest, Hillary Clinton beat Vermont Senator Bernie Sanders in a tight race in Nevada.

Both results will be key ahead of the "Super Tuesday" round on 1 March, when a dozen more states make their choice.

The Trump victory claimed a major scalp when former Florida Governor Jeb Bush dropped out of the race.

He finished a distant fourth, days after his brother, former President George W Bush, made a rare political appearance to boost his flagging campaign.

http://www.bbc.com/news/election-us-2016-35624026

サスケハナ通信

先日、バレンタインデーにホストファザーとホストマザーのお父様からチョコレートをいただきました。

こちらのバレンタインは日本とは逆で、男性から女性に渡すそうです。

また、別日に現地の友達に、アメリカ版"きのこの山"をプレゼントされました。商品名は"chocorooms"です。

chocolateとmushroomを合わせているようです。

中身は日本のものと変わりませんでした。

     f:id:A30:20160221105522p:image

カラフルな食べ物がアメリカには多いような気がします。

学校の食堂にレインボーケーキがあったので、興味本意で食べてみましたが、あまり味はしませんでした。

他にも、7色のコーンフレークを試してみましたが、これもまた具体的な味がしなかったので、見た目を楽しみました。

写真はレインボーケーキです。

(Asker)

harbinger #3


日本三名園の1つである水戸市偕楽園では、今月20日から恒例の「梅まつり」が始まりました。

Messengers of early spring

Plum trees bloom at Kairakuen, regarded as one of the nation’s three finest gardens, on the first day of a plum festival in Mito on Saturday. Visitors saw about 3,000 trees that were halfway to full bloom — harbingers of an early spring. According to the park’s information center, many of the flowers will be at full bloom from late this month to early March, though the festival continues until the end of March.

http://the-japan-news.com/news/article/0002761889

今回取り上げるのは、“harbinger”という表現です。発音記号は/hάɚbɪndʒɚ/となります。この単語をLDOCEで調べてみると、“literary or formal a sign that something is going to happen soon”と定義されていました。また『ジーニアス英和辞典』(大修館書店)でも確認してみると、「⦅文⦆〔変化の〕先触れ、前兆」といった意味が記載されていました。したがって記事では、梅の開花が「早春の訪れの兆し」であると伝えています。(ninetails)

http://d.hatena.ne.jp/A30/touch/20100904/1283599319

http://d.hatena.ne.jp/A30/touch/20130822/1377122502

arcane

イタリアの作家・哲学者で,世界的ベストセラーとなった小説「薔薇の名前」などの著書として知られるウンベルト・エーコさんが19日の夜に亡くなりました。

Umberto Eco, an Italian scholar in the arcane field of semiotics who became the author of best-selling novels, notably the blockbuster medieval mystery “The Name of the Rose,” died on Friday in Italy. He was 84.

http://www.nytimes.com/2016/02/20/arts/international/umberto-eco-italian-semiotician-and-best-selling-author-dies-at-84.html

今回取り上げる表現は,“arcane”です。発音記号は,/ɑːrkéin/です。まず,意味を確認してみると,Merriam-Webster onlineには,“secret or mysterious : known or understood by only a few people”と記載されていました。さらに,『ジーニアス英和辞典』(大修館書店)には,「秘密の,深遠な,わかりにくい」とありました。語源は,ラテン語の“arcanus”から来ています。ここでは,“the arcane field of semiotics”で,「あまり人々に知られていない記号論の分野」といった解釈になるのではないでしょうか。

ご冥福をお祈りいたします。(Nao)

woe betide A 復習

名探偵ポワロ」の「コーンワルの毒殺事件」というエピソードより表現を拾います。コーンワルの街を馬車で移動中の,ポワロヘイスティングスの会話からです。

Poirot: In a town like this, Hastings, woe betide any husband who buys a tin of weed-killer.

Hastings: Probably only one place to buy something like that.

Poirot: But then if his wife suffers from gastritis and it is inclined to be imaginative, the fat is in the flames, I think.

今回は,woe betide Aを取り上げます。『クラウン英語イディオム辞典』(三省堂)には,woe betide you [etc.] ifで「⦅口⦆…なら困ったことになる」(“(formal or humorous) a phrase that is used to warn sb that there will be trouble for them if they do sth or do not do sth-- OALD8)とありました。手持ちの英和辞典英英辞典,全て確認しましたが,ifまで書かれていたのは同イディオム辞典のみでした。The Phrase Finderは,この表現を「古めかしい表現」とし,「中世の英語の表現のようだ」としています。このサイトによりますと,その時にGoogle検索でこの表現を掛けたら60,000件以上ヒットしたということです。因みに,私もGoogle検索を掛けましたが,30,000件以上ヒットしました。この場合のbetideはtimeと置き換えが可能でこの場合にあてはめると,「罰が当たる」ということになります。初出は,ウィリアム・ラングランド夢物語,Piers Plowman, 1393ということです。

因みに,吹き替えでは,「こういう小さな街では,夫が除草剤を買うだけで注目されますよ」としていました。おそらく翻訳者は,OALD8の定義の中のtroubleを「面倒」という解釈で,「面倒」=「街中の(悪い)噂になること」という訳にしたと考えます。

話しは変わりますが,先程のwoe betide A ifの用例が見つかりました。3月で紙版を廃止すると発表したThe Independent(電子版,2016年2月1日付)のVoiceからお届けします。交通事故以来,機械に頼りきりになってしまったことを妻が描写している形を取っています。

In Sickness & in Health: Every man needs his Excalibur

Last year, Rebecca’s husband Nick was hit by a car and seriously injured. Here, in one of a series of columns, she writes about the aftermath of his accident

Nick has always been crazy about gadgets. But for months after his accident, he was surrounded by technology of a different kind. Blood-pressure monitors, oxygen monitors, a machine that pumped beige liquid “food” into a valve in his stomach...

I gradually reintroduced a few gadgets to his life once he was out of intensive care. A radio and an iPod came first. Once Nick had regained consciousness, I bought him a digital watch. And now, in his room at the care home, he’s tooled up with lots of his old tech. Laptop, iPad, Kindle, mobile phone... none of which he uses. But woe betide if I unplug the computer or move the iPad. He might not be able to use them, but dammit, he wants them. They are part of who he is, and who he was, the tech PR, the gamer and the collector.

http://www.independent.co.uk/voices/in-sickness-in-health-every-man-needs-his-excalibur-a6845331.html

この生活が崩壊する時があるとすれば,災害が発生した時だと考えます。災害時は,あらゆるインフラ麻痺し,「機械に依存することが普通(「当たり前」と言った方がよいでしょうか)」になってしまっている今,それなしの生活をすることは不可能に近いからです。(Kawada)

http://www.phrases.org.uk/meanings/woe-betide-you.html

P.S.

過去に先輩が取り上げておられました。

http://d.hatena.ne.jp/A30/20110112/1294836663