Hatena::ブログ(Diary)

AKB48楽曲大賞2009

2009-12-26 推しメン部門発表!

 

 

推しメン部門結果発

 

 

まず30位から21までを矢継ぎ早に発表し、20位から1位までを発表していきたいと思います。そして最後に10点以上獲得したメンバー全員(71人)を一覧表にします。9点以下の子は発表しません。すみません。

次に、男性票と女性票のTOP30を、そして在宅ヲタと現場ヲタのTOP30を記したいと思います。なお、このサイトでは、在宅ヲタとは2009年1度もAKB48劇場に観覧をしたことがない人を指し、現場ヲタとは2009年21回以上劇場観覧している人のことを指します。

今年も面白い結果が出たと思います。

 

ちなみに、点数=投票人数ではない投票システムだったことは理解しておいてください。1人で同じメンバーに最大5点まで入れることができましたので。つまり、点数と投票人数が近い場合は、みんなの2推しタイプ。点数と投票人数に大きな差がある場合は、熱狂的に応援しているファンが多くついているタイプ。と考えてもらっても問題ないと思います。

 

 

※各コメントがキモイことは重々承知してます。気になさるようでしたら斜め読み推奨。

 

 

そして、こちらが楽曲大賞2008のときの推しメン部門の上位30人の結果になります。

 

 

AKB48楽曲大賞2008 推しメン部門 TOP30

順位名前点数 順位名前点数
1位前田敦子118 16位宮崎美穂36
1位大島優子118 17位宮澤佐江35
3位高橋みなみ114 17位大島麻衣35
4位柏木由紀86 17位峯岸みなみ35
5位渡辺麻友82 20位仁藤萌乃34
6位小野恵令奈80 21位佐藤由加理32
7位倉持明日香63 22位中西里菜28
8位北原里英55 23位佐藤亜美菜27
9位河西智美48 23位松原夏海27
10位篠田麻里子46 25位指原莉乃26
11位小嶋陽菜43 25位片山陽加26
12位戸島花41 27位多田愛佳25
12位増田有華41 28位小林香菜24
12位板野友美41 29位平嶋夏海23
15位秋元才加37 30位浦野一美22

2008では前田敦子大島優子が同点1位という劇的な結果となりました。また、2007とは違い、チームBの上位メンバーがTOP10に食い込んでくるなどの快進撃もありました。

今年はこのランキングのどんな変化がもたらされたのか、非常に気になるところです。

 

 

 

それではいきましょう!!

 

 

まずは駆け足で、30位から21位までを!

載せている写真がとにかく古いです。SKEは新しい。

みんな、今はより綺麗になっています。

 

 

 

30位

f:id:AKB48music2009:20100101185817j:image 

松原夏海 55点

2008:23位  2007:19位  選抜総選挙:30位

ダンス大好き。『エンドロール』では新たな可能性を見せてくれました。みんみんみん、なっつみん!

 

 

 

 

29位はいなくて、28位が2人います

 

 

 

 

 

28位 

f:id:AKB48music2009:20100101185844j:image

佐藤すみれ 63点

2008:―  2007:―  選抜総選挙:圏外

いつの間にかホリプロに所属。今後のAKB48を担っていく大器になるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

28位

f:id:AKB48music2009:20100101185908j:image

石田晴香 63点

2008:40位  2007:―  選抜総選挙:圏外

AKB48一のヲタクアニメ大好き。冨樫大好き。『幽白』の蔵馬にメロメロです。

 

 

 

 

 

 

27位

f:id:AKB48music2009:20100101185937j:image

平嶋夏海 64点

2008:29位  2007:17位  選抜総選挙:26位

1に努力、2に根性、3、4がなくて、5になっちゃん

 

 

 

 

 

 

26位

f:id:AKB48music2009:20091231113449j:image

松井珠理奈 70点

2008:―  2007:―  選抜総選挙:19位

SKE48のセンターを努める、とても12歳には見えない12歳。

 

 

 

 

 

 

25位

f:id:AKB48music2009:20100101190012j:image

多田愛佳 73点

2008:27位  2007:39位  選抜総選挙:20位

は〜い、時にはツンツン、時にはデレデレ、ツンデレ王国の女王様。握手会でのツンツンっぷりがたまらない。

 

 

 

 

 

 

24位

f:id:AKB48music2009:20100101190036j:image

仲川遥香 76点

2008:47位  2007:48位  選抜総選挙:圏外

過去から大躍進を見せたはるゴン。YJでは艶っぽいグラビアも披露

 

 

 

 

 

 

23位

f:id:AKB48music2009:20100101190054j:image

宮崎美穂 77点

2008:16位  2007:―  選抜総選挙:17位

まさかの20位以下となってしまった、生意気キャラのみゃお。多少ぷっくらしたのが原因か。でも女性はそれくらいでもいいような気も。

 

 

 

 

 

 

22位

f:id:AKB48music2009:20100101190109j:image

板野友美 81点

2008:12位  2007:12位  選抜総選挙:7位

総選挙では7位にランクインしたともちんが、まさかの22位。握手会ではおっさんはあまり並ばず、男子高校生の渋滞ができるヤングキラー。楽曲大賞に投票した若者が少なかったのでしょう・・・・・・。ケータイからじゃ投票しにくかったし。

 

 

 

 

 

21位・・・・・・・・はいません。20位が2人います!

それでは、ここから20位以上を発表していきます!

 

 

 

 

20位

f:id:AKB48music2009:20100101190129j:image

増田有華 90点

2008:12位  2007:19位  選抜総選挙:25位

 チームKの歌姫&たこ焼き娘。

『飛べないアゲハチョウ』をアンダーガールズとして歌うも、『RIVER』ではシアターガールズで『ひこうき雲』という苦渋を。人気も実力もあるのだが、なぜか事務所から推されない悲運の人。

K3rdでは、大島優子が『泣きながら微笑んで』を歌うことに恐怖を感じていたとき、歌直前の袖で優子の手を握りながら増田が歌い、それを聴いて優子がステージに上がっていたのは心温まるエピソード。

財団法人日本・ベトナム文化交流協会「JVCA文化交流親善大使」初代大使を務めている。

 

 

 

 

 

 

20位

f:id:AKB48music2009:20100101190153j:image

秋元才加 90点

2008:15位  2007:12位  選抜総選挙:12位

 チームKの大黒柱。強く気高く美しく!

パっと見は男気のある頼れるお姉さんだが、中身はかなりの女の子。でも頼れるお姉さん。とにかく真面目で、なんにでも必死に取り組む姿がまぶしい。ファッションセンスが微妙なのはお愛嬌w

今年の秋元はなんと言ってもAKB歌劇団。ミュージカルで見せた、ルカ様の圧倒的声量の歌とパフォーマンスに、改めて彼女を再評価した人も多かったのではないでしょうか? また、『逆上がり』公演では、ソロ曲『虫のバラード』を担当。ソウルフルな歌を魅せてくれた。

相変わらず女性からの人気が高く、総合だと20位に甘んじているが、女性のみのランキングだと5位まで上昇するという人気っぷり。

2010年は、新体制のチームKのリーダーとして、どんな活躍を見せてくれるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

19位

f:id:AKB48music2009:20100101190209j:image

宮澤佐江 97点

2008:17位  2007:7位  選抜総選挙:14位

 チームKのもうひとつの柱。キャッチフレーズはゲンキング

選抜総選挙では、自分が選抜に入ったことよりも、才加が選抜に入ったことのほうが嬉しくて泣いてしまうほど情に厚い女の子。でも、才加同様にファッションセンスは????w 今年発売したソロDVD『彼女』は、かなりの売り上げを見せたもよう。

AKB48歌劇団でも、ダブルキャストとして主役のルカを演じ、少年のような、彼女の持ち味を生かしたルカ様を見せてくれました。

彼女も女性からの人気が高く、女性のみのランキングだと7位まで浮上します。

 

 

 

 

 

 

18位

f:id:AKB48music2009:20100101190237j:image

峯岸みなみ 107点

2008:17位  2007:4位  選抜総選挙:16位

年中無休の反抗期な峯岸みなみが18位に。

ほぼほぼ、去年の順位や総選挙の結果に則しています。この位置で安定してしまうのか?

AKB48だけでなく、ノースリーブスの1人として、さまざまなイベントにも出演。また『キスの流星』の発売イベントでは、果敢にバク転に挑むも成功しなかったことに涙する姿が記憶に新しいです。

在宅ヲタのランキングでは、11位まで上昇します。

 

 

 

 

 

 

17位

f:id:AKB48music2009:20100101190255j:image

倉持明日香 110点

2008:7位  2007:48位  選抜総選挙:21位

もっちぃこと倉持明日香が17位に。

前回に比べ10ランクダウンですが、これはやはりあの写真が原因なのでしょうか? 私個人としては、倉持は1推しの1人(←?)ですが、さほどショックはなかったです。

さておき、2009年は、ほとんどのシングルCDに参加し、活躍する姿を見せてくれました。また「AKBINGO!」でも、「小橋の小話」で、かなり面白い一面を見せるなどタレントとして成長。

現場ヲタのランキングでは、10位まで上昇します。

 

 

 

 

 

16位もいません。同点15位が2人います。

 

 

 

 

 

 

15位

f:id:AKB48music2009:20091231113535j:image

松井玲奈 117点

2008:―  2007:―  選抜総選挙:29位

SKE48でありながら、2009年は常にAKB48のシングルで選抜メンバー、アンダーガールズとして出演するSKEのかすみ草、松井玲奈が15位に。

ユニット曲『雨のピアニスト』ではセンターを担当し、多くのファンを魅了。

彼女の今年の最たる活躍はなんといっても「週刊AKB」であろう。激辛部のエースとして、誰もが食べれなかった激辛ハバネロチキンを食べきったのは記憶に新しい(普通に130人に1人くらいしか完食できないらしい)。しかも本人、鶏肉そのものが駄目だというのにも関わらず。その姿に惚れてか、総合15位という上位を手中に。

 

 

 

 

 

 

15位

f:id:AKB48music2009:20100101190346j:image

仁藤萌乃 117点

2008:20位  2007:―  選抜総選挙:圏外

『涙サプライズ』で初の選抜入りを果たした、仁藤萌乃がランクイン!

選抜総選挙では、初報では30位以内にランクインするも、いざ開票時には30位以内から姿を消していたこともあるが、楽曲大賞では、2008では20位、2009では15位と着実に人気を高めています。公演ではユニット曲でセンターを担当ようになり、実力もめきめきつけているが、指原莉乃とよく対戦する「ぷよぷよ」や「テトリス」はいっこうに上手くならないようす。

どうやら、Wikipediaの仁藤の記事内容が薄いことを本人が嘆いているようだが、・・・・実際ここを書くのに私が困ったw

 

 

 

 

 

 

14位

f:id:AKB48music2009:20100101190411j:image

片山陽加 121点

2008:25位  2007:39位  選抜総選挙:28位

艶女と書いて、アデージョアデージョと呼ぶのは、あなた? あなた? それともあなた? はーちゃんこと片山陽加です。が14位という大躍進。

ユニット曲において、B3rd『純情主義』ではセンターだったが、B4th『愛しのナターシャ』ではサイドに回されてしまうも、昨年から大幅ランクアップ。ディーバス片山として違った一面も見せる・・・・。が、ディーバス片山は片山陽加とは別人か・・・・w

2009の「リクエストアワー(渋谷AX)」のDVDにおいて、大島優子に「はーちゃんのターンはすげえ」と絶賛されるほど、キレのあるターンは健在。また、「すイエんサー」ではカラオケで100点を取るシーンも。歌唱ダンスともにトップクラスの実力派。

なお、現場ヲタ(劇場観覧21回以上)のみのランクングだと、なんと推しメン部門で1位!! つまり、現場ヲタからの圧倒的支持を受けているということです。観れば観るほど魅力が滲み出てくる艶女片山陽加

 

 

 

 

 

 

13位

f:id:AKB48music2009:20100101190440j:image

小野恵令奈 122点

2008:6位  2007:3位  選抜総選挙:11位

今日も明日も明後日もキラキラパワー全開、えれぴょんこと15歳の小野恵令奈が13位にランクイン。

3位→6位→13位と、年を重ねるごとに倍々ゲームで順位を落としているが、キラキラパワーは健在! と私は思う・・・。

2009年は、1冊の写真集と、1本のDVDをリリース。予想以上の成長っぷりを我々に見せつけてくれました。また、2月には自身のブログもスタートし、いろいろな思いを発信している。

「QuickJapan」のインタビューで、「自分の成長や変化を止められるわけがない。自分がこの先どうなっていくのかは分からないけど、これが今の私。過去の小野恵令奈が好きだという人は、過去の映像でお楽しみいただきたい」と語ったのが、とてもとても印象的でした。

しかし、本当に女性っぽい身体つきになられたものだ。

 

 

 

 

 

 

12位

f:id:AKB48music2009:20100101190501j:image

佐藤亜美菜 125点

2008:23位  2007:28位  選抜総選挙:8位

愛されたい、愛したい、でもやっぱり愛されたい! 佐藤亜美菜が12位に!

今年誰もが驚いたのは、選抜総選挙佐藤亜美菜8位であろう。本当にそんなに人気があるの? 組織票だけなんじゃないの? と思った人も数いるであろうが、楽曲大賞推しメン部門でも堂々の12位を獲得と、その人気をここに証明。チームAの正式メンバーになったあとも、チームK公演のアンダーとして舞台に立ったりと、ファンの前に姿を見せることが多かったことも、人気の一因か。

さらにゲーム『闘真伝』においては、SKE48松下唯とともに声優としてもデビュー。ヒロインの役を射止め、さらにCMにも出演するなど、劇場以外の仕事も充実。

 

 

 

 

 

 

11位

f:id:AKB48music2009:20100101190517j:image

篠田麻里子 130点

2008:10位  2007:5位  選抜総選挙:3位

魅惑のポーカーフェース、篠田麻里子さまが11位に。

なぜか無意識下で「さま」をつけてしまうのは、彼女のオーラのなせる業か。

写真では髪型がロングだが、2009年の途中でバッサリとショートにし、さらに魅力がアップ。というか昔に戻ったw 2008年末からは、ファッション誌「MORE」の専属モデルとなり、モデルデビューを果たすなど、2009年はアイドル以外の麻里子さまを目にすることができた。

2010年からは、最年者だった大堀恵野呂佳代浦野一美SDN48へと移籍するため、AKB48の最年長者となる。

余談だが、ソネットのCMで、私の同僚(非ヲタ)が麻里子さまを見て以来、彼女の姿をテレビで見かけるたび「まりこさま〜、まりこさま〜」と言うようになった。やはり麻里子さまは、AKB48ヲタの入り口的立場、エントリーキャラなのだろう。

 

 

 

 

 

 

これよりベスト10の発表となります。

それではジャンジャン行きましょう!!

 

 

 

 

 

 

10位

f:id:AKB48music2009:20100101190542j:image

指原莉乃 134点

2008:25位  2007:―  選抜総選挙:27位

私の性格って、白いですか? 黒いですか?

私の性格は限りなく白に近い灰色! の指原莉乃がなんと10位に! いいのかこれ!w

ただのアイドルヲタが、履歴書を送ったら気がついたらアイドルになっていた! どーすんのこれ? そんな漫画みたいなシチュエーションを地で行く指原莉乃

2009年は、選抜メンバーやアンダーガールズとして全シングルに参加。劇場でも『愛しきナターシャ』で、ドリアン指原としてセンターを担うなど、さまざまな活躍を見せた。「週刊AKB」などでは、バンジージャンプを飛べないなど、へたれな部分を多く見せたが、それも人気の一因か。

頭の回転が速く、かつ頭もいいので(学力とは関係なく)、トークには光るものがある。新体制のチームAでは、同じ地方組みの大家志津香とともに、トークに期待されているが、いかんせん性格が気弱なのでどこまで先輩に突っ込めるかがカギとなる・・・・・・。

ちなみに、友達は少ない。

 

 

 

 

 

 

9位

f:id:AKB48music2009:20100101190557j:image

河西智美 148点

2008:9位  2007:5位  選抜総選挙:10位

垂れ目がチャームポイントのとも〜みちゃんこと河西智美が9位に。2008の順位をキープ。

『逆上がり』公演では、ユニット曲『抱きしめられたら』でセンターに立ち、セクシーとも〜みをアピール。その足使い、腰使いにメロメロになったファン多数。

同じホリプロメンバーの、板野友美宮崎美穂と、ともに活動することも多く、2009年は「ナットウエンジェル」として、オリジナルCD「ナットウエンジェル」もリリースするなど、精力的な活動をみせた。また、ひっそりとアニメ声優の仕事もちょくちょくやっていたりする。

特筆すべきは「仮面ライダーW」への準レギュラー出演。日曜日の朝、お茶の間のお子様の前にも、とも〜みの姿を! 何気に、2009年12月のライダー映画にも出演していた。

 

 

 

 

 

 

8位

f:id:AKB48music2009:20100101190621j:image

北原里英 172点

2008:8位  2007:―  選抜総選挙:13位

今年も8位をキープしたうなぎ犬・・・・・・じゃない、夢見る名古屋嬢北原里英

あいかわらず現場ヲタからの支持は高く、現場ヲタランキングなら、3位をキープ。

同期の指原や宮崎に比べると、これといった特徴こそ少ないが、平均点が総じて高く、在現男女多くのファンから愛されている。

また、何気に芸達者な一面もあり『AKBINGO!』では、いっこく堂の腹話術や、ごくせん仲間由紀恵のモノマネなどを見せるシーンも。

 

 

 

 

 

 

7位

f:id:AKB48music2009:20100101190635j:image

高城亜樹 183点

2008:31位  2007:―  選抜総選挙:23位

緑茶、麦茶、烏龍茶、でもやっぱり?

客>あきちゃ〜〜〜〜〜ッ!

で、お馴染の高城亜樹が、堂々の7位にランクイン!

183点を獲得しての7位だが、投票しているのは162人。つまりみんなの2推し的立場で人気を得している。多くの人から好かれているようです。

シングルCDには、アンダーガールズとして『飛べないアゲハチョウ』と『君のことが好きだから』に出演。なかでもPV部門で1位を記録した『君のことが好きだから』ではセンターに立ち、PVでもかなりアップを抜かれまくるという最高のポジションに。

また、所属事務所も「ナベプロ」に決定。2010年の活躍には期待が高まる。

 

 

 

 

 

 

6位

f:id:AKB48music2009:20100101190654j:image

前田敦子 194点

2008:1位  2007:2位  選抜総選挙:1位

AKB48の顔である、前田敦子がなんと6位というランキングに!

誰もが驚くこの順位。ちょっと分析をしてみます。

獲得点数は192点。投票人数は142人。

男性からの点数は142点(7位)。女性からの点数は52点(4位)。

在宅ヲタからの点数は131点(5位)。現場ヲタからの点数は6点(33位)。

多少、現場ヲタからの点数が少ないものの(もともと現場ヲタは110人しかいない)、総じて高い順位を得ているのですが、1位や2位を獲得できていないという。つまり、2009年は前田敦子以外のメンバーも露出が増えてきて、彼女以外のメンバーへと興味が移る機会が多くなったということでしょうか? 全然分析できていませんw

さて、2009年は2008年に比べると、ドラマなどの出演は減りましたが、2010年にはなんと大河ドラマ「竜馬伝」への出演も決定しており、前田敦子の演技に期待が高まります。 また、2009年には初の単独レギュラー番組「1ばんスクラム!!」の放送が開始されたことも記憶に新しいです。

選抜総選挙では、1位の座に輝き「AKB48に自分の人生を捧げます」的発言をしたことがとにかく印象深い。

 

 

 

 

 

 

いよいよベスト5の発表になります。

まあ、残る5人は予想できるでしょうが、順位の予想は難しいかと思います。

それでは行きます!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5位

f:id:AKB48music2009:20100101190714j:image

小嶋陽菜 198点

2008:11位  2007:14位  選抜総選挙:6位

麻里子さまと並ぶ、もうひとりのAKB48ヲタへのエントリーキャラ、こじはること小嶋陽菜が5位に!

端整な顔立ちと、女性としての均整がとれたボディとで、多くのファンを魅了。とくに若いヲタにはたまらないんじゃないでしょうか? 自身の1st写真集となる「こじはる」もリリースし、セクシーな一面も見せてくれました。また、2009年1月には連ドラ「メイちゃんの執事」にも出演など、ドラマでも活躍。

尾木プロ3人によるユニット「ノースリーブス」は、2009年2曲のシングルをリリース。どれもスマッシュヒットを記録。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4位

f:id:AKB48music2009:20100101190733j:image

渡辺麻友 235点

2008:5位  2007:17位  選抜総選挙:4位

みんなの視線を〜〜、いただき〜まゆゆ〜〜!

で、4位を獲得したのは渡辺麻友

渡り廊下走り隊」でもセンター、『パジャマドライブ』『残念少女』でもセンター。常に安定した人気を獲得しての4位。

とにかく多趣味で、アニメ特撮・お笑いが大好き。かなりヲタクな一面があるが、おそらく石田晴香とは別方向であるw 特技はマッハイラスト。10秒ほどで、アナゴさんや花輪くん、スネ夫を描くことを『AKBINGO!』で披露した。また、変な着眼力や文才があり、ブログでは非常に面白い内容をアップしてくれている。

 

 

 

 

 

 

そしてついにベスト3の発表です。

栄光の1位を掴み取るのは一体誰??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3位

f:id:AKB48music2009:20100101190803j:image

大島優子 274点

2008:1位  2007:1位  選抜総選挙:2位

変幻自在のパフォーマー大島優子が3位!

楽曲大賞2007、2008と1位を獲得し、3連覇なるかと思いきや・・・・あとわずか届かず。ただし、投票者1人につき5票制度にしたのが原因の可能性大。去年のように3票までのシステムなら、おそらく大島優子が1位を獲得していた可能性が高かったです。なぜならば、大島優子に投票した人数は199人と、全メンバーの中で1位を記録しているからです。優子ヲタのみなさんシステム変更すみませんw

さて、2009年は自身2冊目となる写真集とDVDを発売。写真集ではトップレス姿(後姿)を見せるなど、20歳を超えた大人としての魅力もアピール。余談ではありますが、私の友だち(非AKBヲタ)曰く、「おっぱいは女の顔。大島優子のおっぱいは可愛いおっぱい!」と言って、彼女のカレンダーを買っていました・・・・・・。

また、2009年12月売りの「QuickJapan」では、他の太田三姉妹とともにインタビュー記事も。かなり濃いインタビューなので、大島優子が気になる人は、必ず読んだほうがいいかと思います。

 

 

 

 

 

 

そして2位は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2位

f:id:AKB48music2009:20100101190822j:image

高橋みなみ 283点

2008:3位  2007:9位  選抜総選挙:5位

AKB48の魂ともいうべき、高橋みなみが2位の座に!

高橋みなみのもっとも驚愕すべき点は、圧倒的に女性に支持されているという点。なんと女性票の2位である小嶋陽菜(65点)を大きく引き離して1位(108点)を獲得しているのです。なんという女性支持率。彼女の生き様がそれだけ女性の心に響いているということでしょうか。

また、2位で283点を獲得していながらも、投票している人数は169人。大島優子の場合、274点獲得で投票人数が199人。つまり、高橋みなみの場合、1人で5点、4点、と投票している熱烈なファンが多いということです。それだけ誰かを惹きつける力が強いということなのでしょう。

2009年の高橋みなみの活動は・・・・・・、うーん。どの曲でも、どのコンサートでも、どのイベントでも、常に重要な立ち位置でした。毎度のことですw 特筆すべきことはない?

2010年からは新体制のチームAのリーダーを担当として、チームAを、そしてAKB48を引っ張っていくことに。

 

 

 

 

 

 

 

そして1位の栄光に輝いたのは!

もうわかりますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1位

f:id:AKB48music2009:20100101190840j:image

柏木由紀 287点

2008:4位  2007:21位  選抜総選挙:9位

寝ても覚めてもゆきりんワールド! 夢中にさせちゃうぞ♪ ゆきりんこと柏木由紀が栄光の1位!

夢中にされちゃいました! ゆきりんワールドを感じちゃいました!

2位の高橋みなみとは3点差ながらも、すべてのヲタから高い評価を得ての1位。とくに男性からの支持率は高く、2位の大島優子に約40点も差をつけています。また、現場ヲタのみのランキングでも、片山陽加と同点1位。いつも仲のよい、片山柏木が同点1位なところに運命を感じます。また、2人で歌う『てもでもの涙』が観てみたいw

劇場では『口移しのチョコレート』でセンターを担当。少しエッチな柏木由紀にボクらは心地よく酔いました。

そして1st写真集「以上、柏木由紀でしたっ」もかなりの好売り上げを記録。私も、いろいろなお店に行きましたが、ことごとく売り切れており、なかなか買えなかったことを記憶しています。

また、「ひるおび!」では、現役女子高校生お天気お姉さんとしても活躍。毎週水曜木曜は、彼女を見るためだけにテレビをつけていたヲタも多いのではないでしょうか?

そして、2010年は、新チームBのリーダーという立場に。新チームAの高橋、新チームKの秋元とは、また違ったタイプのリーダーを見せてくれるでしょう。引っ張っていくというよりも、互いに引っ張り合っていくという形になりそうですが。

 

 

 

 

 

2009年はまさにゆきりんワールド!

 

 

 

 

 

終わってみると、1位、2位、3位を、各チームの主要メンバーがゲットするという展開になりました。そういう意味ではバランスがとれているのではないでしょうか?

新チーム体制に移行する2010年は、一体どのような勢力図になるのか、いまから楽しみであります。

 

 

 

 

 

 

以上、推しメン部門の発表でした!!

 

 

 

 

 

メンバーごとのコメントの多寡は申し訳ないと思いますが、突っ込まないでくださいw

しかし、ナベプロ強いなぁwwww

太田プロの天下が終わってしまったよ。

 

 

 

 

 

 

以下、10点以上を獲得した総合ランキングの票になります。71までを公開します。

 

 

推しメン部門総合ランキング TOP71

順位名前点数投票人数シェア2008順位2007順位総選挙事務所
1位柏木由紀2871925.5%4219ナベプロ
2位高橋みなみ2831695.5%395尾木プロ
3位大島優子2741995.3%112太田プロ
4位渡辺麻友2351624.5%5174尾木プロ
5位小嶋陽菜1981483.8%11146尾木プロ
6位前田敦子1941423.7%121太田プロ
7位高城亜樹1831623.5%3123ナベプロ
8位北原里英1721433.3%813AKS
9位河西智美1481082.9%9510ホリプロ
10位指原莉乃1341002.6%2527AKS
11位篠田麻里子1301042.5%1053SOME DAY
12位佐藤亜美菜1251022.4%23288AKS
13位小野恵令奈122942.4%6311太田プロ
14位片山陽加121852.3%253928AKS
15位仁藤萌乃117942.3%20AKS
15位松井玲奈1171072.3%29ピタゴラス
17位倉持明日香110822.1%74821AKS
18位峯岸みなみ107752.1%17416尾木プロ
19位宮澤佐江97771.9%17714Office48
順位名前点数投票人数シェア2008順位2007順位総選挙事務所
20位秋元才加90681.7%151212Office48
20位増田有華90601.7%121925Office48
22位板野友美81661.6%12127ホリプロ
23位宮崎美穂77601.5%1618ホリプロ
24位仲川遥香76521.5%4748尾木プロ
25位多田愛佳73641.4%273920尾木プロ
26位松井珠理奈70511.4%19ピタゴラス
27位平嶋夏海64531.2%291726尾木プロ
28位石田晴香63471.2%40AKS
28位佐藤すみれ63541.2%ホリプロ
30位松原夏海55471.1%231930AKS
31位佐藤由加理51361.0%21915ピラミッド
32位浦野一美48440.9%302117尾木プロ
33位奥真奈美46300.9%4648Office48
34位小森美果45410.9%AKS
35位藤江れいな42290.8%4148イトーカンパニー
35位大島麻衣42350.8%177ホリプロ
37位松井咲子40310.8%AKS
38位小林香菜37190.7%2816Office48
39位仲谷明香36230.7%5039Mousa
順位名前点数投票人数シェア2008順位2007順位総選挙事務所
40位米沢瑠美35260.7%384822AKS
41位梅田彩佳33300.6%4128Office48
42位成瀬理沙31210.6%3335
43位大堀恵29230.6%342124AZ
44位中田ちさと28200.5%4548Mousa
45位菊地あやか26220.5%28AKS
46位前田亜美25220.5%AKS
47位内田眞由美24230.5%58AKS
48位岩佐美咲23110.4%AKS
48位野呂佳代23140.4%3428Office48
48位矢神久美23200.4%ピタゴラス
51位小原春香22180.4%36ドレスコード
52位中塚智実21180.4%47AKS
53位大家志津香20160.4%5248AKS
53位田名部生来20200.4%5239AKS
55位佐藤夏希19140.4%4139Office48
55位新海里奈19140.4%ピタゴラス
55位中西優香19120.4%5448ピタゴラス
55位平松可奈子19160.4%ピタゴラス
59位高柳明音18170.3%ピタゴラス
順位名前点数投票人数シェア2008順位2007順位総選挙事務所
60位佐伯美香17120.3%3848
60位大矢真那17110.3%ピタゴラス
62位松下唯16140.3%ピタゴラス
63位林彩乃1570.3%プラチナムパスポート
63位鈴木紫帆里15140.3%
63位森紗雪15100.3%ピタゴラス
63位高井つき奈15130.3%
67位早野薫1470.3%3128トヨタオフィス
68位野中美郷13130.3%58AKS
68位穐田和恵13130.3%AKS
70位桑原みずき12120.2%ピタゴラス
71位加藤雅美1070.2%AKS

 

高橋みなみがズバ抜けて、1人で複数点入れたヲタが多いことがわかります。

続いて、柏木、渡辺、増田、仲川、奥ちゃん、藤江あたりも、複数点獲得していますね。

逆に、高城、松井R、多田、佐藤す、松原、浦野、小森あたりは、多くの人が投票しているのが分かります。みんなの2推しタイプですね。

ナベプロが強く、尾木プロ太田プロと続きますが、ホリプロはちょっと弱めに感じます。

 

 

 

 

 

以下は、男女別ランキングです。TOP30になります。

 

推しメン部門 男女別ランキング TOP30

順位(男)名前点数 順位(女)名前点数
1位柏木由紀253 1位高橋みなみ108
2位大島優子214 2位小嶋陽菜65
3位渡辺麻友191 3位大島優子60
4位高橋みなみ175 4位前田敦子52
5位高城亜樹158 5位秋元才加48
6位北原里英150 6位渡辺麻友44
7位前田敦子142 7位宮澤佐江39
8位小嶋陽菜133 8位柏木由紀34
9位指原莉乃116 8位河西智美34
10位河西智美114 10位篠田麻里子28
11位松井玲奈103 11位佐藤亜美菜26
12位篠田麻里子102 12位高城亜樹25
13位小野恵令奈100 12位片山陽加25
14位佐藤亜美菜99 12位仁藤萌乃25
15位片山陽加96 15位北原里英22
16位倉持明日香94 15位小野恵令奈22
17位仁藤萌乃92 17位峯岸みなみ20
18位峯岸みなみ87 18位多田愛佳19
19位増田有華78 19位指原莉乃18
順位(男)名前点数 順位(女)名前点数
20位仲川遥香69 20位奥真奈美17
21位板野友美68 21位倉持明日香16
22位宮崎美穂63 22位松井玲奈14
22位松井珠理奈63 22位宮崎美穂14
24位平嶋夏海61 24位板野友美13
25位宮澤佐江58 25位増田有華12
26位多田愛佳54 25位佐藤すみれ12
26位石田晴香54 27位松原夏海11
28位佐藤すみれ51 28位佐藤由加理10
29位松原夏海44 28位浦野一美10
30位秋元才加42 28位大島麻衣10

 

去年同様、高橋みなみの女性支持率が高い高い。

また、秋元の男30位、女5位、宮澤の男25位、女7位というのも面白いです。

柏木は、女性支持が低いわけではないですが、男1位、女8位とこれも面白い。

さらに、秋元と中西に関しては、男女の点数が逆転していますが、なんとなく分かる気がするw

ちなみに、秋元は男42点、女48点で、中西は男9点、女10点です(中西はこのTOP30には入っていない)

男女比が4:1でこれはすごいw

他に女性支持が高いのは、小嶋、奥ちゃんといったところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

以下は、在宅現場別ランキングです。TOP30になります。

「在宅」とは2009年に1度も劇場観覧をしたことがない人、

「現場」とは2009年に21回以上劇場観覧をした人のことを指しています。

なお、今年はチケット抽選が当たりにくくなったためか、現場ヲタの数が110人(総得点550点)しかいません。なので、少し偏った結果になっている可能性もあります。それを踏まえた上でご覧ください。

 

推しメン部門 在宅現場別ランキング TOP30

順位(在宅)名前点数 順位(現場)名前点数
1位高橋みなみ166 1位柏木由紀27
2位柏木由紀157 1位片山陽加27
3位大島優子143 3位北原里英20
4位渡辺麻友135 4位増田有華17
5位前田敦子131 5位高橋みなみ16
6位小嶋陽菜117 5位仁藤萌乃16
7位高城亜樹99 7位佐藤すみれ15
8位河西智美83 7位松井咲子15
9位北原里英80 9位大島優子13
10位指原莉乃72 10位小嶋陽菜12
11位峯岸みなみ71 10位倉持明日香12
12位篠田麻里子66 12位秋元才加11
13位小野恵令奈65 12位宮崎美穂11
14位松井玲奈58 12位石田晴香11
15位佐藤亜美菜57 12位林彩乃11
16位片山陽加55 16位指原莉乃10
17位仁藤萌乃51 16位内田眞由美10
18位宮崎美穂48 18位佐藤亜美菜9
19位倉持明日香44 18位松井玲奈9
20位宮澤佐江39 18位奥真奈美9
21位多田愛佳39 21位多田愛佳8
22位増田有華37 21位小森美果8
23位板野友美35 21位仲谷明香8
24位松井珠理奈34 21位大堀恵8
25位秋元才加31 21位前田亜美8
26位平嶋夏海31 21位小原春香8
27位仲川遥香27 21位高柳明音8
28位浦野一美26 28位高城亜樹7
29位大島麻衣26 28位篠田麻里子7
30位松原夏海23 28位小野恵令奈7
 28位平嶋夏海7
 28位浦野一美7

 

ちょwwwwww

片山さん!!!! 現場ヲタ部門でまさかの1位です。しかも柏木と同点で。数名が片山に5点というわけでなく、投票人数でも現場ヲタ3位となっています。また、北原、増田、仁藤、佐藤すの順位の高さにも驚き。彼女らは、劇場で生で観れば観るほど味がでてくるキャラクターなんだと思います。

さらに総合ランキングには名前がでなかった、松井咲子さんと、内田ちゃんの名前が上位に。今は辞めてしまった妖精こと林綾乃ちゃんの名前も出てきます。やはり、劇場に足を運ぶヲタは、劇場公演を頑張っている子たちを応援したくなるものなのでしょうか? A、K、Bすべての公演でアンダーとして出演したりしますからね。

SKE48チームKIIの高柳明音の名前も出てきているのにも注目です。

また、前田敦子板野友美渡辺麻友、河西友美、峯岸みなみ宮澤佐江あたりは、現場ヲタからのランキングには姿を現しません。これは、分母が110人ぶんと少ないことと、彼女たちが劇場公演に欠席した回数が多いことなどが原因になっているかと思います。

 

ちなみに、在宅ヲタ部門だと・・・・・・、総合ランキングとあまり変わらない感じです。

これは、2009年1度も劇場観覧したことがない人の投票がググっと増えたことが原因ですね。それだけ、誰もが愛することができるAKB48になってきたという証明なのではないでしょうか。アイドルとしては正しい形に向かっていると思います。

 

 

 

 

こんな感じで、表を眺めて楽しんでください。

 

 

 

 

カープカープ 2010/01/02 02:33 集計、大変お疲れ様です!
正月はさぞかし忙しいでしょうに・・本当にお疲れ様です。
個人的に、ともちんとあっちゃんの順位がまさかな感じでした。
やっぱり総選挙とはまた違った面白さがありますね!
来年も、この企画やるのを楽しみにしております。
PS。
些細な事ではありますが、あっちゃんの点数表示のところが「点」ではなく「位」になってました。別にどうでもいい所なんですけど気づいたので一応報告します。

shougishougi 2010/01/02 06:58 集計お疲れ様です
毎年の年末年始の楽しみであるこの企画
特に今回の推しメンランキングは面白い結果ですね
引き続き頑張ってください

kiotamakiotama 2010/01/02 21:00 >カープさん
大晦日と元旦だけ暇だったりしたのです。
ともちんとあっちゃんは、確かにまさかでしたね。
あと、誤字への突っ込みもありがとうございます。修正させていただきました!

>shoujiさん
推しメンランキングは面白い結果でした。
でも、楽曲ランキングも面白くなると思いますよー!
もうしばらくお待ちください・・・・orz

tamatama 2010/01/05 08:32 お疲れさまです。
毎年楽しみにしていて、今年も楽しめました。
ありがとうございます。
松井玲奈でちょっと気になったのですが、
彼女はUGだけじゃなく2度選抜に選ばれてますよ。

Connection: close