Hatena::ブログ(Diary)

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

2016-02-24

gunk

日本人28人を含む185人が亡くなったニュージーランド地震から22日で5年です。現地では式典が開かれ、出席者らが犠牲者を悼みました。式典が終わると、ブラウンリー地震復興担当相に近寄り頭に茶色い液体のようなものをかけた男性がいました。

NZ quake brown gunk protester pleads guilty to assault

The man who threw a sticky brown substance over New Zealand's earthquake recovery minister on Monday has pleaded guilty to assault.

Minister Gerry Brownlee was targeted at the end of a memorial service to mark the 2011 quake in Christchurch.

http://www.bbc.com/news/world-asia-pacific-35638087

今回取り上げる表現は,“gunk”です。意味を確認してみると,『ジーニアス英和辞典』(大修館書店)には,「(不快な)ねばねばしたもの」と記載されていました。「ねばねばした」というと“sticky”がありますが,どのような違いがあるのか。Longman Dictionary of Contemporary English (online)を見て比較してみました。“gunk”には,“any substance that is dirty, sticky, or unpleasant”,“sticky”は,“made of or covered with a substance that sticks to surfaces”とありました。“gunk”の方がネガティブな意味で用いられるようですね。(Nao)