Hatena::ブログ(Diary)

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

2016-03-02

サスケハナ通信

週末にホストファミリーと一緒にフィラデルフィアに行って参りました。

市街はサスクェハナ周辺よりも、住宅や高い建物が多かったです。

雷が電気現象である事を証明した、ベンジャミン・フランクリンを記念として建てられた科学博物館に行きました。

館内に巨大なフランクリンの像がありました。時間になると、フランクリンについてのイベントを開催しているようです。

   f:id:A30:20160302091935p:image

中には、プラネタリウム、脳や心臓の仕組み、引力、飛行機や電車についてなど様々な展示がありました。

体験型の物が多く、少し難しい内容でも楽しく学ぶ事が出来ました。そのため、小さなお子さん多かったです。

フィラデルフィアまで行くのに、車で約3時間程でしたが、その間、サービスエリアがない事に気付きました。

途中にあった、ガソリンスタンドに併設されたトイレと食品が売っているお店がその代りのようでしたが、日本の物より駐車スペースが少なめです。

前回のニューヨークワシントンへ行った時もサービスエリアが無く、途中休憩をあまり挟まなかった事を思い出しました。

写真は博物館の入り口です。期間限定で、古代エジプトについての展示を催していました。(Asker)