Hatena::ブログ(Diary)

AkabekoFilm制作日誌

2015-01-21

5.10(Five Ten) キャンプフォー

| 22:01

7年ほど履いたガルモントのトレッキングブーツ、ソールがばっくりと剥がれてしまった。よく持ちこたえたと思うが、山靴がないと不便なので探すことに。

最近はあまり標高の高い夏山に登る機会がなく、また日帰りなので荷物も軽い。少しでも天気予報が悪いと出かけないので雨の中を歩くこともない。なので軽めの靴がいいなと思っていた。カテゴリで言うとアプローチシューズやトレイルランニングシューズ。

ゴアテックスブーティなら雨でも安心のような気がしていたが、数年でゴアに穴が開くことが良くあるらしい。そうなると、水は浸みるくせに蒸れる最悪の靴になる。ゴアを使った靴は大きく重くなるし。ということで非ゴアが条件。軽い靴がいいのでローカット、これも条件。

トレランシューズは種類が豊富、しかしいかにもランニング用といったデザインが多く、山ではいいが街履きにはちょっと抵抗あり。アプローチシューズのほうが山靴っぽいし落ち着いたデザインが多いので、5.10キャンプフォーを選んだ。

ソールは爪先と踵にステルスC4、残りにS1を使ってあり、かなりグリップする。意外に固いソールで、アスファルトを歩くと足裏にポコポコと振動が伝わる。まだ山で履いてはいないが、岩場の多い山にでも行ってみようと思う。

f:id:AkabekoFilm:20141122113107j:image:w360

2015-01-12

ASUS MeMO Pad 7(ME176C)

| 21:54

初代iPadを数年使い続けていたが、iOSアプリの更新もできなくなりSafariもよく落ちるようになってきた。代替タブレットを探していたが、結局ME176Cに。

まず検討したのがサイズ。iPadの10インチは過剰な気がしていたので7インチに絞った。次はOS。選択肢が少ないWindowsは除外。iOS機器はどれも高価。Androidに決定。

7インチのAndroidタブレットのうち、価格が手頃なNEXUS7、ME176Cが候補として残った。スペックはNEXUS7が上だが、ネットでレビュを見てもME176Cは負けていない。勝ってるわけでもないが。コストパフォーマンスでは勝ってるかも。最後の決め手はMicroSDスロット。ME176Cの内蔵メモリは32GBだが、MicroSDで64GBまでは追加可能。さらにUSBホストとしてSDカードリーダやUSBメモリも使える。読み込みだけでなく書き出しもできる。拡張性でME176Cに決定した。

f:id:AkabekoFilm:20150121214317j:image:w360

ディスプレイはFHDではないがわりときれい。GPS受信機能と電子コンパスについての酷評が多いが、あまり使わないので気にしていない。カメラは背面と前面にあるが画質はそれなり。メモ程度にしか使えないだろう。Intelチップによるアプリ動作の非互換が懸念されているようだが、今のところ不具合なし。動画再生もMX Playerで快適。

初代iPadから400g軽量化したので寝ながら使ってるとき顔面直撃しても痛くない。

2015-01-07

ハードディスク故障からの復旧(3)

| 21:47

Cドライブクリーンアップの結果なのかInternet ExplolerやSNSログイン情報が消えていたが、Chromeの履歴はなぜか残っていた。動作は快調。Windows起動も心なしか早い気がする。比較対象がHDD寿命間近の状態なので当てにはならないかもしれないが。

故障のHDD不良セクタパーティション分割し未使用にし、ケースに入れて外部HDDとして再利用する予定。あまり重要なファイルは格納しておけないが、作業用として使えることを期待している。

f:id:AkabekoFilm:20150121213923j:image:w360

2015-01-06

ハードディスク故障からの復旧(2)

| 21:46

PCをシャットダウンしバッテリを外す。故障の現HDDを外し新HDD換装。バッテリ装着、電源投入。無事Windows起動。ログイン成功。

f:id:AkabekoFilm:20141211212956j:image:w360

ログイン後、新HDDドライバインストールが自動的に始まり、正常終了。デスクトップは元通り。アクティベート済だったソフトウェアも、何もせず起動できた。

HDD容量が増えたので、クローンの新HDDには300GB以上の未使用領域がある。元のHDDは500GBのCドライブと50GBのDドライブが切られていたが、システム領域のCドライブはバックアップしやすいようサイズを縮小し、データ領域のDドライブを拡張するつもりでいた。換装した新HDDパーティションは次の順。

  • システム領域[15GB]
  • C[515GB]
  • D[50GB]
  • リカバリ領域[50GB]
  • 未使用[300GB]

作業順は次のとおり。

Cドライブのクリーンアップで200GBほど縮小できた。次いでリカバリ領域の削除。この時点でのパーティション

  • システム領域[15GB]
  • C[315GB]
  • 未使用[200GB]
  • D[50GB]
  • 未使用[350GB]

このままではCドライブ以外を一まとめにできないのでDドライブも削除。

  • システム領域[15GB]
  • C[315GB]
  • 未使用[600GB]

未使用領域をDドライブに割り当てて、パーティション変更完了。

2015-01-05

ハードディスク故障からの復旧(1)

| 21:41

PCのHDDから警告が。「ハードディスクの問題が検出されました」と。

警告ダイアログが初めて表示される暫く前から、動作が遅くなったと感じてはいた。警告が出てからは動作遅延が顕著になり、警告も頻繁に表示されるようになった。

まずはWindowsのシステムバックアップUSB接続外部HDDに作成。HDDが死にかけているからか、一晩かかった。次いでリカバリDVD作成。HDDがダメになったら保存されているリカバリ領域も当然ながら使えない。

バックアップ等が終わったところで、本当にHDD故障の予兆なのか調べた。チェックディスクの結果は「問題なし」。しかし警告の頻度は上がり、30分間隔に。次はCrystalDiskInfoで検査したところ異常を発見。HDD交換は不可避となった。

交換手段については次の方法を検討。

f:id:AkabekoFilm:20141209203059j:image:w360

かろうじてWindowsが起動している今ならクローン作成だろう、ということで、早速Easeus Todo Backup無料版をダウンロードインストール。そして換装HDDHDDケースを購入。HDDは速度より信頼性重視でWESTERN DIGITALのRed。2.5インチSATA、9.5mm、1TB。

Easeus Todo Backupでクローン作成前に少しでも中身を軽量化しようとCドライブのクリーンアップをしたが、故障しているHDDだからなのか一向に終わる気配なし。キャンセルしてクローン作成開始。

HDDが650GB、新HDDが1TBなのでクローニングと同時にパーティションを変更しようかとも思ったが、クローン作成に失敗するかもしれないことと現HDDの寿命がいつ来るのかわからないため諦めてHDD換装後にやることにする。クローン作成は5時間半で完了。

Connection: close