Hatena::ブログ(Diary)

エンキドゥセンター

ENKIDU'S CENTRE // Photo & Text by Nise-acacia-no-Hayashi
 

2015-07-30

早稲田

f:id:AbHayashi:20150730170034j:image:w640
早稲田大学 大隈講堂

 早稲田大学で「写真家としてのル・コルビュジエ」を観覧。
 家庭用ムービーキャメラによるコマ撮りスチルショットの発掘展示。
 あえかに流れ去る時をさりげなくすくい取るような軽やかでいて確かなまなざし。
 客船や水上飛行機のメカニック被写体の切り取りの巧みさが印象に残る。

 赤絵の陶磁器の展示も観覧。
 柿右衛門を特徴づける赤絵を引き立たせる独特の不透明感のある白地は、なるほど効果のある特徴的な技巧だと感じた。
 時代や地域を異にする中国の古陶の、それぞれの味を見比べるのが面白かった。

2015-07-28

乱歩忌

f:id:AbHayashi:20150728202823j:image:w640
池袋 旧 江戸川乱歩邸(幻影城) (現 立教大学 江戸川乱歩記念大衆文化研究センター)

 没後50年の乱歩忌。
 多磨墓地へお墓まいり。
 池袋乱歩旧邸を訪ねる。

2015-07-25

銀座・深川

f:id:AbHayashi:20150725190708j:image:w640
深川

 銀座ナガサワギャラリー須田一政の写真展「Rei」および同氏初期作品の展示を観覧。
 ショーウインドーマネキンたちに会いに早朝の銀座表参道へ通い続けたここ数年の妄念が結晶した新作。
 1970年代の初期作品にイデオロギー的言説の退潮した時代の空気を感じるのは私の勝手な解釈か。
 ありふれた街角にありえない不思議の入り口を見出す幻想の力。

 深川アンドーギャラリーで笹井青依の個展「Salix」を観覧。
 あいまいな中間色の空を背景に風にそよぐ立木を描いた油彩画。うごめく風の存在が濃厚に感じられる。
 どこかしら不穏な気配が今の気分に響きあう思いがする。
 作品の題名にはモチーフとなった植物の名前が即物的に付けられている。

 日も暮れて隅田川の花火を見に行く人の流れとすれ違う。歩いていると花火の煙も流れてくる。

2015-07-22

部屋

f:id:AbHayashi:20150722210454j:image:w640

 前に藤沢に遊びに行ったとき、たった数千円の値札が付いていたので買って来た中古のジッツオの小型三脚がある。
 細身の脚と二段伸ばしのセンターポールが軽い力のネジできっちり締まる、造りの良い工業製品。だけど1本の脚の付け根にガタがきている。
 このまま補助的にライトスタンドかなんかで使うか、きっちり修理して使うか、なんとなく扱いを決めかねたまま。

2015-07-21

f:id:AbHayashi:20150721192957j:image:w640

 夕暮れどき、北の空に雲が広がる。むこうの雲の下では夕立か。
 遠花火を見る。こちらまで雲が広がることもなく、夕立も降らなかった。