Hatena::ブログ(Diary)

消毒しましょ! RSSフィード

2009-07-16

もう、何から何まで、いちいち嘘くせえんだよwww



自分が女性であるということを強く意識しはじめたのは、結婚してから、正確には子供を妊娠してからでした。


違えだろ。自分が「女性だから損をしている」ということを強く意識しはじめたのが、結婚してから、子供を妊娠してからなんだろ。


子供を妊娠して初めて、私は自分の女性性に対してふくざつな思いを抱くようになりました。


違えだろ。「性の違いで役割や嗜好を決定するという社会的圧力」、すなわち社会規範が女性に強いる役割分担に対してふくざつな思いを抱くようになったんだろ。


「女性だから損をしている」のは、「女性であるということ」の一側面に過ぎない。「性の違いで」「決定」された「役割や嗜好」だって、同じく「女性性」の一部分である。何故、このようなおかしな言い換えをするのだ? いちいち嘘くせえんだよ。


何かの問題を冷静に考えることができるということは、その問題に対する切実さが少ないことを意味しません。


この言い方も回りくどい。ひっくり返せば、「切実な苦しみ」に直面しなければ「何かの問題を冷静に考えること」は出来ないと言っている訳だが、男の向こうを張ってエリート街道を突っ走っていたとき、すなわち「その問題に対する切実さが少な」かったときには、「フェミニズムはヒステリックで、うらみがましい負け犬女性の思想に」しか見えず、「問題を冷静に考えること」すらしなかったくせに、「子供を妊娠して」「家事育児と仕事の二重労働」「きっちり私の肩にかかってきた」途端に「切実な苦しみ」に気付いたという、自分語りの内容には即しているものの、それ以前に、ここには「その問題に対する切実さが少ない」方が物事を「冷静に考えることができる」という前提がある。それがなければ出てこない台詞だ。だからこそ態々それを否定している訳で、「上野千鶴子先生が教鞭をとっていらっしゃ」ったのを横目に「この男女平等の能力主義の世の中で、性の違いに由来する問題なんてあるだろうか、と考えていた私」ならではの発想であるw


「何かの問題を冷静に考えることができるということ」と、「その問題に対する切実さ」の多寡は本来別物である。「切実」に苦しんでいるからといって、「その問題」「冷静に考えることができる」とは限らない。普通は無理である。


要するに、「保育園→公立小学校→私立中高一貫女子校→東大→東大大学院→ポスドク→一部上場食品メーカー」という「『順調』な人生」を送ってきた私でも、そして「女性ですが、定職につき、ある程度の収入を得ているという点では強者」である私にも、「ほかの弱い立場にいる人たちのこと」は理解できるわよお、それが「自分が女性であるということ」なのよお、と上から目線でアピールしているわけだwww


なんたって、ほかの弱い立場にいる人たちのこと」だもんなwww 自分とはほかのwww


何故そこいらの男や女より数万倍も優秀な私が女であるというだけで余計な負担を負わなきゃならないのよ、理不尽じゃないのよと素直に愚痴を垂れればいいのに、歪んだエリート意識が邪魔をして、このような捻くれた物言いになるのであるwww


2009年02月12日pollyanna被言及うーむ。邪推なら邪推でいいから書いてほしかったな


いい機会だから言っておこうかw 以前に盛り上がった「『勉強ができる』という蔑称」とかいう滑稽なエントリについてだw ここにも少し書いたが、


お勉強の出来る奴が周囲のやっかみを受けるのは、まず勉強が出来ることへの尊敬があり、次にそれを素直には認めがたい何らかの要因が存することによって嫉妬に変わるだけの話で、ごく普通にあることだ。が、「蔑みの対象」にまでなってしまうというのは尋常ではない。「蔑み」だよ!? まるで賤民扱いじゃねえかwww 常に学年トップクラスの地位をキープし一流大学に入学し、その後は院へ行って大企業だかどこだかへ進んだ人間が「蔑みの対象」であったというのは、ちょっと異常だろwww


ということである。態々「蔑みの対象」などと綴るのが語るに落ちると言うやつに他ならず、要はこの女の方が勉強の出来ない連中、「体育や音楽でずば抜けた能力をもつ」子を「蔑みの対象」にしていたのであり、だからこそ「いじめられた経験をもっ」たりしてしまうのであるw それが悔しくて自分を被害者に見立てているだけであるw


「『お勉強』の教科に秀でている」と、「それを無邪気に誇りに思うことはできないばかりか、後ろめたいことのようにすら思う」こと自体がエリート意識の裏返しであり、それは今回のエントリにおいても全く同様であるwww 「性の違いで役割や嗜好を決定するという社会的圧力」は、トーダイを出たキャリア女にのみ降りかかってくるものではなく、それを論ずるにあたって自分の学歴や職歴や収入をひけらかす必要は微塵もないwww それを糊塗しようとして、「女性であるということ」だの「女性性」だのと言い換えをしているのであり、それこそが「自分の女性性に対」する「ふくざつな思い」の正体である、ぎゃははwww

Connection: close