Hatena::ブログ(Diary)

美食のブラックホール

2011-04-06

花よりグランヴァン

| 09:47 |

カプリス (Capris) 大阪 東三国

東三国の「カプリス」でワイン会です。桜もは八分咲きですが、ワインは満開でした!www

昨晩のワイン

■Champagne MAXIME BLIN (シャンパーニュ・マクシム・ブラン)

f:id:Algorithm:20110406094543j:image

f:id:Algorithm:20110406094542j:image

ピノノアール主体のシャンパーニュはベリーの香りと、確りとした酸味が特徴の素晴らしい味わいのシャンパーニュでした。プロローグに相応しい爽やかな味わいです。


■Vosne Romanee Les Chaumes, Jean Tardy2003(ヴォーヌ・ロマネ・レ・ショーム、ジャン・タルディ)

f:id:Algorithm:20110406094623j:image

f:id:Algorithm:20110406094622j:image

シェフ秘蔵のバーガンディです。ピノノアールの持つ濃厚でバランスの味わいは料理にも高いレベルでマリアージュし、時間がたつと更に華やかさを増してくるご機嫌なグランヴァンでした。


■Chateau Latour 1976(シャトー・ラトゥール1976年)

f:id:Algorithm:20110406094703j:image

f:id:Algorithm:20110406095019j:image

これは私の秘蔵ワインです。多くを語る必要の無いほど、完璧に熟成したシャトー・ラトゥールは圧倒的な存在感です。ブーケとアロマのバランスも完璧。時間がたつほど華麗さを増してくる究極のクラレットに一同言葉を失いました。35年を経てもまだ若さを失わず、あと20年以上にわたり熟成し続ける怪物ラトゥールでした。

やはり1985年以前のボルドーは、次元の違う味わいのグランヴァンでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Algorithm/20110406/1302050830