Hatena::ブログ(Diary)

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

2017-09-08

ランカスター通信

UG先生

ご無沙汰しております。徳島県の高校教師 Springです。

この月曜日からイギリスランカスター大学での生活を始めました。この先、1ヶ月は英語力向上とアカデミックライティング知識向上を中心に学び、10月からの本コースに備えます。4月以降、先生のご助言のおかげで自分なりに少しずつ学んできたおかげでスムーズに生活に入れております。

将来は、Task-based language teachingの研究をベースにspeakingとpronunciationの分野に焦点を当てて研究したいと思っております。以前に徳島で2回、先生に教わった英語の「音」ということにずっと興味を持っており、担当の先生と相談しながら、そこに焦点を置き研究していければと思っています。

現在のランカスター大学のLinguisticsのチームは、非常に優秀な先生に恵まれており、環境はイギリス国内でも素晴らしいようです。しっかりとテーマを見つけて、取り組んでまいります。早速明日から、TESOLのメンバーでミーティングです。

イギリスにはアメリカ口語教本を持参しており、自己トレーニングも継続していきます。4月以降、なかなか東京に行く機会と余裕がなく、結局先生の研究室にお伺いできぬまま、渡英してしまい申し訳ありませんでした。

修論提出後に海外雑誌にpublicationできるくらいの研究ができるよう、壮大な夢を持って、研究に励んできます。先生に何か目で見える形で、成長をご報告できるように頑張ります。

11年前に先生に出会わなければ、この留学はなかったと思っています。勝手に先生に憧れ、ここまでやってきました。先生によいご報告ができるように努力します。

帰国後は、是非お話させていただければ光栄です。

ご多忙な毎日であるとは思いますが、ご自愛ください。(Spring)