Hatena::ブログ(Diary)

日がな一日ラらラら日記はーてなっ! このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-10-09

[][]「黒猫は星の夢を見ない…」を楽しく見る為に

 まだ物語が何を目指しているのかははっきりとは分かりませんが、「突然壊れる現実」を突き付けられた蘇芳・パヴリチェンコという少女が、周囲から始まった崩壊が自分の身に及び、大人、あるいは契約者になっていく過程で、それでも自分の「夢」を見失わずに「答え」を見つけられるか、そこに注目していきたいとは思っています。

 とりあえず、「DARKER THAN BLACK -流星の双子-」を見て思った事を纏めてみた。

DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1) [DVD]

DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1) [DVD]

DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1)(Blu-ray Disc)

DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1)(Blu-ray Disc)

流れ星〜願望機として〜

 さて、第1期第12話「壁の中、なくしたものを取り戻すとき… 後編」のこの台詞を覚えているでしょうか。

「流れ星っていうのはね、神様が天の蓋を開けた時に漏れる光なんだ。

だから、その時に願い事をすれば、神様に聞き届けてもらえるんだよ。」

 幼少時と現在の黒<ヘイ>さんの世界が比較される、このセリフはきっと重要。

幼少時の黒<ヘイ>さんの世界「流れ星−神様」
現在の黒<ヘイ>さんの世界「流星の欠片−ゲート」

 この関係を、「願いを叶える」という文脈で、「流れ星=流星の欠片」の線を等号で繋げると、「神様=ゲート」と導かれるので、「黒の契約者」を深く読み解きたい人は、このアナロジーは覚えておくといいんじゃないかな。(えらそう)

http://d.hatena.ne.jp/AlfLaylawaLayla/20070623

 多分誰も覚えていないと思うので、第1期を見ていた時に書いた記事をまるまる引用してみました。恐らく、大枠ではこのアナロジーが第2期、「流星の双子」でもそのまま当てはまる筈ですね。

 今話で初めて出て来た「流星核(?)」というのが、何なのかは分かりませんが、その形状や名称から考えると、第1期で出て来た「流星の欠片」と、懸け離れたものでもないでしょう。念の為に繰り返しますが、上の引用でも書いているように、「流星の欠片」というのは、本物の空の「流れ星」と対応していて、同じ「願望機」としての性格を持っていました。で、今話イントロで出て来たように、パヴリチェンコ父子も「願望機」としての「流れ星」について言及していました。

「パパ、流れ星が消える前に願い事を三回唱えると、その願いが叶うって本当?」(蘇芳・パヴリチェンコ)

 というワケで、まあ「流星核(?)」とやらも、似たようなものでしょう。

払い終えた対価〜蘇芳の対価とは姉〜

 紫苑・パヴリチェンコが「払い終えた」といった「対価」ですが、基本的には、対価というのは、使った後に払う「後払い」であり、「前払い」で払う場合は、黒の妹である「白」や、猫やアミダブ・カプールがそうであったように、「自分の体」の喪失で対価を支払った場合しか確認出されていません。

「時間だよ、パパ。対価は払い終えたんだ。」(紫苑・パヴリチェンコ)

 しかし、紫苑・パヴリチェンコは「自分の体」を失ってはおらず、失ったのは右目だけです。それはちょっと足らない気がします。

 ところで、第1期の時にもしつこく書いてましたが、私は、契約者の「対価」というのは「人間性の喪失」の代償行為として捉えています。その為、「対価を支払い終える」という状況は、取り戻すべき「人間性」、またはそれに相当する「何か」が無くなった場合に限られます。(多分)

 そう考えれば、紫苑・パヴリチェンコが払った対価として最も有力なのは、「自分の肉体」に相当するモノ、つまりは双子の姉、「蘇芳・パヴリチェンコ」に他ならないのでしょう。どういう形で支払ったのかは知らないけどね。

 或いは、逆に、蘇芳・パヴリチェンコ自身が契約者で、蘇芳が支払った対価こそが「紫苑・パヴリチェンコ」という事もあり得ますけどね。たとえば、黒さんの場合は、妹が「自分の体」を支払った事で、黒さん自身は「対価」を払うことなく(実際はそういうワケでもないんだけど)、能力を使えまくるというのもありますし、「黒と白の兄妹」と「蘇芳と紫苑の姉弟」というのも、微妙に交差しているようで、これも結構ありえるかも。

夢〜幼年期の終わり〜

 「夢を見ること」と「夢から醒める」事、これが一つには「大人になること」を意味している事は間違い無い。そしてもう一つが「」「契約者になること」、これも多分間違っていない筈。でも、残酷にそれらを要求してくる「突然壊れる現実」に対して頭を垂れるのが正解か……というと、恐らくそれは必ずしも正しくはない。

 「流星の欠片」がニックさんやアンバーさんの願い・夢を叶えてくれたように、願望機としての「流星核(?)」とやらが、存在する以上は何らかの形で「夢」は叶う。それは間違いない。同時に、願った全ての「夢」は叶わない、これも間違い無い。何しろ現実は厳しいから。

 だって、「契約者になって変わってしまったターニャや紫苑」、「死んでしまった父親」、それらが全て丸く収まるワケ、ないじゃないですか。

まとめ〜蘇芳・パヴリチェンコ〜

 とりあえず、第1話の段階で私が考えられるのはこれぐらいかな。

 他にも、蘇芳の持ってるカメラが黒の天体望遠鏡に当たるだろうとか、いくつかネタはあるけれど、ま、そゆことで。

微妙に役に立つSunithaの第1期「DARKER THAN BLACK 黒の契約者」の感想はこちらで読めます。

次回予告

 何かよく分からないけど、DARKER THAN BLACKで色々酷い目に遭いそうな蘇芳・パヴリチェンコは可愛いと思います!(バカ)

DARKER THAN BLACK-黒の契約者- Blu-ray BOX

DARKER THAN BLACK-黒の契約者- Blu-ray BOX

DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 9(最終巻) [DVD]

DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 9(最終巻) [DVD]

ikkifikkif 2009/10/11 00:27 福岡では放送していないので見れませんでした。
是非福岡でも放送してください。

ikkifikkif 2009/10/11 00:27 福岡では放送していないので見れませんでした。
是非福岡でも放送してください。

AlfLaylawaLaylaAlfLaylawaLayla 2009/10/11 07:20  これは陰謀じゃよー!(挨拶)

 あー、ホントに放送エリアが軒並み狭まってますねー。
 みんな水樹さんの出ていないアニメがそんなに嫌いなんでしょうか。とりあえず、多少の事に目を瞑ればネットで見つかりますよ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close