Hatena::ブログ(Diary)

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

2018-11-23

turn ~ on one’s ear

 メジャーリーグ大谷翔平選手が日本記者クラブで凱旋会見を行いました。

Shohei Ohtani reflects on successful first year in Major League Baseball

A little over a year ago, Nov. 11, 2017, to be exact, Shohei Ohtani strode into a room full of journalists at the Japan National Press Club and told the world he was ready to head to MLB and hoped to one day become the best baseball player in the world.

中略

Ohtani turned baseball convention on its ear in 2018 as he embarked on a quest to be the first successful two-way player in the majors since the days of Babe Ruth.

以下省略

https://www.japantimes.co.jp/sports/2018/11/22/baseball/mlb/shohei-ohtani-reflects-successful-first-year-major-league-baseball/#.W_bCMoFcWaM

 気になったのはturn on one's earという表現です。ベーブ・ルース以来の二刀流での活躍について触れられている段落なので、ポジティブな意味で使われていることは確かだと思います。

 英辞郎 on the WEBを確認したところ、turn ~ on one’s earで「〜を覆す、〜を一新する」とありました。また、インターネットのThe Free Dictionaryではturn (something) on its earで“To innovate or alter something, such as a field or activity, in an unexpected or unprecedented way.”と定義されています。よって、記事では大谷選手の二刀流での活躍が野球界の常識を覆すものであったということを表現しているのだと思います。

 ちなみに、『ウィズダム英和辞典』には似た形の表現でset A on one’s ear「〈人・業績などが〉A〈人々・組織・場所など〉の注意[興味]を一心に集める」が載っていました。こちらも合わせて覚えておきたいと思います。(Blue Sky)