office ARIGATO

2021-01-01

会社概要

| 23:07

officeARIGATO (合同会社オフィスアリガト)


映画監督・伊藤有紀の個人事務所です。


〒834-0031 福岡県八女市本町60番地

TEL / FAX 0943-24-9595 

info@officearigato.com


facebook

f:id:ARIGATO0814:20110924094340j:image

代表/伊藤 有紀 (いとう ゆうき)

三重県桑名市多度町生まれ。日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業。日本大学大学院芸術学研究科修士課程修了。助監督として映像業界入りし、その後フリーのディレクターに。旅番組のロケが縁で東京から福岡に移住。長編ドキュメンタリー映画「まちや紳士録」「人情噺の福団治」(ともに制作:グループ現代)を完成させる。日本映画監督協会会員。

facebook

f:id:ARIGATO0814:20151228184758j:image

副代表・経理/伊藤 寛美 (いとう ひろみ)

福岡県糟屋郡粕屋町生まれ。中村学園大学短期大学部食物栄養科卒業。福岡で初めて夜間の託児を開始した博多どろんこ保育園栄養士として20年勤務。現在はオフィスアリガトの色々アシスト係として活動しながら、絵本の販売読み聞かせ食育に関わる活動に携わる。

facebook

2020-01-01

事業内容

| 22:20

【1】映画の制作・宣伝・配給・上映

◇『人情噺の福団治』

2016/パートカラー/71分/監督・伊藤有紀


大阪落語家、四代目・桂福団治師匠ドキュメンタリー

落語の枠を超えて、普遍的な《人間》を見つめた作品。


〜「人情噺の福団治」九州先行上映〜

KBCシネマ(福岡県2016年11/5(土)〜11/11(金)

別府ブルーバード劇場(大分県2016年11/12(土)〜11/18(金)

○ガーデンズシネマ(鹿児島県2017年1/2(月)〜

以降、全国の劇場で随時公開予定

D

f:id:ARIGATO0814:20160818172234j:image:mediumf:id:ARIGATO0814:20161020220727j:image:medium

映画「人情噺の福団治」公式ホームページ / facebookページ / Twitter

********************************************

◇『まちや紳士録

2013/パートカラー/88分/監督・伊藤有紀


福岡県八女市福島地区で町並み保存に取り組む人々を追った

ドキュメンタリー。観る者に《生きることの本質》を問いかける。


「まちや紳士録」上映料 5万円(税込)

併せて監督の講演をご希望の場合は交通費を、また遠方で宿泊が必要な場合は宿泊費をお付けください。

D

f:id:ARIGATO0814:20151008174951p:image:medium f:id:ARIGATO0814:20151008174935j:image:medium

まちや紳士録公式ホームページ / facebookページ / Twitter

f:id:ARIGATO0814:20160215232616j:image

※上の二作品の自主上映主催をご希望の方は、下記までご連絡ください。

担当直通 090-9396-5038 / info@officearigato.com


【2】映像制作

映像の演出・脚本・撮影・編集と幅広く請け負わせていただきます。

制作意図・予算によって、柔軟に形にして参ります。

まずはお気軽にご相談ください。

D

D

企画:月桂冠/制作:グループ現代/監督・伊藤有紀


〜その他演出歴(フリーランス時代含む)〜

東京都北ケーブルTV連続ドラマ「商店街探偵キタ」

東京都北区 新中央図書館紹介VTR「赤レンガ物語」

CSスカパー!ch759 旅バラエティ番組「イケメンノリダース」

インターネットのショップ番組「楽天ランキングTV」

・中銀グループ様VP

株式会社ジェイライブ様 セルDVD用ショートムービー「町を歩けば」

筑後地域雇用創造協議会様「九州ちくご元気計画」メイキング映像

まちづくりネット八女様「講演映像アーカイブ」 他


【3】講演・執筆・映画学校

0歳〜18歳までを三重県、18歳〜29歳までを東京で過ごし、都会の生活に

疑問を持ち福岡県に移住。福岡での暮らしは8年目になります。

福岡で暮らすようになってから出会った言葉があります。


「本当の田舎者とは、田舎に住んでいることじゃない。

 自分の暮らす場所に何もないと思っている人のことだ。

 だから東京にも田舎者はたくさんいる」


自分の人生に一本、芯が通った気がしました。

そんな「この時代に地方で生きること」に関するテーマから、

映画に関する事まで、硬軟織り交ぜて講演・執筆いたします。


また、ここ数年、同じ三重県出身の先輩・瀬木直貴監督が

運営されている映画学校に講師として参加させていただいており、

勉強中の身ではありますが「教える」ことを少しずつ始めております。

自分の場合「一緒に映画を作る」と言った方が良いかも。

映画の奥深さ・難しさ・楽しさを、参加者さんと一緒に経験させて

いただきます。映画学校を開催してみたい、という個人・団体様

おられましたら、お気軽にご相談ください。

f:id:ARIGATO0814:20151214053037j:image

f:id:ARIGATO0814:20150902125738p:image

f:id:ARIGATO0814:20161120155632j:image

2016-11-21

「人情噺の福団治」福岡・別府公開おわりました!

| 14:19

福岡KBCシネマ11/5〜11/11、別府ブルーバード劇場11/12〜11/18、

おかげさまで無事終えることができました。ありがとうございました。

次は来年1/2〜鹿児島県のガーデンズシネマさんです。

引き続き、よろしくお願いいたします!

f:id:ARIGATO0814:20161121141814j:image

f:id:ARIGATO0814:20161121141812j:image

f:id:ARIGATO0814:20161121141810j:image

f:id:ARIGATO0814:20161121141939j:image

f:id:ARIGATO0814:20161121141938j:image

f:id:ARIGATO0814:20161121141940j:image

f:id:ARIGATO0814:20161121141936j:image

f:id:ARIGATO0814:20161121142054j:image

2016-11-19

僕らは映画と旅に出る vol.15 【農業】

| 04:15


映画づくりは農業みたいなものだと思っている。

頭で作るというより、身体で作る感覚だ。

もちろん頭も身体の一部であり、厳密に分けることなどできない。

しかし「身体知」というか、頭から腰にグーッと落とし込んで、

鍬を振り下ろすように僕は映画を作っている。


だからか、僕の作品は、映画にオシャレさや遊び心を

一番に求める方々からはあまり評判が良くない。

それ以前に観に来てさえもらえないことも多い

(騙されたと思って一度どうぞ)。


確かにこうして自分の作品のビジュアルを貼り付けても、

土のこびりついた歪な形の人参や大根にしか見えない。

ウディ・アレンの映画みたいに、センス良くオシャレな世界に

連れていってはもらえない(ウディ・アレンは好きですが…)。


でも、僕の映画を良いと言ってくださる方々もいて、

どんな方々かはここには書かないけれど、その方々を見ていると

少し誇らしくなってくる。その方々を通して、

自分は間違ってなかったと安心させていただき、

これからも滋養たっぷりの歪な野菜を作り続けようと決意を新たにする。

(あ、観客としては添加物まみれのジャンクフードも好きなんですけどね)


※※※※※※※※※※※※※※※※

【映画「人情噺の福団治」九州先行公開情報】

KBCシネマ(福岡県

11/5(土)〜11(金)連日朝10時より1回

別府ブルーバード劇場(大分県

11/12(土)〜18(金)上映時間・回数は劇場にご確認ください

※12日夜13日昼・監督舞台挨拶あり

○ガーデンズシネマ(鹿児島県

2017年1/2(月)〜

f:id:ARIGATO0814:20161120041539j:image

2016-11-16

僕らは映画と旅に出る vol.14 【流儀】

| 12:06

※記事の著作権に関しては何卒ご容赦ください


写真は 西日本新聞さん/毎日新聞さん/朝日新聞さん/ぐらんざさん

(順不同)


その他、映画招待券のプレゼント応募やイベント紹介で

掲載してくださった新聞社さんフリーペーパーさん。

ラジオはFM八女さん、コミュニティラジオ天神さん。

福岡別府公開が迫っていますがまだこれから予定して

くださっているメディア各社さん(また後日書きますね)。

コラボしてくださっているナチュ村さん。

あだち珈琲さん他協賛してくださった皆さんなどなど(書き切れません)。


今回、予算的な問題で急遽、うちの会社オフィスアリガトで

宣伝・配給協力をしていくことになり、自己資金をかき集め、

しかもやったことない分野で戦々恐々としていました。

しかしながら、よちよちとでも腹をくくって動くことで、

誰かが応えてくださったり、ご縁のあった方が

ご紹介くださったりと、なんとか少しずつ進むことができています。


事前に作品を観てくださった記者さんの心が動いて、

それが取材につながったと感じられる時は、本当に

監督冥利に尽きます。ともかく覚悟を決めて動かないと

何も始まらないのだな、と実感しています。


自分たちの拠点は福岡であり、他県であればその土地に

住み込んでのPR...とまではなかなか厳しいですが、

「その劇場にかけてもらえる」と決まったら、自分たちなりの

予算・時間をきっちり組んで、重箱の隅をつつきながら

作品のPRにあたる。

決めてしまうにはまだ早いかもしれませんが、

それが自分たちの流儀かな?と思っています。

f:id:ARIGATO0814:20161116120121j:image

f:id:ARIGATO0814:20161116120123j:image

f:id:ARIGATO0814:20161116120130j:image

f:id:ARIGATO0814:20161116120119j:image

f:id:ARIGATO0814:20161116120125j:image