Hatena::ブログ(Diary)

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

2018-07-29

war-torn 復習


 1月31日に続き、今年で二度目の皆既月食が観測されました。

World gazes at total lunar eclipse, longest of this century

Curiosity and awe have greeted a complete lunar eclipse, the longest one of this century and visible in much of the world.

The so-called “blood moon,” when it turns a deep red, was visible at different times in Australia, Africa, Asia, Europe and South America when the sun, Earth and moon lined up perfectly, casting Earth’s shadow on the moon.

The total eclipse lasted 1 hour and 43 minutes, with the entire event lasting closer to four hours.

中略

Across Africa people turned to the sky, watching the reddish shadow slide up the moon’s surface. In Somalia, some hurried to mosques for special prayers. In South Sudan, some dared to take photos in a war-torn country where using a camera in public is discouraged.

以下省略

http://the-japan-news.com/news/article/0004619413

 war-torn を取り上げます。文脈から、戦争の多い様子を表していると予想しました。手持ちの紙辞書には記載がありませんでしたが、電子辞書の『ジーニアス英和辞典』(第4版 大修館書店)で引くと「(限定)戦争(内戦)で荒れた、戦争で疲弊した」とありました。

 LDOCEには “a war-torn country, city etc is being destroyed by war” と定義されています。戦争が原因で、国や都市が荒れている様子が伺えます。

 台風の影響で、関東は残念ながら観測が難しかったとのことで、次の機会には運良く見ることができるといいなと思います。(aqua

war-torn 復習 - 田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から