office ARIGATO

2021-01-01

会社概要

| 23:07

officeARIGATO (合同会社オフィスアリガト)


映画監督・伊藤有紀の個人事務所です。


〒834-0031 福岡県八女市本町235番地5 西棟

TEL / FAX 0943-24-9595 

info@officearigato.com

f:id:ARIGATO0814:20151031125958j:image

代表/伊藤 有紀 (いとう ゆうき)

三重県桑名市多度町生まれ。日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業。日本大学大学院芸術学研究科修士課程修了。助監督として映像業界入りし、その後フリーのディレクターに。旅番組のロケが縁で東京から福岡に移住。長編ドキュメンタリー映画「まちや紳士録」「人情噺の福団治」(ともに制作:グループ現代)を完成させる。日本映画監督協会会員。

2020-01-01

事業内容

| 22:20

伊藤有紀監督作品

◇『人情噺の福団治』

2016/パートカラー/71分/監督・伊藤有紀

大阪落語家、四代目・桂福団治師匠ドキュメンタリー

落語の枠を超えて、普遍的な《人間》を見つめた作品。

f:id:ARIGATO0814:20170707112810p:image

〜「人情噺の福団治」大阪公開〜※終了済

シネヌーヴォX大阪府2018年2月3日(土)〜2月23日(金)

2/3(土)〜2/9(金)12:00 スタート

2/10(土)〜2/16(金)19:30 スタート

2/17(土)〜2/23(金)12:30 スタート

料金:一般1700円、学生1400円、シニア1100円、会員1000円

シネ・ヌーヴォX

地下鉄中央線九条駅」6号出口徒歩3分

阪神なんば線九条駅」3番出口徒歩2分

TEL06-6582-1416

www.cinenouveau.com


〜「人情噺の福団治」広島公開〜※終了済

横川シネマ広島県

期間:2017年11/15(水)〜11/22(水)

連日朝10時〜のモーニングショー公開

関係者舞台挨拶予定


〜「人情噺の福団治」横浜公開〜※終了済

横浜シネマリン神奈川県

期間:2017年10/7(土)〜10/20(金)

連日朝10時30分〜のモーニングショー公開

10/7・10/8に監督・プロデューサー来場


〜「人情噺の福団治」名古屋東京公開〜※終了済

シネマスコーレ愛知県

期間:2017年6/24(土)〜7/14(金)

時間:6/24〜3010:20〜11:50

7/1〜710:20〜11:3515:00〜16:15

7/8〜1410:40〜11:55

以下の回に監督が舞台挨拶に参ります!

6/24(土)→10:20〜の回

7/1(土)→10:20〜/15:00〜の回

7/2〜7→15:00〜の回


アップリンク渋谷東京都

2017.9.2(土)〜2017.9.15(金)

時間:モーニングショー

※上映期間中にゲストあり

※監督、関係者による舞台挨拶あり


〜「人情噺の福団治」九州先行公開〜※終了済

KBCシネマ(福岡県2016年11/5(土)〜11/11(金)

別府ブルーバード劇場(大分県2016年11/12(土)〜11/18(金)

○ガーデンズシネマ(鹿児島県2017年1/2(月)〜1/8(日)


D

映画「人情噺の福団治」公式ホームページ / facebookページ / Twitter

自主上映主催をご希望の方は、下記までご連絡ください。

担当直通 090-5949-8786 / info@officearigato.com

********************************************

◇『まちや紳士録

2013/パートカラー/88分/監督・伊藤有紀

福岡県八女市福島地区で白壁の町並み保存に取り組む人々を追った

ドキュメンタリー。観る者に《生きることの本質》を問いかける。

f:id:ARIGATO0814:20151008174951p:image

f:id:ARIGATO0814:20150405022222j:image:small


D

まちや紳士録公式ホームページ / facebookページ / Twitter

f:id:ARIGATO0814:20160215232616j:image

自主上映主催をご希望の方は、下記までご連絡ください。

担当直通 090-5949-8786 / info@officearigato.com

2018-07-11

ブラックボックス

| 13:15

午前9時起床。


朝食は、パンと、トマトとキュウリのサラダと冷汁

前夜のW杯ベルギーVSフランス戦を朝方まで見ていたため

寝不足で、二度寝。昼頃起き、シャワー。


フランスのエムバペ、間違いなく才能あるのだろうが、

10代で百億以上の金を手にし、フィールド上ではあのしたたかさである。

マンチェスターユナイテッドの監督だったアレックス・ファーガソン

ならなんと言うだろうか。実力も知名度もある先達が、厳しくも

あたたかく諌めてやらないと、あたら若い才能を早枯れさせる

ことになりはしないか。


午後、ドトールでYさんと会談

地域での映画製作についてや、映画のよもやま談義をする。


Yさんと話していて感じたことは、

「地域での映画製作を、プロ側だけのブラックボックス

入れてはいけないのでは…」ということである。

都市部の映画製作会社が主体となり、地方ロケで作られる作品なら

別に構わないだろう。地方は基本、ロケ地として協力するだけだから。


しかし、「地域発」「地域と連携して」「地域の人々の想いから」

と謳っている作品が、内実は従来通りのやり方では、それは

地域の人々に対して、また観客に対して、ある種の裏切りのような

気がしなくもない。

「この映画は皆さんの町の皆さんの映画です。ついてはいくら

かかります。みんなで集めましょう」

必死に予算を集めて、撮影間近になるとプロがやってきて、

「あとはプロに任せて。皆さんは予算の足りない分を集めてください」

では、やはりちょっと寂しい。


確かに、映画製作は専門的な経験・技術・知識集合体で、

各分野に習熟したプロがギリギリのところで現場を進めている。

内容のことは、プロを信頼するのが一番であるということに異論はない。

せっかく作る映画のクオリティは絶対に下げたくはない。


ただ、そのプロが雇えているのは地域側が必死に集めた予算であり、

地域側が雇い主とも言える。この場合、映画製作をプロだけの

ブラックボックスに入れてしまうのは、やはり違う気がする。


最初にプロ側が予算を決め込んで、予算ありきで地域で製作する

のではなく、地域の人々と予算策定から密にやりとりし、

そうして決まった予算規模と乖離しない内容・クオリティを見定め、

製作に入るのが良いかもしれない。

映画製作をブラックボックスに入れることでクオリティを担保する

のではなく、とことん話し合って、理解を深め合いながら、

一本の作品を作る。この予算規模ならここまでやれる、

などと話し合いながら。


夕食は妻と桐乃家。

僕はカツ丼セット(カツ丼とミニうどん)。妻はキツネうどん

カツを2切れ妻にあげる。


その後、一人コメダへ。ノートPCを持ち込み、新作映画への

英語字幕貼り付け作業を進める。


伊藤 有紀

f:id:ARIGATO0814:20161121142054j:image

2018-07-10

我が家に神が来た。

| 12:26

過日のこと。

家で寝間着のまま仕事をしていたら、ピンポンとチャイムが。

出てみると、ご近所の男衆お二人が立っていた。


「今しがた、伊藤さんが神様のクジで次の座元に選ばれたんで、

祇園さん(近所の祇園神社)までちょっと出てこれます?」

「…は?」

「座(ざ)っちゅうて、昔から町の中で回しとるんですわ」

「…わ、わかりました、ともかく、ちょっと着替えていいですか?」

男衆について祇園さんに行くと、いつもは閉じられている神殿

開放されていて、中には正装の宮司さんはじめ、ご年配の町の重鎮たち。

神前には立派なお供物の数々、殿中には雅楽がうっすらと流れている。

「…」「ささ、どうぞ」と促されるまま宮司さんの前へ。

榊を渡され、ご神前に供えて二礼二拍手一礼。展開が早すぎ、

夢の中にいるような心持ちである。


無精髭、寝間着に毛の生えたような格好でキョトンと座ってると、

御幣の付いた竹(写真参照)が差し出された。

この竹に神様が宿り、座元は一年後、次の座元に回すまで、

自宅にてこれを大切に預かるのが役目だという。

祇園さんの御祭神素戔嗚尊。僕の地元の三重県にある

伊勢神宮の御祭神天照大神で、素戔嗚尊天照大神の弟にあたるそうだ。

ご縁を感じたことを告白しておく)


帰宅し、とりあえず我が家の簡易神棚に神様を設置。

ほけーっと神様を眺めていたら、家の前でバチ!バチ!と

何かを叩く音がする。ドキドキしながら薄く玄関を開けると、

町の重鎮や男衆の皆さん、その奥さん子どもさんらが、腰に縄を巻いて、

竹の棒で家の前の地面をバチ!バチ!と叩いておられた。


皆さん「ああ、先ほどはどうも」

私「ど、どうも。あの、これは…」

皆さん「ははは、これはまた別の儀式で、縁起もんです。それでは」


と、去って行かれた。

不謹慎かもしれないが、なんだか楽しかった。

八女に暮らして7年目になるが、本当に奥の深い町だと思う。

そんなわけで、我が家に神が来た。


伊藤 有紀

f:id:ARIGATO0814:20180713122633j:image

2018-07-09

味の薄い雑炊、味の濃いお吸物

| 18:53

午前8時半起床。


朝食は、雑炊とお吸物。

味の薄い雑炊を、味の濃いお吸物がカバーしていた。


仕事に出る妻を見送り、二度寝

昼頃目覚め、風呂。「アレックス・ファーガソン自伝」を

読み進める。

風呂から上がり、昨日買ったサニーデイ・サービスのライブ盤を

かけて、少し踊る。つくづく良いレコードである。


午後、車で筑後市コメダ珈琲店へ。

ノートPCを開き、外付けHDDをセットし、編集ソフトを立ち上げ、

新作映画に英語字幕を貼り付ける作業を進める。

コメダは電源コンセントがあり、エアコンも効いていて、

単価は高いが出てくるものにボリュームがあり、

ノマドワーカーには有り難い存在。

今日も長居させてもらい、全体の6割ほどを終える。


帰って、妻と会社の打ち合わせをし、就寝。


伊藤 有紀

f:id:ARIGATO0814:20180710185301j:image