Hatena::ブログ(Diary)

Alzirr Blog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-09-21

インターネットマンションのLANをカスタマイズ

いま住んでいるところは所謂インターネットマンションというやつで、各部屋にコンセントやTVアンテナ線と一緒に有線LANポートがあります。その先はどうなっているかというと、LAN配線が一か所に集められ、上流の幹線と一緒にHUBに繋がっています。

製品でいうと、パナソニック電工のマルチメディアポートというのになります。

幹線の先はマンションの集合ルータにおそらく繋がっていて、LAN機器を繋ぐとDHCPでローカルIPアドレスを取得してくれます。LAN機器の追加も簡単ですし、各部屋のLANポートの先にHUBを接続すればさらに多くのLAN機器を接続できるのでとても便利です。ただ少し不満が出てきました。


ギガビット対応していない

集合の元HUBが100BASE-TXなので、自宅内LANは全部100Mbps接続になります。このマルチメディアポート用のギガビット対応HUB、WTJ8501というのも最近出ましたが、価格が高すぎです。


外部からのアクセスができない

ローカルIPアドレスが割り当てられますので、当然外部からのアクセスはマンション内のルータで遮断される為、接続できません。部屋にルータを設置し、PPPoEで接続すればグローバルIPがルータのWAN側に付くので外部からはアクセスできるようになりますが、その部屋のLAN機器のみ、という制限が出ますし、他の部屋からそのルータの向こうにある機器への接続がルータをまたぐため不便になってしまいます。


標準HUBの代わりに無線LANルータを使う

そこでマルチメディアポート内で使われている100BASE-TXのHUBの代わりに無線LANルータを使用することにします。設置するルータはBUGGALOのWZR-HP-G300NH。LAN側がGbitになっているので各部屋がGbitで接続されることになります。

f:id:Alzirr:20090921084840j:image

こんな感じでHUBに繋がっているLANケーブルを抜き、壁の中からケーブルを少し引き出して長くし、左側へ出しました。マルチメディアポートのカバーには、サイドに切り欠きがあってそれを取れば外へケーブルを出すことができます。幹線をルータのWAN側に、各部屋の支線をLAN側に繋ぎます。


f:id:Alzirr:20090921084841j:image

最終的にはこんな感じに。ルータは壁掛け設置しています。本当はHUBを外してしまって、マルチメディアポート内にルータを入れてしまえばいいんですが、熱的に心配なのと、無線LANも使うので出来るだけ開けた場所がいいということで外に設置しました。これ実は、トイレの中なんです(笑)。トイレでiPhoneにはもってこいですね!ちょっと不格好ですが、これで各部屋Gbit対応、上流はグローバルIPアドレス1個で外部からのアクセスもルータで自由に制御可能、という形にもってくることができました。無線LANの電波も良好で、ベランダに出ても余裕で届きます。



ぴーしー西谷ぴーしー西谷 2013/10/19 14:01 マンションのお客様宅もありますので、参考になりました
ただ、1Gbpsにこだわらず
アクセスポイントとして使うだけなら各部屋のポートに繋ぐだけで良さそうですね

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Alzirr/20090921/1253492511
Connection: close