Hatena::ブログ(Diary)

Abrklv2010の日記

2016-10-19

シドニー!

村上春樹シドニーオリンピック観戦記です。

シドニー! (ワラビー熱血篇) (文春文庫)

シドニー! (ワラビー熱血篇) (文春文庫)

シドニー! (コアラ純情篇) (文春文庫)

シドニー! (コアラ純情篇) (文春文庫)

文庫版だと二冊に分かれていますが、ハードカバー時には一冊の本でした。

なので、割高に感じます。

内容はまさしくオリンピック観戦記なのですが、そこはさすがの村上春樹

旅行記としても、エッセイとしても読める作品になっています。

改めて読むと、マラソン競技にこんなにも傾倒した内容だったかと驚きました。

金メダルを取った高橋尚子もそうですが、

男子マラソン犬伏孝行をじっくりと追いかけたルポにもなっています。

メダルに及ばなかった選手をこれだけじっくり追いかけてるのは、新鮮な印象です。

ただ、そのためなのか全般的に地味な感じは否めません。

まあ、当人もあまりオリンピックに興味がない中で書き進めた作品なので止むを得ずかもしれません。

2016-10-17

Mac不安ちゃん

みずしな孝之が雑誌 mac funに連載していた漫画です。

Mac不安ちゃん

Mac不安ちゃん

1話完結で読みやすいのですが、何より作者のmac愛が感じられます。

作者の他のエッセイマンガでも度々Macへの愛は触れられていたので、どんなものかとおもいましたが、筋金入りですね。

連載期間が長期に及んでいるので、iPhone販売前からのファンの不安な気持ち、期待感が描かれるなど資料的な価値もあります。

私も当時は日本へのローカライズはいつになるのか?販売するキャリアはどこなのか?と色々やきもきしていたことを思い出しました。

そういったワクワクも、意外と忘れがちですね。

みずしなファンアップルファンガジェットファンなら楽しいのではないでしょうか。

ドロヘドロ 21巻(ネタバレあり)


ドロヘドロ 21 (BIC COMICS IKKI)

ドロヘドロ 21 (BIC COMICS IKKI)

ドロヘドロ待望の最新刊です。

10話と魔のおまけ(巻末おまけ漫画)付きで、非常にボリューミーに感じます。

話もかなり進展があります。

カイマンとニカイドウ以外はあまり主人公側という描写はない漫画ですが、

今回の煙の復活はかなり熱い展開でした。やはり煙がいないとだな!と改めて認識しました。

カイマンの正体も明らかになり、ラスボスも明らかになったので、あとはこのままクライマックスですね。

次巻で最終巻でしょうか?

ともあれ、来年になるだろう22巻の発売が今から楽しみです。

2016-10-12

LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵

前作が旅に日常生活に生きる様々なチップスを盛り込んだ良作だったので、続編となる本作も読む予定でしたがおり良くKindle Unlimitedの対象となっていたので発売当日にダウンロード

想像通り非常に楽しめました。これが読めただけでもKindle Unlimitedの元が取れたとさえおもいました。

特に気に入ったのはSPI BELT LARGEとair SUP 81SLでした。

特に前者は購入に至るほどでした。旅行時だけでなく、日常の散歩時にも役立ちます。最近携帯が巨大化していますので、手ぶら散歩にはうってつけです。

そして後者は最近SUPを経験したこともあり、家に置いておける大きさの折りたたみSUP ということで興味津々です。

前作から引き続いて紹介されている商品もありますが、ほとんどは新たな商品が勧められています。

でも、全般的なスタンスは変わってないかもです。

氏のファンなら当然おすすめですし、そうでなくてもガジェット好きなら読んで損なしです。

最後に紹介されているインフレータブルハウス、とても興味があります。

どこかで実物見れるのでしょうか。

2016-10-11

キングソロモンの秘宝 1、2

午後のロードショーで鑑賞。

ロマンシング・アドベンチャー キングソロモンの秘宝

シャロンストーンのヒロイン役とジェリーゴールドスミスのBGMで有名なこの作品。

全く期待せずに見たこともあり、思いの外楽しめました。

必然性や説得力のないストーリー展開など、観る人を選ぶ作品ではありますが、インディージョーンズの能天気な模倣作品としてみれば、十分かとおもいます。

当時はこの手のインディージョーンズフォロワーが多かったのでしょうか。

機会があれば調べて見たいとおもいます。

キングソロモンの秘宝2です。

前作に比しても適当度が増しています。

邦題のキングソロモンの秘宝は全く関係ないですね。

黄金都市に到着するまでの罠も誰を対象としたのかわからない謎のものですね。

適当な「アフリカ描写といい、今なら問題になるレベルです。

しかし、その適当度合いも楽しめる余裕を持ってみれば悪くない時間が過ごせるかもです。

2016-10-10

ニューヨーク コントDVD

お笑い芸人 ニューヨークコントライブDVDになっていたので見てみました。

爽やかなジャケット写真とは裏腹に、いつものニューヨークらしい毒と偏見に満ちた珠玉のコント集です。

特に見たかった卒業アルバムのコントも収録されており、大満足です。

特典として、二人の居酒屋トークや相席居酒屋に行き女性を口説けるかを追ったミニコーナーが収録されています。

二人のコントに興味を持った人なら是非見て欲しいDVDです。

もっとTVで見たい二人ですね。有吉の壁でも結構活躍するので、バラエティでも普通に面白いと思うのですが。

みずしな孝之 うわの空チュートリアル

みずしな孝之の作品も全巻Kindle Unlimitedの対象となっている作品がありました。

サボテンキャンパスは私が初めて氏を認識した作品でした。

最初の方は普通の学生生活漫画でしたが、後半、各キャラの個性が立ってくると、現実離れをしたギャグ漫画になってきます。

テイストの違いはあるものの、後半のノリは現在まで繋がるみずしな孝之の作風が出ていて、氏のファンなら必読と思います。

うわの空チュートリアルは氏が所属する劇団、うわの空でのエピソードを綴るエッセイコミックです。

劇団うわの空については、同氏の別作品いい電子にて度々出てきましたが、まさか独立した作品も出ていると知りませんでした。

劇団の公演の裏側等分かるのでなかなか楽しめました。

札幌公演の話がお気に入りです。旅情を感じます。

Connection: close