Hatena::ブログ(Diary)

日々の営業〜亜紀書房営業部の日記

2015-09-01

『帰還兵はなぜ自殺するのか』6刷出来、帯を新しくしました

6刷出来の『帰還兵はなぜ自殺するのか』、このたび帯を一新しました。

今の日本でもっとも読まれるべき書というのが率直な読後感だ
保阪正康氏・朝日新聞

本書は必読の書である。わたしたちの日常はいかなる変化にさらされようとしているのか。日本の未来が描かれていると思った方がいい。
中島岳志氏・毎日新聞

万が一のために戦争の準備も必要と思っている人々が日本にも多い。そういう人に読んでもらいたい。特に政治家に。」
(鎌田實氏・北海道新聞)

どの戦争にも必ず「戦争のあと」がある――。著者の言葉が重く響く
(天声人語)
f:id:AKISHOBO_eigyo:20150811132137j:image:w640

以下のリンクから書評記事が読めます。
朝日新聞
書評:帰還兵はなぜ自殺するのか [著]デイヴィッド・フィンケル - 保阪正康(ノンフィクション作家) | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト

日本経済新聞
帰還兵はなぜ自殺するのか デイヴィッド・フィンケル著 家族にも傷残す地上戦の現実 :日本経済新聞

毎日新聞
ページが見つかりません - 毎日新聞

北海道新聞
帰還兵はなぜ自殺するのか | どうしんウェブ/電子版(本の森)

日刊ゲンダイ
戦争が終わっても“壊れ続ける”兵士たちの苦悩 | 日刊ゲンダイDIGITAL

赤旗「きょうの潮流」
きょうの潮流 2015年5月15日(金)

朝日新聞天声人語
「天声人語」:朝日新聞デジタル

山口一雄山口一雄 2015/10/19 18:23 『帰還兵はなぜ自殺するのか』を読みました。戦争が人間の身体と心を壊す行為であることがよくわかりました。
 ところで、私が読んだのは第1刷だったのですが、P.179、L.11「火葬されて灰を巻かれたり・・・」は「灰を撒かれたり」の誤りではないかと思います。すでにご訂正済みであればご容赦ください。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/AKISHOBO_eigyo/20150901/1441116618