Hatena::ブログ(Diary)

消毒しましょ! RSSフィード

2009-07-26

反吐が出た。げろげろげろ。



ぶw 二文節目はおかしいぞこれw 「八百屋で売ってる林檎に置き換えることや、」を省略して読んでみいw


だからオーダーメイドのシステム開発を八百屋で売ってる林檎に置き換えることや、業態として似ているものの注文住宅のようなオーダーメイド製品に置き換えることは、どちらもシステム開発の現実を知らない比喩です。


言っていることは下記のブコメと同じ言い分だ。


takeshiketa si disる内容はよく分かるが、ありがちな誤った比喩をしているためどこまで考えてdisってるのか不明『八百屋にリンゴをくれと言ったら自分で作れ』。SIerが作るシステムはオーダーメードだという前提を忘れている 2009/07/25


「どちらもシステム開発」者の思い上がりを如実に示した頓珍漢なツッコミである。「リンゴ」の話はばかやすおによる「発注側のユーザ企業に変わってもらいたい」だの「基本、SIは自分たちで行い」だのといった要求の図々しさと非現実性を喩えたのであり、「オーダーメイド」であるかプレタポルテであるかは関係ない。それが証拠に、「八百屋」の代わりに「スーツを作ってもらいに仕立て屋に行ったら自分で作れと言われたようなものである」と言い換えても、ばかやすおの発言の馬鹿馬鹿しさは全く解消されない。


要するに自分たちは顧客のニーズを直接汲み取った上でものを作っているんだ、特注品なんだと言って得意げになっているだけだ。とんでもない勘違いである。「オーダーメイド」であったのは顧客がそう望んだからに過ぎず、お前らが偉いわけではない。企業それぞれの業務手順に沿ったものを顧客が欲しがっただけの話であり、そうでない場合にはSAPでも勘定奉行でも良いのである。ERPを導入する際にもカスタマイズしまくるような性向がそうさせているだけであり、まさしく「客からしたら『どんな技術で』『どんな言語で』『どんな手法で』作るかなんてぶっちゃけどうでも良くて出来上がったシステムによって『どのような効果が期待できるのか?』ただそれだけ」である以上、本質的には「オーダーメイド」であるかプレタポルテであるかなど二次的なことなのだ。


このエントリはgeekの思い上がりが透けて見えてくる記述でいっぱいである。


システム開発で期待できる効果はいろいろありますが大きく分けると「プラスが増える」か「マイナスを減らせる」かです。SIerの営業は好景気の時は「プラスが増えますよ〜」と提案し、不景気の時は「マイナスが減りますよ〜」と提案します。
つまりシステムの営業というのはシステムそのものを売るのではなく、それを利用した際の「効果」を売り、客もそこにお金を払うのです。



八百屋の兄ちゃんだって、「美味しいよ〜健康にもいいよ〜」と「提案」しているではないか。八百屋の「営業」だって野菜や果物「そのものを売るのではなく、それを利用した際の『効果』を売り」こんでいるではないか。いったい何が違うというのだ。


もっと具体的に言いますと林檎の場合は「単に林檎が欲しい」とか「何か果物が欲しい」と思って八百屋に行きますよね?住宅も「単に家が欲しい」と思って発注することがほとんどですよね。果物を食べてどうなりたいとか家を建ててどうなりたいと意識的に思う人の方が少ないですよね。
※売る側が差別化を図って「うちの林檎は他のと違って食べるとハイになれます」とか「うちのは他の住宅と違って一年中同じ室温で快適です」と提案営業する場合もありますが、それは売る側の営業手法の違いであって客の発注動機の話とは関係ありません。
でもシステムの場合はまず最初に客側が「もっと売上を上げたい」とか「この辺にかかってる業務コスト(人件費だったり外注費だったり単純に時間コストだったり)を削減したい」という明確な動機が先に立ちます。



「単に林檎が欲しい」だの「単に家が欲しい」だのという物言いは、完全に人を馬鹿にしている。「果物を食べてどうなりたいとか家を建ててどうなりたいと意識的に思う人の方が少ない」なんてことはない。八百屋を訪れた主婦だって「システムの場合」と同様に「もっと美味しいものを食べたい」、住宅展示場を訪れた家族だって「毎月かかってくる電気代を節約したい」「という明確な動機」を持っている。


このような物言いが出来ることこそ、「システム開発」「単に林檎が欲しい」なんて欲求を満たすことより遥かに高級なものであるのだという傲慢な思い込みがある証拠であり、要するに我々はコンピューターという最新機器を操っているのだ、自分たちは「八百屋」なんかより高度な仕事に従事しているのだと勘違いしているのだ。その滑稽な思い上がりは下記の台詞に隠しようもなく表れている。


そしてその目的を達成するためにどうすればいいのかを考え、それをクリアする道具を作って動かすのがSIerの仕事です。


農家のお百姓さんだって全く同じである。彼らだって美味しい林檎を食べたいという顧客の「目的を達成するため」「どうすればいいのかを考え、それをクリアする」農具や肥料を「動か」しているのである。「美味しい」とか「健康に良い」とかいう林檎から得られる効用が、どの製品(=林檎)にも共通しているからといって、すなわちブレタポルテであるからといってそれを貶める一方、自分たちが作っているのはオートクチュールなんだ、だから偉いんだなどと思い込む傲慢さと愚かさには目も当てられない。この傲慢さにおいて、このバカの言っていることは、ばかやすおの「この不景気をきっかけに、発注側のユーザ企業に変わってもらいたい」というバカな発言と何ら変わらない。


反吐が出そうになるバカの思い上がりである。あ、出た。げろげろげろ。


しかしシステムは企業にとって基幹業務に近ければ近いほど「止まればたちまち大損害」な重大なモノなので受注するSIerも去ることながら発注側の担当者(担当部署)にも相当なプレッシャーがかかります。
それはシステムそのものの価格だけの話ではなく期待する効果(売上の増加やコストの削減)も含めた損得が受注側と発注側の責任として重くのしかかるのです。まあ最悪の場合は全部SIerの方に責任が行きSIerの責任者が自殺したりします。



質の良い林檎を出荷するに当たって、お百姓さんには「プレッシャー」など掛からないとでも言うつもりであろうか、げろげろげろ。「期待する効果」生産者であるお百姓さんには「重くのしかか」らないとでも言うつもりであろうか、げろげろげろ。林檎を食べた消費者が食中毒になったりするような「最悪の場合」においても、絶対にお百姓さんは「自殺したり」なんかしないとでも言うつもりであろうか、げろげろげろ。

md2takmd2tak 2009/07/26 18:36 「企業それぞれの業務手順に沿ったものを顧客が欲しがっただけ」→工数の増加→多重下請け(≒多重派遣)という流れなんだけど、わかる?

AntiSepticAntiSeptic 2009/07/26 19:27 分かるかwww 工数が増えたところで人手が要るとだけで、多重下請け構造が形成される原因の説明にはなっていないではないかバカwww それで何かを説明したつもりかタコwww 結局、自分だって分かっていないくせに、エラソーにコメントしてくんなバカwww

md2takmd2tak 2009/07/26 19:34 わかんないだろうから解説したよ。http://d.hatena.ne.jp/md2tak/20090726/1248602216

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

Connection: close