オタクの目 このページをアンテナに追加 RSSフィード

テクノラティプロフィール

2007-02-18

[]もう一つのエースの願い

 本当にこのところの「ウルトラマンメビウス」は、手加減という言葉を知らないようだ。今回も昭和の子供たちの涙腺に、容赦ない攻撃を加えてきた。

 劇場版の延長戦のように、これまで断続的にやってきたヤプール編だが、今週はついに最終局面。そこで当然のごとく登場したのはウルトラマンエース北斗星司、演じるのはもちろん、高峰圭二その人である。

 月面でピンチに陥ったGUYSの前に超獣が出現。現れた超獣はルナチクス。ここで昭和47年当時子供として「ウルトラマンエース」を見ていた我々の脳裏には、一本のビデオ映像が浮かび上がるのである。

 一方、ヤプールのために異次元世界に引き込まれ苦戦するウルトラマンメビウス。気力を失いそうになったメビウス=ヒビノ・ミライに、北斗は助言する。たとえ仲間と離ればなれになっていても、意志がつながっていれば十分力を発揮することはできると。そして自分(北斗)には南夕子という存在があったと。そこに浮かび上がる北斗と南の35年前の2ショットの写真。

 そして北斗は南夕子の意志を胸にエースに変身、月面のルナチクスを倒し、覚醒したメビウスも再び立ち上がり、ヤプールを撃破する。

 そしてエース・北斗メビウスにあの名言を残す。

 やさしさを失わないでくれ。

 弱いものをいたわり、互いに助け合い、

 どこの国の人たちとも

 友達になろうとする気持ちを、失わないでくれ。

 たとえその気持ちが、何百回裏切られようと。

 それが私の変わらぬ願いだ

 「エース」最終回で、地球の子供たちの前でエースが残した言葉だ。

 そして、その北斗の後ろに現れた白い影。

 「星司さん!」

 南夕子、颯爽と登場、35年ぶりの再会だ。

 その夕子の姿を前に、不覚にもグッときてしまった。老けたとか、そんなことはどうでもいい。まさに、子供の頃好きだった女の子に再会した気分だ。

 そして最後は、北斗と南の“ウルトラタッチ”。次回予告は目がぬれてよく見えなかった。

 感動編はここまでとして、先週に続きちらっと出てきたメフィラス星人はいかにしてメビウスに挑戦してくるのか。この先も目を離せない。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

Connection: close