Hatena::ブログ(Diary)

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

2016-03-09

iron-clad

ヨーロッパ連合トルコの首脳会議が7日に行われ、トルコから違法にギリシャに渡る難民は、全てトルコに強制送還することなどで大筋合意しました。内容を詳しく検討し、来週開くEU首脳会議で合意を目指す方針を明らかにしました

BRUSSELS — European Union leaders hoped early Tuesday they reached the outlines for a possible deal with Ankara to return thousands of migrants to Turkey and said they were confident a full agreement could be reached at a summit next week.

All eyes centered now on March 17 and the start of a two-day summit to finalize the commitment and clinch an iron-clad deal which the leaders hope would allow for a return to normalcy at their borders by the end of the year.

http://www.japantoday.com/category/world/view/turkey-demands-more-money-to-help-eu-tackle-migrant-crisis

今回取り上げる表現は,“iron-clad”です。まず,“iron-clad”を見ていくと,Merriam-Websterには,“not able to be changed”と記載されていました。さらに,『ジーニアス英和辞典』(大修館書店)を確認すると,「変更できない,一分のすきもない」や「〈保証・計画などが〉確実な,安全な」とありました。ここでは,“clinch an iron-clad deal”と用いられることで,「合意に達する」といった意味になるのではないでしょうか。

また,この表現を用いた例文で “an iron-clad alibi”「完全なアリバイ」と載っていました。(Nao)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証