Hatena::ブログ(Diary)

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

2018-06-13

First-come, first-served 復習

上野動物園で誕生したジャイアントパンダシャンシャンが1歳になりました。(rainさんと記事がかぶりました)

The zoo introduced a first-come, first-served system for viewing Xiang Xiang on June 5 to allow more people to see the beloved animal. Still, visitors have to wait in line for a maximum of two and a half hours to see her.

(以下省略)

http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201806110044.html

今回はfirst-come, first-servedです。この表現はUG先生の授業で取り上げられていた表現なので紹介します。

まずOxford English Dictionaryでは “Used to indicate that people will be dealt with strictly in the order in which they arrive or apply.” と定義されていました。

つまり「先着順」といった意味になると思います。

確認のため『ジーニアス英和辞典』第4版(大修館)で調べたところ「先着順;順番に並ぶこと(line up);(ことわざ)早いが勝ち」という意味です。また「えこひいきなし」の意味も含まれています。

なのでこの英語表現から、シャンシャンを観覧できるのは先着順であることがわかりました。

(amphibian)