Hatena::ブログ(Diary)

加護亜依、吉行和子。超宇宙の魂、超神霊教諭。

2014-04-06

((((((仏教・神道・道教用語))))))

((((((仏教・神道・道教用語))))))

 ((((((仏教・神道・道教用語

仏教用語一覧
出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』
概説
 仏教用語は、仏教発祥の地であるインドが起源であり、そこで生まれた様々な用語は中国において、「般若」「三昧」など発音に漢字を当てはめた音訳、あるいは、「識」「空」など意味の該当する漢字に置き換えた意訳の、2種の方法によって中国語化された。さらに、それらの漢字化された仏教用語は日本にも伝わり、「有頂天」や「玄関」などといった一部の語は、一般社会においても日常語として使用されるようになった。

 また、「瓦」(kap○la、鉢)や「鳥居」(tor○na、仏塔の垣門)も仏教用語が起源であるとする説がある。

あ行
 阿含経 - 阿含宗 - 阿育王 - 阿毘達磨 - 尼 - 阿弥陀 - 阿弥陀経 - 阿羅漢 -
 阿頼耶識 - 安居- 意識 - 一向宗 - 一切皆苦 - 一闡堤 - 一来 - 印可 - 因果 - 因縁 -
因明 - 隠元 - 有 - 宇宙 - 盂蘭盆 - 盂蘭盆会 - 回向 - 縁覚 - 縁起 - 応供 - 往生 -
応身 - 応報 - 往相回向 - 黄檗宗 - 和尚 - 厭離穢土

か行
 我 -我執 - 伽陀 - 伽藍 - 灌仏会 - 勧請 - 観無量寿経 - 帰依 - 機根 -行(ぎょう) -
逆流(ぎゃくる) - 境界 - 教行信証 - 経典 - 金縛 - 苦 - 空(くう) - 倶会一処 -
久遠 - 久遠実成 - 倶舎宗 - 倶舎論 - 口伝鈔 - 鳩摩羅什 - 九品 - 紅蓮 - 供養 - 薫習 -
偈(偈文) - 華厳宗 - 解脱 - 結集 - 顕教 - 還相回向 - 化身 - 現量 - 孝道教団 - 業 -
降魔 - 五薀 - 五戒 - 極楽 - 五大明王 - 五智如来 - 五百羅漢 - 五味 - 勤行 - 権現 -
金剛界 - 金剛座 - 金剛峯寺 - 金堂 - 根本分裂

さ行
 在家 - 悟り - 三界 - 山岳仏教 - 三帰依 - 懺悔(さんげ) - 三種の浄肉 -
三十七道品 - 三身 - サンスクリット - 三途川 - 三千大千世界 - 三蔵 - 三蔵法師 -
三毒 - 三宝 - 三法印 - 三宝尊 - 三昧 - 山門 - 三論宗 - 寺院 - 色(しき) - 識 -
四向四果 - 地獄 - 時宗 - 四十八願 - 十界 - 実化 - 四諦 - 七仏通誡偈 -四天王 -
慈悲 - 釈迦 - 釈迦三尊 - 釈迦堂 - 授記 - 十号 - 修験道 - 種子 (密教) -
種子 (唯識) - 執着 - 修証義 - 住職 - 順流(じゅんる) - 十大弟子 - 十二因縁 -
十二神将 - 十二部経 - 十八不共法 - 宿善 - 出家 - 須弥山 - 須弥壇 -
スッタニパータ - 聖教量 - 荘厳 - 上座部 - 上座部仏教 - 成実宗 - 成就 -
正信念仏偈 - 小乗仏教(→上座部仏教) - 浄土 - 浄土教 - 浄土宗 - 浄土真宗 - 正法 -
成仏 - 声聞 - 諸行無常 - 諸法無我 - 真空 - 真言(しんごん) - 真言宗 - 晋山式 -
陳那 - 真如 - 真如苑 - 神仏習合 - 厨子 - 世間 - 禅 - 選択本願念仏集 - 善知識 -
善導 - 僧 - 葬式仏教 - 曹洞宗 - 像法 - 僧侶 - 祖師

た行
 大師 - 大雁塔 - 大正新脩大蔵経 - 大乗非仏説 - 大乗仏教 - 胎蔵界 - 台密 -
大般涅槃経 - 陀羅尼 - 他力 - 他力本願 - 知恵 - 智慧 - 地蔵菩薩 - 秩父三十四箇所 -
チベット大蔵経 - チベット仏教 - チベット密教 - 中観派 - 中道 - 中論 - 追善供養 -
剃髪 - 寺 - 纏(てん、→煩悩) - 天竺 - 天台宗 - 天部 - 投機 - 東司 - 東大寺 -
東密 - 犢子部 - 独覚 -

な行
 南無 - 南無阿弥陀仏 - 南無妙法蓮華経 - 南伝仏教(→上座部仏教) - 南都六宗 -
二乗 - 日蓮宗 - 日蓮正宗 - 日光菩薩 - 入滅 - 如来 - 如来蔵 - 涅槃 - 涅槃経 -
涅槃寂静 - 拈華微笑 - 念仏 -

は行
 八大龍王 - 八部衆 - 八正道 - 法堂 - 法嗣 - 波羅蜜 - 般若 - 般若経 - 般若心経 -
比丘 - 比丘尼 - 辟支仏 - 比量 - 毘盧遮那仏 - 普化宗 - 不還(ふげん) - 布施 -
仏(ぶつ) - 仏教遺跡 - 仏旗(ぶっき) - 仏舎利 - 仏十力 - 仏性 - 仏身 - 仏像 -
仏典 - 仏陀(ぶっだ) - 仏陀伽耶 - 仏塔 - 部派仏教 - 仏滅紀元 - 変成男子 - 分身 -
法 - 法印 - 報身 - 坊主 - 法相宗 - 方便 - 謗法 - 北伝仏教(→大乗仏教) - 法華経 -
菩薩 - 法身 - 法身普賢 - 法主 - 払子 - 法戦式 - 仏(ほとけ) - 盆 - 本覚 - 本願寺 -
梵字 - 梵珠山 - 本尊 - 凡夫

ま行
 摩訶般若波羅蜜経 - 末那識 - 末法 - 魔羅 - 曼陀羅・曼荼羅) - マントラ - 密教 -
密厳院 -密厳院発露懺悔文 - 明王 - 明神 - 無明

や行
 夜叉 - 訳経史区分 - 唯識 - 瑜伽 - 瑜伽行唯識学派 - 瑜伽師地論 - 欲界 -
世も末(→末法) - 預流(よる) -

ら行
 羅漢 - 羅刹 - 律宗 - 利益 - 六道 - 利生 - 量 - 臨済宗 - 六神通 - 六波羅蜜 - 六根 -
六根清浄

わ行
 輪袈裟 - 和讃 - 和上

各地の仏教
インドの仏教、スリランカの仏教
東南アジアの仏教
チベット仏教
中国の仏教、朝鮮の仏教、日本の仏教

参考文献
『日本佛教語辞典』(岩本裕著、平凡社、1988年)ISBN 4582130011
『日常佛教語』(岩本裕著、中央公論新社、1972年)ISBN 4121002881
『例文仏教語大辞典』(石田瑞麿著、小学館、1997年)ISBN 4095081112

関連項目
仏教寺院の一覧
日本仏教 - 日本の寺院一覧
中国仏教 - 中国仏教寺院の一覧(中国語版、英語版)
チベット仏教 - チベット仏教寺院の一覧(中国語版、英語版)
日本仏教の仏・仏神・習合神についての一覧 - 仏の一覧
僧侶についての一覧 - Category:僧

外部リンク
仏教用語集(中外日報社)

神道用語一覧
出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』
 神道用語一覧は、神道の専門用語、および、神道と関連する一般用語の一覧である。

 五十音順で記載する。
 読み方が複数ある場合は、主と思われる読み(少なくとも、ウィキペディアがそのように見なして筆頭に記している読み)を主体とし、それ以外の読みには丸括弧を添えて「主な読み」があることを示す。
 用例:「てみずや」の読みで記載の「手水舎」には、(→ちょうずや)を添える。
 神道の神や神社については、「日本の神の一覧」「神社一覧」を参照のこと。

あ行

 相殿 - 葵祭 - 葦原中国 - 梓巫女 - アニミズム - 海部氏系図 - 天津神 - 天津罪 - 天津社 - 現人神 - 荒魂 - 行宮


 伊勢神道 - 一宮 - 一霊四魂 - 忌火 - 入母屋造 - 磐座 - 磐境


 うけい - 宇佐鳥居 - 氏神 - 現世 - 産土神


 英霊 - 絵馬 - 絵馬殿 - 延喜式 - 延喜式神名帳


 大嘗祭 - 大麻 - 大祓 - 大祓詞 - 奥宮 - 奥都城 - 御師 - 御田植祭 - 御旅所 - 御守 - おみくじ - 陰陽師

か行

 神楽 - 神楽歌 - 神楽殿 - 賢所 - 拍手 - 春日造 - 数霊 - 神 (神道) - 神棚 - 粥占 - 官社 - 元旦祭 - 官幣社 - 神封戸 - 神奈備 - 勧請 - 神嘗祭 - 神主


 紀元祭 - 紀元節 - 祈年祭 - 旧辞 - 宮中三殿 - 教派神道 - 禁足


 宮司 - 公事根源 - 群書類従 - 国津神 - 国津罪 - 国津社 - 国造


 境内 - 境内社 - 穢れ - 兼務神社 - 外宮神道 - 外陣 - 元始祭 - 江家次第 - 賢所 - 眷属


 合祀 - 郷社 - 皇大神宮儀式帳 - 皇學館大学 - 皇霊殿 - 護国神社 - 国意考 - 国学 - 國學院大學 - 国史大系 - 国造 - 国内神名帳 - 国幣社 - 古事記 - 古語拾遺 - 古事記伝 - 古史通 - 御神体 - 古神道 - 御神宝 - 国家神道 - 言霊 - 言挙げ - 向拝 - 狛犬 - 御霊信仰 - 権現 - 権宮司 - 権正階 - 権禰宜 - 御幣

さ行

 斎宮 - 祭祀 - 祭神論争 - 祭政一致 - 賽銭 - 歳旦祭 - 祭文 - 榊 - 里宮 - 三種の神器 - 参道 - 三方


 式外社 - 式内社 - 式年祭 - 式年遷宮 - 地鎮祭 - 紙垂 - 四方拝 - 注連縄 - シャーマン - 社格 - 社務所 - 釈日本紀 - 儒家神道 - 修験道 - 出仕 - 修祓 - 貞観儀式 - 招魂 - 浄階 - 昇神 - 昇神祭 - 上棟式 - 神域 - 神階 - 神祇 - 神祇官 - 神祇省 - 神祇伯 - 神宮 - 神宮暦 - 神宮大麻 - 神幸祭 - 神座 - 神札 - 神社 - 神社建築 - 神社合祀 - 神社覈録 - 神社庁 - 神社本庁 - 神儒一致 - 新抄格勅符抄 - 新嘗祭 - 神嘗祭 - 神書 - 神職 - 神使 - 神事 - 神人 - 神饌 - 神饌所 - 新撰姓氏録 - 神像 - 神葬祭 - 神体 - 神代巻口訣 - 神体山 - 神代文字 - 神託 - 神典 - 神殿 - 神道 - 神道考古学 - 神道五部書 - 神道集 - 神道集成 - 神道大意 - 神道大系 - 神皇正統記 - 神廟 - 神仏習合(神仏混交) - 神仏分離 - 神宝 - 神本仏迹説 - 神木 - 神名帳 - 神名帳考証 - 神名帳考証土代 - 神明鳥居 - 神輿 - 神紋


 随身門 - 崇敬 - 崇敬奉賛会 - 垂加神道 - 住吉大社神代記 - 住吉鳥居


 正階 - 遷宮 - 遷座祭 - 先代旧事本紀


 惣社 - 総社 - 祖霊舎 - 祖霊信仰 - 続神道大系 - 続日本紀 - 続日本後紀

た行

 大祭 - 大社 - 大嘗祭 - 高橋氏文 - 高天原 - 託宣 - 祟り - 玉垣 - 玉串


 千木・鰹木 - 地久祭 - 地久節 - 千早 - 中祭 - 手水舎 - 勅祭 - 直階 - 鎮魂 - 鎮座祭 - 鎮守神 - 鎮守の森


 月次祭 - 罪


 手水舎(→ちょうずや) - 帝紀 - 天神 - 天長祭 - 天長節 - 天皇


 祈年祭(→きねんさい) - 十種神宝 - 特選神名牒 - 常世 - 豊受皇太神御鎮座本紀 - 鳥居 - 採物

な行

 内陣 - 直会 - 直会殿 - なぎ


 新嘗祭 - 和魂 - 二十二社 - 日本書紀 - 日本逸史 - 日本紀略 - 日本後紀 - 日本三代実録 - 日本書紀纂疏 - 日本文徳天皇実録



 禰宜 - 年中行事秘抄


 能 - 祝詞

は行

 拝殿 - 拝揖 - 八幡愚童訓 - 八幡鳥居 - 初穂 - 破魔矢 - 破魔弓 - 祓 - 祓所 - 蕃神


 神籬


 富士講 - 富士信仰 - 富士塚 - 復古神道 - 風土記 - 太占


 幣殿 - 幣帛 - 別格官幣社


 奉幣 - 鳳輦 - 祠 - 本宮 - 本地垂迹説 - 本朝月令 - 本朝神社考 - 本殿

ま行

 真榊 - 禁厭 - 祭


 神酒 - 三種の神器 - 御饌 - 巫女 - 神輿 - 瑞垣 - 禊 - 御手洗 - 明神 - 明神鳥居 - 宮座 - 民間信仰 - 民社 - 明階


 村山修験




 詣で - 元宮 - 本宮

や行

 社 - 山宮


 唯一神道名法要集 - 湯立神楽


 黄泉 - 吉田神道 - 依代 - 寄絃

ら行



 六国史 - 両部神道


 類聚国史


 例祭 - 霊璽 - 伶人



わ行

 度会神道 - 渡り巫女 - 若宮 - 分霊

神道
ポータル神道 - ウィキプロジェクト神道
基礎 神道 - 日本神話 - 神 - 日本の神の一覧
資料 古事記 - 日本書紀 - 風土記 - 古語拾遺
神社 神社 - 神社一覧 - 式内社 - 一宮 - 近代社格制度 - 別表神社 - 神社本庁
祭祀と祭礼 祭 - 神楽 - 祝詞 - 大祓詞
関連用語 神道用語一覧
神仏習合 - 山岳信仰 - 民俗学 - 国学 - 国家神道 - 教派神道

道教用語一覧
出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』
道教用語一覧(どうきょうようごいちらん)


陰陽
雲笈七籤

外丹
華山派

九字
九天玄女
玄学
庚申信仰
五岳
五術

三界
三尸
三清
三洞四輔
地獄
祠廟
正一教
精進料理
神仙
仙学
全真教
存思

太一
太極図
太上老君
天界

道家
道観
道教
道士
道蔵
洞天福地

内丹術

武当派
不老不死
方士
法輪
法籙

冥界
冥福

錬丹術
老子
老荘

 ※私は、吉野家には支払いが出来ない。国会議員を背負っているわけ無いから。松屋は、松坂大輔が、メジャー?、一軍に復帰しなければ、支払いが出来ない。すき家は、パワーアップ工事中。定額給付金の下の地位が有る時、食べられますが、現在、パワーアップ工事中。(勿論、定額給付金の下の地位は、K県N町のすき家。)。統合失調症精神障害者一級の障害年金生活の在宅患者で有る私は、勿論、下の地位の支払いしか出来ない。もしかしたら、すき家は、前原誠司剛力彩芽の下の地位を、滝川クリステルが出来るまで、パワーアップ工事中なのかな?。もしかしたら、前原誠司−対−麻生太郎、菅直人−対−安倍晋三の構図かな?、もしかしたら。これが、仕事です。信用貨幣、管理通貨を得る為の。前者に副担任を払って上げなければ、前者と物々交換が成立しないという事かな?。蛇は、異常、狂っている、自分の未来を犯し続けているから。即ち、物々交換が全く、成立しないから、担任崩壊し続けている。))))))

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/AKMN369/20140406/1396770012