Hatena::ブログ(Diary)

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

2017-11-17

dress down 復習

 相撲界のみならず、日本中に衝撃が走りました。

Japan grapples with sumo scandal as ‘veiled underbelly’ of sacred sport exposed

According to police, a fight broke out in a bar in Tottori where five Mongolian wrestlers were drinking in late October. It has been claimed that Harumafuji flew into a rage when Takanoiwa tried to answer his mobile phone while he was receiving a dressing down from his superior.

Harumafuji allegedly smashed a beer bottle over Takanoiwa's head and continued to punch him for between 20 and 30 times while he lay bleeding on a table before other wrestlers could intervene.

http://www.telegraph.co.uk/news/2017/11/16/japan-grapples-sumo-scandal-veiled-underbelly-sacred-sport-exposed/

 dress downという表現に注目しました。なにか服に関する表現かなと予測しましたが、ここでは違う意味で用いられております。『ジーニアス英和辞典』(第五版,大修館)で調べたところ、「控えめな服装をする」という意味の他に、「をしかりつける,どなる;…を(むち・棒で)打ちすえる」と載っておりました。Oxford Dictionary of English (2th)にも、 “to criticize or be angry with sb because they have done sth wrong”と書かれております。

 dressと聞くと「服を着る」などの意味が先行しがちかと思いますが、「耕す」や「(調理)下ごしらえをする」などもあります。あわせて覚えようと思います。(Gomez

PS なお、これは先生が研究社から出された本のなかで取り上げられていました。