Hatena::ブログ(Diary)

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

2018-06-12

shebang 復習

ラファエル・ナダル選手が、前人未到全仏オープン11回目の優勝を果たしました。

前略

Against many other opponents — maybe ANY other — Thiem would have made things interesting. He pounded huge serves that topped 220 kph — about 40 kph better than Nadal’s fastest — and translated into seven aces but also had five double-faults.

He took the biggest of big cuts on groundstrokes, his feet leaving the ground as he threw his whole body into them, as if the very outcome — not of any individual point, but the whole shebang — depended on the strength of that one whip of his white racket. That led to 34 winners (eight more than Nadal) but also 42 unforced errors (18 more than Nadal).

以下省略

http://the-japan-news.com/news/article/0004503547

気になった単語はshebang /ʃəˈbæŋ/ です。

文脈から、「全体で見ると」といった意味になると推測しました。

ジーニアス英和辞典』(第五版、大修館書店)では「出来事、事件」とありました。また、LDOCEでは “the whole shebang” の形で載っており “the whole thing” と説明がありました。

英辞郎on the webで調べてみると、上記にある意味で使われたのは、1869年にMark Twainが編集者へ宛てた手紙の中での「shebang=家」という連想からであることが分かりました。

ナダル選手は、クレーキングの名に違わぬ圧巻のプレーで優勝を手にしました。この11回目の優勝というのは凄まじい記録で、今後塗り替えられることが考えづらいと感じるほどです。また、表彰式でトロフィーを手にして涙を浮かべる同選手の姿から、物事に挑み続ける心が大切だと教わった気がします。(seventh-dan)

the whole shebang - 田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から