Hatena::ブログ(Diary)

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

2018-02-22

bilious 復習

 The political world has known the power of repetition since Cato the Elder reputedly ended every speech in the Roman Senate with the words: “Delenda est Carthago” or “Carthage must be destroyed.” Stanley Kubrick brought this rhetorical principle to life when he had rebellious Roman gladiators each rise to declare: “I am Spartacus.” …

 Given the leak-proof nature of the Mueller investigation, there is as yet no way to know whether the special counsel has uncovered convincing evidence of collusion between the Trump campaign and Putin’s puppets. And it remains likely that most Trump insiders and the troll farmers in Moscow never expected the bilious billionaire to actually become president. (Skip the rest)

https://www.google.co.jp/amp/s/amp.theguardian.com/commentisfree/2018/feb/20/donald-trump-trump-soft-russia-mueller

 今回取り上げる語は、bilious / bíljəs / です。“the bilious billionaire” は「トランプ大統領」を指していると前後の文脈から判断できます。トランプ大統領世間のイメージはマイナスであることが多いので、ここで使われている “bilious” もマイナスの意味を持つのではないかという推測ができます。では、実際にはどういう意味で使われているのでしょうか。

 辞書を確認していきます。Collins Dictionary をみると、“Bilious is sometimes used to describe the feelings or behaviour of someone who is extremely angry or bad-tempered.” とあり、Cambridge Dictionary には “If someone is bilious, they are always in a bad mood” と定義されていました。

 以上の語義は今回の記事に合うものに限定しましたが、OED に “Affected by or associated with nausea or vomiting.” ともあり、医学的には “a bilious attack” 「突然の嘔吐」と使えることがわかります。

 次に語源を確認します。OED をみると、“Mid 16th century (in the sense ‘biliary’): from Latin biliosus, from bilis ‘bile’.” とありました。

 以上のことから “the bilious billionaire” はマイナスの意味を持ち、「キレやすい億万長者」と訳をつけることができると言えます。トランプ大統領と関連づけて、“bilious” を押さえておこうと思います。(OkaUchi)