Hatena::ブログ(Diary)

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

2016-03-21

戻ってきました

関西から戻ってきました。とってもお疲れモードです。

学会は、あの日本一のビル あべのハルカスでした。

   f:id:A30:20160321182939p:image

教室は23Fにある四天王寺大学サテライトキャンパス。ほかに大阪大谷大、阪南大などが同居。当然、景色は抜群。でも、あまりにも高すぎてわたしは落ち着きませんでした。

   f:id:A30:20160321182940p:image

通天閣が小さく見えます。

   f:id:A30:20160321182941p:image

最初は英語教育史への入門講座で、佐藤 惠一先生が「外地での英語教育満洲を中心に―」と題して、ご自身がライフワークとしておられるアジア地域在留邦人に行われていた英語教育実態の一部を活写されました。

   f:id:A30:20160321184247p:image

2つ目は江利川春雄会長による「戦後英語教育政策史へのアプローチ」という発表。英語教育の歴史を語る上で、今後、政策史という観点も加えるべきであるとの提案でした。

   f:id:A30:20160321184327p:image

発表は江利川会長がこのほど上梓された以下の新刊に基づいたものでした。みなさまにもオススメします。

   

   f:id:A30:20160321190214p:image

以上、ご報告まで。

PS ハルカスの高層階にあるホテルはとれず(連休?外国人観光客?)、しかたなく梅田にある米国系の某ホテルに泊まりました。しかし予想通り、生活音やほかの宿泊客の「叫び」(?)がけたたましく、やっぱりバブル前の物件はオススメできません。今回は仕方なかった...。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証