Hatena::ブログ(Diary)

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

ブログの情報

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

英語学習者たちの奮闘記

  • ユーザー登録から本日までに日記をつけた日数:3115
  • プラチナはてなダイアリー市民
  • PLUSはてなダイアリープラス 利用中

ブログの詳細説明

【田邉祐司ゼミブログ「常時英心:言葉の森より」開設にあたって】

 過去にHPを作成したものの,その管理に嫌気がさし,ものの1ヶ月で挫折しました。しかしながら,ゼミ生のたっての希望もあり,この度,再挑戦することと相成りました(とは申しても,今回もいつまで続くかわかりませんが...)。とまれ,このブログでは英語や言葉にまつわるエッセイ,研究室でのあれこれ,そしてゼミ生や卒業生の近況など,徒然なるままに綴っていきたいと思います。

と,ここまでが解説時の緒言ですが,現在は学内ではいろいろなお仕事の波にもまれ,学外では二足どころか四足も五足も仕事をこなすようになり,このところ表現をアップするのはもっぱらゼミ生にまかせております。仕方のない年回りとなりました。

【カテゴリー解説】

 学びの道標:先生から学ぶ人へのメッセージ

 英語表現エッセイ:先生による深みのある英語表現エッセイ

 ゼミ百景:ゼミの様子を徒然に紹介

 翼のあることば:先生からこころに響くことばを紹介

 英語の落ち穂拾い:新聞や雑誌などから目にとまった英語表現を解説付きで紹介

 ゼミの住人/元住人:ゼミ生やOB,OGの近況を紹介

【タイトル「常時英心」について】

 英語教師になってからのことです。簡単な単語が急には出なかったり,文法があやふやになった時期がありました。教科書や入試問題には対応できるのにそれから外れると,「あれっ?」となる。そんな経験です。

 思えば,英語をはじめた頃には「これは英語で何というのかな?」という素朴な疑問を大切にしていました。「洗濯物」,「さぼる」といった身の回りの言葉を英語で知ることは大きな喜びでした。  

 英語のアンテナを張りつめ,言葉を取り込もうとする進取の姿勢を「常時英心」と呼びます。ところが変な話,英語教師になってからこの心が萎えてしまったのです。こうした言葉への「知的好奇心」は英語学習の原点であるはずです。それを忙しさにかまけて忘れていたのです。

 思い上がった自分に喝を入れるべく,まずは校内で飛び交う言葉から再入門をはかりました。「出勤簿に印鑑を押す」,「雑用が多い」は?「落としどころ」は?遭遇する疑問はそのままにせずに自分で究明します。そのためにはメモ帳,カードと英和・和英辞書は必携アイテム。もちろん記録するだけでは元の黙阿弥。仕入れたものを実際に使用する機会を作るのも常時英心。スポーツでは基本を学ぶと,練習,対外,公式などの試合を通して学んだものを高めます。英語学習も同じ。

 試合が少ない?そんなことはありません。授業中での英語使用はもとより,ブツブツと独り言をいってみる。同僚とのメールを英文にし,公文書も英訳してみる。ALTと積極的に絡む。職員会議などを頭の中で通訳する。和英辞書の見出しを変換してみる。資格試験に挑戦する。専門誌の英文・和文英訳欄へ投稿する。そして,洋書や英字新聞などを読むことすら大切な試合なのです。

 外国語の習得には「ここまでやったから,はい,終わり!」はありません。言葉への高い意識を常に持ち,inputとoutputをくり返す。そのプロセスで「へっー,こう言うのか!」という発見の連続が,英語との距離を縮めてくれるのです。

 教師の常時英心は生徒へと伝わると信じています。英語教師になってからのこのような意識とその実践もまた,授業の正否にかかわっているのではないでしょうか。

(『ニュース専修』2003年7月号14面より)

http://www.senshu-u.ac.jp/koho/ns-web/article/0307/0307-14-03.html

プロフィール

A30

一行紹介

学生・院生と一緒に学んでいる大学人です。

自己紹介

文化人類学者になるはずだったのに,運命に弄ばれるかのように日本列島を西から東に移動しながら,公立高校,予備校,専修学校,短期大学,大学,そして大学院と一貫して「英語教育畑」を歩んできました。英語教育学,応用言語学(専門は英語音声指導・音声習得、日本における英語教育史)を生業にしています。


プロフィールをもっと見る