Hatena::ブログ(Diary)

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

2017-01-11

take dead aim at

アメリカにおける映画とテレビドラマに贈られるゴールデングローブ賞の授賞式で、女優のメリル・ストリープさんがトランプ氏を批判しました。

Meryl Streep Takes on Donald Trump at Golden Globes

Meryl Streep took dead aim at the controversial rhetoric and behavior of President-elect Donald Trump in her Cecil B. DeMille Award speech at the 74th annual Golden Globes — without ever mentioning him by name.

It wasn't long before she drew a rebuke from the incoming Commander-in-Chief.

http://www.cnbc.com/2017/01/08/meryl-streep-takes-on-donald-trump-at-golden-globes.html

今回取り上げるのはtake dead aim atです。

まず“take aim at”を『ジーニアス英和辞典』(第五版、大修館書店)調べると「…を強く非難する、注目する」となることがわかりました。

また、ここでのdeadは副詞として「1.絶対に、完全に 2.まさに、正確に 3.非常に、極めて」の意味で使われ、“take dead aim at”で「(名前を出さないものの)明らかに(トランプ氏)を非難する」となるかと思います。

以下のサイトによれば、このフレーズはゴルフに関する言葉で、「狙いに完璧に集中しなさい」といった意味でハーヴェイ・ペニック氏が発言したそうです。

http://www.inhisgripgolf.com/apps/articles/default.asp?articleid=latest&columnid=6146

この批判に対し、トランプ氏は「私のことも知らないのに」とツイッター上で反論したようです。(flyingbird)