Hatena::ブログ(Diary)

Alzirr Blog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-03-04

WD20EARSをシステムHDDとして使う

復旧したと思ったメインPCですが、後日やはりストライピングしているSSDのうち1台が認識しなくなってしまいました。そこで、システムをインストールしているディスクの入替えをすることにしました。候補となったのはIntel X25-MとWS20EARS。

これまでSSDを使っていたので、HDDに戻るのは避けたい。けれどIntelSSDは今年(2010年)末に500GBを超える新しいモデルが出るとの話があります。

いまX25-Mにしたとしても、年末に新しいSSDを入れたときに余ってしまう。なので今回はWS20EARSに決定。新しいSSDが出たときには、H340にてデータ用HDDとして使えますから。

ハードウェアの設置

とくに問題なく。BIOS上で認識。モードをRAIDからAHCIに変更しておきました。

WHSからのリカバリ

一度SSDへのリカバリを行っているので、WHSの復元CDは問題なく動きました。注意すべき点は、全く新しいディスクなのでパーテーションを切りなおす必要があること。インストール時にディスク管理ツールが使えますので、NTFSのシンプルボリュームで100MBと残り全部、2つ切っておきます。100MBのほうはBitLockerに使う領域です。こちらを参考にさせて頂きました。

Power Pack 3 で Windows 7 の バックアップとリストア - 薩摩藩中仙道蕨宿別邸

最初に使うHDDなので、クイックフォーマットではなくて普通の物理フォーマットを選択。これが長い長い。全部で10時間くらいかかってしまいました。

リカバリ後、立ち上げてみると・・・起動しない!WS20EARSは「Advanced Format」という新しい物理フォーマットが選択されているので、そのせいか?

いろいろ試行錯誤するのも考えたんですが、ユーザー領域などはWHSのバックアップからファイル単位で取り出せるので、一度クリーンインストールしてみることにしました。


Windows7のクリーンインストール

一度フォーマットしたので今回はやりません。もう10時間は勘弁してください。無事インストール完了。今度はちゃんと起動しました!ところがまたトラブル発生。スタンバイから復旧する際に、ブルースクリーンになって落ちてしまうのです。

そこでいろいろ調べていると・・・こんなものを発見。

KB977178 - マイクロソフト サポートオンライン

1TBを超えるような大容量HDDのシステムを再開する場合、処理中にタイムアウトしてしまい落ちるとのこと。入れてみることにします。

まだWindowsUpdateに含まれていない修正パッチなので、ダウンロードが凄くややこしかったです。覚え書き。

f:id:Alzirr:20100304112829j:image

使用条件が出てくるので「同意する」をクリック

次、ちょっと詰まりました。そのままだとx86用の修正パッチしか出てこないので、64bit用のパッチを探します。

多分64bit版IE8とかを使ってるとちゃんとx64用バッチが出てくるのかもしれないです。

f:id:Alzirr:20100304112830j:image

開いてx64用パッチが表示されるので、

f:id:Alzirr:20100304112831j:image

送信。するとダウンロード用URLが記載されたメールが届きます。(あぁ面倒・・・)

ダウンロードしたファイルにはさらにパスワードがかかっていますので、届いたメールに記載されたパスワードを入力し、解凍。

これでやっとパッチが手に入りました。2つダウンロードしましたがどちらか一方だけでOKだった記憶。適用してみると・・・スタンバイ復帰でブルースクリーンにならず、正常に復帰するように!素晴らしい!修正パッチでこれだけドンピシャに直った記憶がなく(笑)、今回はMicrosoftを見直しました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Alzirr/20100304/1267670716
Connection: close