Hatena::ブログ(Diary)

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

2016-03-22

ride on O’s coattails #2

セリーナ・ウィリアムズ選手が、大会ディレクターの女子テニスに対する問題発言に抗議しました。

Serena Williams: Dismisses idea women riding on men's 'coattails'

Tennis is having a hard time staying out of the news these days. For all the wrong reasons.

First a match fixing scandal engulfed the Australian Open. Then Maria Sharapova admitted to failing a drug test.

Now Raymond Moore, tournament director of likely the most prestigious event outside the four grand slams, is in hot water for derogatory comments he made about women's tennis.

Serena Williams, arguably the greatest women's tennis player of all time, reacted swiftly to Moore's belief that the WTA rode on the "coattails" of men's tennis.

http://edition.cnn.com/2016/03/21/tennis/indian-wells-tennis-raymond-moore/index.html

今回取り上げるのは、“ride on O’s coattails”という表現です。“coattail”と聞くと「(燕尾服などの)上着のすそ」という意味を連想します。しかし、『ジーニアス英和辞典G4』(大修館書店)で調べてみると、上記の他にも「(弱い候補者をも同時に当選させる)力、人望」を表すと分かりました。

このことを踏まえて、今回の表現をLDOCEで確認すると、“if you achieve something on someone's coattails, you achieve it because of the other person's power or success”と定義されており、「〈人の〉おかげでうまくいく、つけいる」などを表します。この記事の中では、「(女子テニスは)男子テニスの人気にあやかっている、乗じている」として用いられています。(ninetails)

http://d.hatena.ne.jp/A30/touch/20110727/1311772500

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証