Hatena::ブログ(Diary)

Alzirr Blog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-07-29

ライブラリを再構築させないiTunesバックアップ(サーバにライブラリを置いている場合)

システムの入れ替えを行ったので、iTunesの再インストールが必要になりました。音楽やビデオなどのメディアファイル自体はH340上の共有フォルダに置いてあるので、それ自体のバックアップは不要ですが、再インストール後にメディアファイルをiTunesに追加するとライブラリの再構築が結構時間かかるんですよね。iPhoneに写真を同期させていたりすると、そのキャッシュとかもイチからやり直しです。

ライブラリの再構築をせずにiTunesを復旧させる方法です。まずバックアップ前の環境から。

  • H340(共有ファイルサーバ)上のiTunesフォルダをZ:としてネットワークドライブの割り当て
  • iTunes Mediaフォルダの場所を「Z:\iTunes」に
  • 写真ファイル同期もH340上の共有フォルダを指定

この3点です。普段こうしてあるので、iPhoneで利用する音楽やビデオのファイルの実体は、H340上に置いてあることになります。

で、バックアップの方法です。

  • C:\Users\#ユーザーネーム#\Music\iTunes
  • C:\Users\#ユーザーネーム#\AppData\Roaming\Apple Computer
  • C:\Users\#ユーザーネーム#\AppData\Local\Apple Computer

このフォルダ3点を、バックアップ。H340上の共有フォルダにコピーしちゃいます。

Windows7でC:\Usersにユーザーデータを置いている場合になります。他の環境の場合は読み替えてくださいね。


ではOSを再インストール後の復旧です。

H340上のiTunesフォルダをネットワークドライブに割り当て。(この際、ドライブレターは前と同じにしてください)

にiTunesをインストール。

iTunesをいったん起動させて、すぐに終了させる。

するとバックアップしたフォルダパスと同じ場所に、フォルダが出来ているはずですから、さきほどバックアップしたフォルダ3点を上書き。

以上です。iTunesを起動すると・・・全部元通りになっているはずです。お疲れ様でした。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Alzirr/20100729/1280357189
Connection: close