Screw? このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-07-26-Thu

[]袖振り合うも他生の縁 23:59 袖振り合うも他生の縁を含むブックマーク 袖振り合うも他生の縁のブックマークコメント

義父母と久々に食事することになり、どこにするか思案して

比較的行きやすそうなところで候補を2軒にしぼった。

第一候補のAという店に電話をすると女将と思しき人が出た。

「今週末、〇日のお昼に4人で伺いたいのですが、予約できますか?」と訊くと

「はぁ…いつですか?」

「お昼ですか?夜ですか?」

「人数は?」

この人、私の話これっぽっちも聞いてないなぁ…と少しがっかり

「少しお待ちくださいねぇ」としばらく保留音を聞きながら待っていると

再び女将の声で

「お昼は予約無理ですねぇ。名前書いて並んでもらえれば…」の返事。

時間帯を少しずらすことで予約が可能か?を訊くと、

明らかに面倒くさそうな声で「予約の枠、もうないんでね…」とだけ。

諦めてもう一軒にかけてみる。

年齢は破瓜の頃を思い浮かべる人…おそらく大将だろう…が電話に出た。

「〇日のお昼なんですが、席の予約はできますか?」と訊くと

「えぇ。大丈夫ですよ。何時頃来られますか?」から

滞りなく話が済んで、無事に予約をとることができた。

そして「さっきの店に決まらなくってよかったかも?」と少し安堵もした。

+ + + + + 

それとは違う話題ひとつ

とあるゲームのコミュで交流を楽しんでいると、本当に色々な人がいるなぁ…と思う。

情報交換やお互いの叱咤激励、雑談など退屈するいとまがない。

面識のない人たちとのやり取りが多いし、齟齬が生まれることもあれば、

以前から知り合いだったんじゃないか?くらいに意気投合する人もいる。

これもまた、何かしら縁があるのだとしたら本当に嬉しい。


ご無沙汰で何年も会えてない人でも、再会の瞬間から話が盛り上がる人もいれば

毎日顔を突き合わせていてもしっくりしない人もいる。

「袖振り合うも他生の縁」という言葉を思い出した日だった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ALY/20180726

2017-07-02-Sun

[]私の思うボランティアやノーマライゼーションとか。 02:42 私の思うボランティアやノーマライゼーションとか。を含むブックマーク 私の思うボランティアやノーマライゼーションとか。のブックマークコメント

昨今話題になっているLCCの話題*1を通じて、ふと気がついたことを書いてみる。例の件はあくまでもきっかけであり、その話をここで展開する気はない。そして考え方やとらえ方は人それぞれだと思うし、優劣や正誤をつけようというものでもないので、くれぐれも誤解なきよう。

ボランティアや福祉の話題で「いつ自分も同じ状況になるかわからない」「身近な人がいるので」というのが関心をもつきっかけ…というのを少なからず目にする。私は(今はさほど活発に動けていないけれど)ボランティアで手話を学び使う機会があった。しかし、前述のような理由から始めたことではなく、興味や好奇心からだった。外国語を学ぶのと同じように手話を覚えて聴覚障がいがある人たちとも会話がしたい、円滑にコミュニケーションがとれたら楽しいだろうな、さらには友だちが出来たら嬉しいな…といったお気楽なものだった。

手話を学んでいくうちに、ろう者の被差別の歴史やことばの教育口話法や他の会話法が色々あること…日常生活の苦労も知った。そんな過程を経て、ボランティアやノーマライゼーションについて自分なりのスタンスが出来た気がする。

(聴覚)障がいがあることを「特別扱い」や「ハレモノ扱い」するのではなく「ちょっと気にかけとく」。

障がいがあることは、その人の特徴(個性)であって、可哀想なことではない(と思ってる)。なので哀れみで何かすることはない。たとえば歩くのが速い人と遅い人がいて、私が速かったら遅い人と離れてしまわないように気を付けとく…みたいな。

何を手伝ってほしいのか?何に困っているのか?がわからなかったら訊く。

こう書くと当たり前すぎておかしいけれど、どうせ手伝うなら見当違いや的外れなことをするよりは、どうしてあげるのが一番か訊いてそうしてあげるほうがいいと思う。かゆいところをかいてあげるのと一緒。

自分を犠牲にすることはしない。我慢とか辛抱してまで何かをすることはしない。

これはボランティアだから。賃金も発生しなければ見返りもないし、雇用関係でもない。出来る範囲で出来ることだけ。10あるお手伝いを私が独りで10担う必要はない。

私が手伝うことで不便さや苦労が軽減されることがあれば引き受ける。そうでなければ断る。

前述の続きっぽいけど、私の力量を越えてる、あるいは私の手伝いでは解決できなさそうな事なら、その旨を伝えて断る。それはみはなすことではなくて、もっと上手にできる人がいればその人にまかせたほうがいいだろうし、出来もしないことを引き受けて残念なお知らせをするのはお互いにハッピーじゃない。私に多大な期待をされても困る。w

もしかすると、この考え方の中に差しさわりがある部分があるのかもしれないけれど、ボランティアって楽しいことが結構ある、って今まで思ってやってきてるので、まぁこれでいいのかなぁ…と。

*1障碍者の搭乗可否問題

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ALY/20170702

2016-10-10-Mon

[]永遠テーマ17:13 永遠のテーマ?を含むブックマーク 永遠のテーマ?のブックマークコメント

久々にハンバーガーショップドライブスルーを利用した。

セットにアイスティーを注文すると「レモン、ミルク、ストレートどれにしますか?」と訊かれる。紅茶は基本的に何も入れず(無糖で)飲みたいので「なんにもなしで」と頼むけど、ほぼ100%ガムシロップがついてくる。今日もそうだった。「ストレート」とすら言っていないのに。紅茶って「甘い飲み物」なの?ジャ○ティとか午後○紅茶など無糖の紅茶が売られている昨今、そろそろ無糖で飲む人がいることも考慮してもらえないものだろうか?コーヒーには「ブラック」という選択肢があるのに、紅茶にはないの?

「ストレートのガム抜き」というとガム(シロップ)が通じないことがあるので、結局、最低でも「ストレートのシロップなし」と言わなければいけない…ということか。

レモンティーでもミルクティーでもシロップ入りのストレートティーでもない、まったく何も入れていない一番シンプルな紅茶を頼むのに一番シンプルに伝える方法ってないんだろうか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ALY/20161010

2016-07-02-Sat

[]麦茶と夏とヤカン。〜オサレ実用性のハザマで〜 20:36 麦茶と夏とヤカン。〜オサレと実用性のハザマで〜を含むブックマーク 麦茶と夏とヤカン。〜オサレと実用性のハザマで〜のブックマークコメント

今朝、情報番組占いコーナーで「ラッキーアイテムは麦茶」って言ってた。

そもそもソレ系の占いって放送作家がテキトーに書いてるとかそうでないとか…って説もあるし鵜呑みにするわけじゃないけど、アイテムのお手軽さに乗っかって出勤途中のコンビニで麦茶を買い、職場半日飲んでいた。普段は緑茶ばかりだったから、久しぶりに飲むと思っていたより美味しかった。暑かったからなおさらだったのかもしれない。

あー、麦茶いいかも。夏って麦茶だよね。

部活のあと、汗をぬぐいもせずに水筒からラッパ飲みして、零れた分が汗に混じって首すじをつたっていくような…そんな夏の風物詩。…と学生時代に思いを馳せたり。まぁ私は思いっきり文化部だったけどね。

仕事から帰る道すがら「よーし、麦茶を沸かそう!しばらく麦茶ライフだ!」…と思ったけれど、わが家のヤカンは麦茶向きではなくて早速気をそがれた。ウチにあるのは、雰囲気だけで買ってずっと使わずに押入れで眠っている琺瑯のケトルだけだ。

違うんだよなぁ…麦茶には、アルマイトやステンレスの…野球部とかサッカー部のマネージャーが重たそうに運んでくるアレじゃなきゃ。工藤夕貴が「お湯をかける少女*1で持ってたアレだよ…っていうと逆にわかりにくくなっちゃうからやめた方がいい?

私は「普通のヤカン」が欲しくなった。どうしても、だ。

早速ホームセンターに行って2L弱のヤカンを買った。母が嫌がって実家では使ったことがなかった笛吹きケトルにした。オシャレ度は高くないけど、油揚げの油抜きや肉や魚の下ごしらえもこっちのほうが断然使い勝手がいいはず。これからはどんどん活躍してもらおう。

途中で麦茶パックも買ってさっきから麦茶を沸かしては冷まし、冷蔵庫にたくさん麦茶のストックをして独りほくそ笑んだ。

冬支度ならぬ「夏じたく」かな。夏は苦手だけど、ちょっとだけwelcomeな気持ちになった。

…あ、麦茶傷みやすいから来週からはこまめに沸かさなくちゃ。

*1:もし思い出せた人は今度私とハイタッチハグしよう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ALY/20160702

2016-01-27-Wed

[]nutteその後 07:28 nutteその後を含むブックマーク nutteその後のブックマークコメント

縫製マッチングプラットフォーム”nutte”を利用してリメイクを依頼した話の後半。

サービスの流れとしては、

  1. やって欲しいことを書く(依頼)
  2. 「やってもいいよ」という職人リクエストを出す
  3. 依頼主が誰に頼むか決める
  4. 商談成立(代金を運営に送金)
  5. 洋服(あるいは生地)を運営経由で送る
  6. お仕事
  7. 出来上がったものが運営経由で戻ってくる
  8. 運営側から職人さんに支払い(1割くらい手数料取られるぽい)

運営会社を経由する分、往復で1〜2日余分にかかる。その代わり、双方の名前や住所など個人情報漏れない*1

今回こちらの要望欄は「マメな連絡や相談にのっていただける方」と書いたのだけど、まさに適った方だった。とても連絡がマメでいろいろなリメイク法を提示してくれたり丁寧なアドバイスをしてくれたので本当に安心してお願いできた。

後で気がついたのは、こちらが発送したパッケージが最後まで利用される(私→運営→職人→運営→私)ので、ある程度丈夫で余裕のあるものがいいと思った。

仕上がりは素晴らしく本当に満足いくものだった。感謝することしきり。

これからも機会があれば積極的にサービスを利用しようと思った。

*1:逆に個人間取引をしてしまうとマッチングプラットフォームの存在意義がなくなるので禁止事項でもある

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ALY/20160127

2016-01-09-Sat

[]nutteを利用してみた。 13:18 nutteを利用してみた。を含むブックマーク nutteを利用してみた。のブックマークコメント

リメイクして着やすくしたいなーと思う洋服があったので、“nutte”*1というマッチングプラットフォーム登録してみた。

「縫って欲しい」側からサイトの使い勝手感想を思いつくまま書いてみようと思う。

トップページ
やわらかないい感じの表紙。ハンドメイドや物を大切にしたいと思う雰囲気が伝わるというか。機能的には、完全に「作って欲しい」と「作ります」側は分化して、まずは表紙でどっちかをクリック→次のページで項目を選べればいいと思う。
メッセージDM
縫製職人さんに直接送れるDMと依頼内容についての質疑応答欄が独立している。依頼(受託件数が多い場合は便利かもしれないが、どこから送ればいいのか?どこを見ればいいのか?がわかりにくい。前のメッセージを読み返したい場合も「あれ?どこから送ったっけ?」となりそう。もらったDMにワンクリックで返信できるのは普通にメールフォームとして使いやすいので、相手の返信にRe:がついてたほうがさらにわかりやすいと思う。
プロフィール
作って欲しい人用のプロフマイページ)と縫製職人さんのそれは全く別物でいいと思う。おそらく滅多なことでない限り、縫って欲しい人が「縫いますよ」とは言わないから。自己紹介欄も、舞台衣装や販売作品など一定量のオーダーがあれば書きやすいけど、たまたま一着作って欲しいとか少しのお直しをして欲しいだけの場合、書くことに困ってしまう。
マイページ
これもプロフィールと同様、どちらか片方でいい気がする。「依頼したお仕事」と「応募したお仕事」が両方あって、さらにそれを一元管理したい人っていたとしてもごく少数だと思うのだけど。
金額設定
5,000〜10,000円が最低額。マッチングプラットフォームというサービスが介在する以上、仕方ないのかもしれないけれど、もうひとつ下の設定(3,000〜5,000円とか?)があってもいいかなぁ…と思った。忙しくて近所のリフォーム屋さんになかなか足を運べないとか、そういった人が簡単なお直しを頼みたいというニーズにも応えられると思う。(そうすると依頼が多すぎて煩雑になるのかなぁ?)
依頼内容
これは空欄を埋めていくだけなので比較的書きやすかった。ただ、職人さんが持ってて欲しい機材(○○ミシン)の種類は素人にはよくわからない。
応募が届いてから
複数応募が来た場合の参考にしたい紹介文(の場所)がわかりにくい。職人一覧のプロフィールとは別に、応募したものに対してのコメントがあることに気づいたのは依頼先を決めた後だった。

そうとう文句言ってる感じだけど、サービスとしてはすごくいいと思うし気に入ってるので期待値が大きいってことでゆるしてもらえると嬉しい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ALY/20160109

2016-01-07-Thu

[]年始の雑感。 17:31 年始の雑感。を含むブックマーク 年始の雑感。のブックマークコメント

もう一週間も経ってしまったけれど、思いついた時に書いておく。

  1. はてダ(つまりココ)をもう少し更新していく
  2. ダイエット(ワークアウト)再開
  3. 部屋を片付けたい
  4. いろいろシンプルにしたい

はてダの更新は、SNSの難しさ(自分が思う面倒くささ)と少し距離をおいて、ココで好きなことをつらつら書いていければいいかな…と思ってる。誰もが同じ流れのなかにいるSNSと違って自分のペースで書けるし、残念ではあるけれど「イヤなら読まなくていいよ」と言える。

ダイエット。これはINGRESSの活動も含めて、もう少し前のめりにウォーキングしたい。食事については検討中特定の何かをたくさん食べたり全く摂取しないようにとかはしないと思う。バランス食のほうがストレス低いのを経験上わかってるしね。

「部屋の片付け」は宣言のチカラ。正月明け(というか実家から戻ってから)の部屋がすごいことになってる。いただき物があふれかえって私の処理能力を越えてる。少しずつ片付けて、もう少し部屋をスッキリさせたい。一年を通して部屋の片づけをテーマにしておけば、プチ意識改革になるかと。

もやーっとした4つめの「いろいろシンプルに」は、断捨離でもあり、これから買うものについてもひと呼吸おいて考えるようにしたい。欲しいものを我慢するのではなく「なんとなく」で買うものを減らしていければ…的な延長にスッキリがあるんだろうなーという感じ。

[]深呼吸をする。 16:58 深呼吸をする。を含むブックマーク 深呼吸をする。のブックマークコメント

昨日は久しぶりにキツイなぁ…と思う一日だった。

ひと晩経って、自分よりハイスペックな人からバッシングは仕方ないよなーと思えるまでに落ち着いた。

自分がこれまでに学び知りえたことでも「一般的ではない」だけで間違いと等しい扱いをされることに衝撃を受けた。つまり、本来の「正しいか?間違いか?」が問題ではなく、支持の多寡によって決まるということ。たとえ地球がまわっていても天動説は正しいんだ、と。なんだそれ。

天動説(と地動説)を例えにするのはどうかと思ったものの、気持ちの落としどころを見つける助けになった。地が動いていることを「理解できない」のではなく「理解しようとしない」「信じようとしない」相手には、どれだけ説いても無駄な気がした。

「知るは一時の恥、知らぬは一生の恥」というけれど、そもそも恥の概念がない人は「知らないことは恥ずかしい」とも思わないわけで。余計な老婆心は持たないほうが身のためだ。あ、そもそも老婆心が余計なことか。頭痛が痛いと一緒だね。あーこりゃこりゃ。

実のところ、コトの正誤よりも尊敬していた人たちに自分の意見否定されたことが一番ショックだった。皆わたしよりハイスペックな人だし、人望もありファンも多くあこがれる部分もいっぱいある。そういう人たちから自分に向けられた「キチンと説明の出来ないことは意見するな」というのは冷静に考えればありがたい叱咤なのに、パニックになって理解するまで時間がかかってしまった。反省

一方で、嬉しいこともあった。拙い説明ではあったものの、私の意見を「間違ってないよ」「正しいと思うけど?」と言ってくれる人もいた。方法は間違ってたかもしれないけれど、私の知見は間違いではなかったようだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ALY/20160107

2016-01-06-Wed

[]ソーシャルネットって難しい。 15:32 ソーシャルネットって難しい。を含むブックマーク ソーシャルネットって難しい。のブックマークコメント

SNSって色々やってきたけど、難しいなぁ…と思う。

mixiの頃は足跡つけたら何かコメント書けと言われ、書いたら書いたでそのことに文句言われたり。facebookになって足跡を気にしなくてよくなったかと思いきや「いいね!」をつけてもつけなくてもケチがつく。

言いたいことを言えばそう思わない人から反論されて、そのことについて議論してるうちはいいけど、いつの間にか表現方法が気に入らないとか態度がどうとか、お題はそっちのけの感情論になってたりして。じゃぁ日々の食事くらいなら…と載せてみれば「毎日毎日飽きもせず食事の写真載せて。こちとら見たくもないのに」と言われ。

結局、何書いても何載せても文句言われるんだ。

愚痴をこぼせば「気が滅入ることしか書かない」「チラシの裏に書け」と言われますよ?

それならば!と気持ちを奮い立たせて楽しいことや気持ちがあがるようなこと、うっかり日々是感謝みたいなことを書けば「ハイカロリー」とか揶揄されます。

ネットにおいては「沈黙は金」なのかなぁ…と思う。ホント

物書きかカリスマ性のある文章をつむげる人でない限り、たいてい叩かれる気がする。

つまらないことや取るに足らないこと書いたって赦してくれるようなぬるいフィールドがもう少しあってもいいんじゃないかなぁ…と思うのだけど。あらゆる角度で叩かれすぎてる私みたいなのは切に願いながらこうして独りごちるしかない。

ホントいろいろごめんなさい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ALY/20160106

2015-12-24-Thu

[]先見の明 17:52 先見の明を含むブックマーク 先見の明のブックマークコメント

周りの人たちがとうに見切りをつけて離れた人に対して、私は「別の角度から見たらまた違うかもしれない」「これから何か変化が起こるかもしれない」と様子を見ていた。

しかしながら、人の性格や育ちはそうそう簡単に変わるものでもなく。もちろん人のことだけあげつらうつもりはなく自分だって同様だと思う。

少し距離を置こう…そう思った時に、みんなには「先見の明があったのかな?」と思った。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ALY/20151224

2015-10-15-Thu

[]判断力 18:50 判断力を含むブックマーク 判断力のブックマークコメント

一年経つ前に日記を書こうという思いに至った。とるにたらないことでも、書いておいたら何かの糧になるかもしれない。ならなくても想い出。

+++++

時おり知人のブログのぞく

そんな時はたいてい、自分が迷っている時か立ち止まっている時のような気がする。

昔と違って巡回するのは片手に余るほどだけれど、それぞれの日常悲喜こもごもの日々を眺めては、自分の気持ちを仕切りなおすような感じ。

落ち込んでいる時ってどうしても自分を過小評価したり、どうして私ばかりこんなイヤな目に遭うの?!と思ったりするけれど、当たり前にみんな楽しいこともイヤなこともあるんだ…ってわかるとツキモノが落ちたように?俯いていた自分が前を向けるようになる。

+++++

「考えればわかることでしょう!」というセリフがある。

単純明快に答えが出せる(出ている)こと。

とある問題に対して、私は答えが出ていた。

なのに、それを断言できない不安から「みなさんはどうですか?」と訊いた*1ら予想に反して少数派のほうが声高だったばかりに、私は混乱してしまった。

知人に「正しいものは正しい、間違いは間違い。多寡で決めずにダメなものはダメと自分で判断しよう」と言われて我に返った。

そうだよね。自分で判断できることだったよ。

+++++

自分で判断できることなのに、否定される怖さに臆病になりすぎてた。

判断に迷った時は、なくしかけてる自信を取り戻すことから始めよう。

*1:観測範囲を広げることで確証を得たかった…と一応言い訳してみる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ALY/20151015