Hatena::ブログ(Diary)

ジークス島戦記ロストクロニクル

ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


2018年10月06日(土)

GEOからはじめる異世界生活

…これはちょっと前に実際にあった事なんだが…

丁度、ゲームソフトの特売をGEOでやっていて、30本程積みゲーを増やしたんだよ、全部中古だけど

当然、一度に全部遊べるわけもないけど、遊ぼうと思っても起動の初期設定が結構時間がかかるから、とりあえず初期設定だけは読み込ませようと、30本程全部、初期設定のインストールとちょこっとオープニングと最初冒険あたりまでは全部始めたんだよ、30本分…FPSもあればRPGもあればシミュレーションもあったはず

流石に30本全部インストールだと徹夜とは言わないが深夜までかかった、大抵は数分〜数十分はインストールにかかるから、平行して、SAOの新作や、転スラやゴブリンスレイヤーを録画したのを再生させながらやってた…。

確か、次のキャンペーンシナリオの参考の為に一緒にルーンクエスト設定資料も積んだままになってたのを読んでた筈…。

どうやらゲームインストール中でどうやら寝てしまったらしい。

で、人間の脳ってのは、夢の中で記憶の再整理をするらしいから、全部ひっくるめて、ゲームマスターは状況判定を夢の中でしたらしい。

気付いたら、異世界召喚させられていた、で、この性格の悪いゲームマスターが判定する世界から召喚されても、まともに会話も成り立たないし、スキルも持ってない、当然ステータス画面が開くわけでもなく、一般人ステータス召喚されたらしい…完全に詰んだ

生きて現実世界に戻りたければ、お約束魔王を倒せという、で、装備も何も、召喚者のスキル目当てで召喚しているらしく自分中年おっさんの『ハズレ』だったらしく、単なる捨て駒にもならないから、そのまま野垂死にしろと来たもんだ、うまく魔王を倒せたら現実世界に戻れるかもしれないが、その役目はあんたではないだろうと、着の身着のまま放り出された。

スキルがないのに何で、魔王を倒せば現実世界に戻れるとわかったかは良くはわからないが、たぶん、召喚者の王族スキルなんだろう…。

そっから中年おっさん異世界語を仕事下働きから始めて職について、数年、ようやっと言葉を覚えて*1、そっから地道に働いて、ブラック企業顔負けの地獄でむせ返りながらすっかり老人になりかけた頃、ようやく勇者が初期装備で貰うような装備を買いそろえて、魔王に挑むわけだ、当然勝てるわけがない…筈だった。

あと、言葉のわからない国で、身寄りもない状態で生きてくってのは本当に洒落にならない程辛い、接客業営業スキルで生き残るとしても地獄の苦しみで死んだ方がマシだと思えたくらいだけど、死ぬ勇気もなかった、よくあれで生き延びたと思う

結局、このまま異世界で死にたくもないけど、魔法も使えない、剣も振るえるが素人並み、体力は衰えてかろうじて荷物持ちとしてお約束だけは知っている物知り爺さんとして冒険者に付き添って魔王の城まで行ったんだ。

そのまま、魔王軍に挑んだって数名で勝てるわけがない、もともと捨て駒暗殺者冒険者の役目だ、英雄として正面切って挑めるわけでもない

さて、殆ど詰みかけている状況でどうやって魔王を討つか…だが、そこは幸運が味方?したのだろうか、先代の魔王勇者に討伐されて、魔王軍は事実上崩壊し、魔王軍も次代の魔王継承された直後だった、それも次世代候補同士がほぼ相打ちで内乱で潰しあって、魔王と名乗っていたのが継承権もかなり下位の名ばかり魔王幼女の姫だった。

つまりは、召喚された頃の倒すべき魔王は、後から召喚された本物の勇者に討伐されて、魔王軍は崩壊内乱で自滅しかかっている魔王軍を必死に立て直そうと懸命になっているそんな人間達にとっても眼中にないかってにくたばるだろうと思ってる辺境の忘れ去ってる存在に、これまた忘れ去られた存在異世界で野垂死にしたくないが為だけに、誰も望んでいない暗殺を企てたって事になる。

幼女魔王は実際そこには部下もおらず、信念と先代の志*2だけはあったけど、魔王ってのも殆ど自称ゴブリン位、いや普通幼女位の能力しかなかったと思う。*3

で、さすがに他の冒険者幼女魔王境遇とその状況に剣を振るうのを躊躇っていた、ここで剣を振るえば、恐らく自分達の方が悪者になるくらいの親を討たれた復讐にかなわぬ望みにすがる幼女を斬り殺すのは躊躇われたんだろう。

…で、自分はというと、『自分現実世界に帰りたいがためだけに』、その幼女に剣を突き立て、息の根を止めた。

その苦悶の表情と自分死ぬ理解できない理解したくないその目から生気が抜けてくのと、剣から伝わってくる肉と骨を砕く感触は忘れられない。

召喚された者は、役目を終えればステータス記憶をうしなって現実世界に戻るという。

朝、恐ろしいくらいの寝汗をかいて、苦悶の表情をたぶん浮かべてうめき声で目を覚ますと、いつものベッドで心配されて起こされていた。

最初、どっちが本当の世界現実世界なのか混乱したくらいだ、冷静に考えてそんな異世界召喚がある筈もない。

記憶を失う筈なのに記憶が残っているのも変な話だが、そもそもどれが真実でどれが夢なのかも最初判断がつかなかった。

もし、同じ異世界召喚経験してみたいなら、30本位ゲームを買ってその日のうちに全部最初だけ遊んで寝落ちすれば、もしかすると、異世界召喚に巻き込まれる夢を見れるかもしれない、ありえないだろうけど本当に異世界召喚として意識が飛ぶかもしれない…。

…ただ、私はお勧めしない、異世界召喚はこのブラック企業が巷に跳梁跋扈する世界よりもっと酷かった、二度と行きたくはない。

現実世界クソゲーだとは言うが、異世界よりはマシだったよ…笑えないわ…。*4 しかし、夢落ちにしても、ここまで整合性のある夢を見ると、一瞬、どっちが現実かわからなくなるってのは、夢にしてはよくできてた…とういうか夢で本当に良かった。おそらく次世代VRや脳に直接電気信号的に送るような未来仕様だとこういう錯誤も起こすのかもしれない。

それと、今回はルーンクエストを読んでたからまだ、マシだったのかもしれない、私は、CoC*5を読みながら積みゲーインストールをしながらの寝落ちだけは絶対やめようと心に決めた…生きて帰れる気がまったくしないから

…ただ、今生きている筈の現実ってのが、本当は仮想現実で、こっちで寿命を迎えたら、あの地獄のような異世界が待ってるなんて現実は本当に勘弁願いたい。

異世界もの意思疎通簡単に出来ないと話にならないけど、夢の中では意思疎通に本当に苦労したからもう、あれをもう一度やれと言われたら本気でトラウマになると思う。

たぶん、トラックにはねられても、不慮の死や過労死しても、神様は出てこないし、異世界語はしゃべられない、ライトノベルみたいなイージーモードの展開は待っていないので、実際には安易異世界召喚には応じない方がいいと思うよ(笑)*6

*1意思疎通が出来ないという事は、牛や馬などの家畜と同様に扱われるという事を意味する、そこから、Yes、Noなどの意思表示を覚えて、関連する単語を覚えて片言でもまず名詞を覚える、そっから文法は状況からなんとなく把握していくんだが… それを望まない雇用主もいる場合もあるから言葉を覚えさせた方が便利な存在だと思われないと、その時点で正直、ゲームオーバーになる、その恐怖を感じながら生きていくほぼ奴隷みたいな生活を夢としてであっても、夢の中では現実と受け止めている状況ってのは、なかなかにすさまじいものがある、こちらが日本語いくらしゃべっても相手外国語を聴いているようでまったく理解できないが、ある程度、相手も同じように日本語簡単意思疎通部分は理解し始める、問題は、そこで相手が『意思疎通がこの先 言葉理解する事がメリットがある』と思ってくれないと、それ以上は歩み寄ってくれない。 つまりは、英語中国語ロシア語を覚える事が相手メリットがあると思うからこそ覚えてくれるのであって、基本、自分相手言葉を話そうと努力して意思疎通を図るメリット相手にあると思わないと、それ以上は相手が面倒になってしまう、馬や牛を飼育している酪農家は、しぐさや表情や声から意思をある程度は理解できます必要労働が牛や馬で互換できるなら、しゃべる牛や馬が欲しい飼い主と、黙々と馬車馬のように働くしゃべらない動物の方がいい飼い主の場合とでは状況がまるっきり異ってくるので、立ち回りを失敗すると、異世界生活はそこで詰む、それを理解しながら相手の顔色を窺って生活していくってのが相当のストレスとなる…というかなった。さすがに夢の中の話なので、異世界言語体系とか単語とかは目が覚めるとすっかり忘れてた、これで目覚めたとき異世界語で叫んでたりするとかなり真実味があるんだがさすがにそういうことまではなかった…あったらすげー怖い話だけど、というかそこまでシビアに夢の中まで判定すんのかよと、メタ視点では思わなくもないが、そういう判定はどこまでも現実に沿う思考ルーチンしてるからこんな目に合うわけだが…。どんだけGM脳なんですかって話だけれど…。

*2:他の冒険者が話を聞けば、剣を振り下ろすのを躊躇らわれる程、人間側の身勝手で引き起こされた戦争被害者魔王軍側だったというオチまでついた、つまりは召喚スキルを手にした人間側が、せっかくあるスキルを使えば、異世界側は誰も傷つかずに、領地財産も手に入る棚から牡丹餅状態、後は定期的に召喚して『あたり』が出るまで、召喚をし続ければ、誰も『異世界側は困らない』、召喚した人間いくら死のうと知ったこっちゃない、メリットだけしかないおいしい話に手を出したというわけで、そのとばっちり魔王軍は食らってレア勇者にコテンパンにされたという事、ただ、それまでにとんでもない数の、自分みたいなハズレを放り捨てたわけなんだが…まぁ、異世界側にはまったく損失はない話ではある、ガチャでのハズレが自分って認識するのは結構つらいものがあるけどね

*3魔王=最強というテンプレートが、結局、お飾りの総大将として全然強くないのがトップにいるってのは、そうならないと話が詰むというのもあるが、幼女魔王が強いってのを否定するのも、このGMらしい話、たぶんこのGM脳では、魔王だろうと国王だろうと、大して強くないのだろう… やはり戦いは数ですぜ兄貴(謎)

*4日本で毎年8万人が行方不明となるという、そのうちの何%かが異世界召喚されていたとしたら恐ろしい話である

*5:『Call of Cthulhuクトゥルフ神話

*6異世界転生が人間召喚されたとしてこれだから異世界転生で、スライム家畜に転生したら、よっぽどのお約束イージーモードでないと詰む方が自然だろうし… 輪廻転生があるかもだけど、もしかしたら、家畜の中にも転生者がいて、絶望の中、食肉になってる人も実はいるかもしれない…。それはそれでホラーな話だけど、自分運命と結末知ってるってのはかなりの恐怖だが… 家畜の中には自分運命をうっすらと知ってる素振りをする牛とかもいるらしい… もしかして、実はそれ…。