Hatena::ブログ(Diary)

消毒しましょ! RSSフィード

2009-07-26

まったく、おめーらは人のせいにするのが好きだなwww



次々とgeekからトラバが来るのでネタに困らんのだが、まったく連中は他人に責任転嫁するのが好きだなw 前半に取り上げたエントリはばかやすおと同じく問題が解消しないのはユーザーのせいだとしているし、後半は元請けを非難することによって問題から目を逸らしておるw どっちも人に甘えているだけだアホwww


ひがさんは暗にコンプライアンスと「有効需要の原理」の有効性を説いているのだと思う。


ないないないw それはないw ばかやすおは以前からの持論を吹聴したかっただけだwww 「コンプライアンス」とか言ったところで、どーせ多重派遣のことを指しているのであろうが、それと「多重下請け構造」とは別問題。「一番の調整対象は違法な業務形態企業である」などと、まるで監督官庁のお役人にでもなったかのような言い草をしているが、実際にSier業界に違法企業を摘発する動きでもあるのか!? 「有効需要の原理」にしたって、別に総需要の話なんかではなく、雇用調整と「数量調整」と間違えて「SIerの絶対数を調整す」りゃOKなんて言ってんだから笑っちまうwww


IT業界に仕事がなくなっているのは事実であり、需要と供給のバランスをとるのであるならば当然、数量調整を行う。つまり、システムを提供しているSIerの絶対数を調整する必要がある。
そういった場合に一番の調整対象は違法な業務形態企業である。
それでは足りない場合にはシステムの企画・構築・運用まですべて同一SIerが行うことによってSIerの絶対数を調整することになる。



ぷぷw お前わ旧通産省かwww 「需要と供給のバランスをとるのであるならば当然」、再び「IT業界に仕事が」増えてきたときにも「数量調整を行う」必要性があるだろうなあ、現在とは逆の方向でwww で、そんときゃトーゼン「多重下請け構造」は解消されてるんだろうなあ、オイwww


また、安くて良いシステムを構築するにはユーザー企業とSIerの歩み寄りが必要不可欠であるため、そういう意味ではユーザー企業の努力をお願いするのも致し方ないと思う。


まただwww ばかやすおとおんなじだよwww 単なるお客への責任転嫁だwww 一所懸命「安くて良いシステムを構築」しようと努力しているつもりなのだろうが、そのためには「歩み寄りが必要不可欠」だの「ユーザー企業の努力」だの言うのは単なる傲慢だw なんだって、お客が「努力」なんかしなくちゃいけねえんだヨwww


大手が誠実な業界は繁栄を続ける


お次は「大手が誠実な業界は繁栄を続ける」などと元請けを非難して悦に入っとるが、自分が天向かってつばを吐いていることには全く気付いていないw まず、オレの「エントリーを読んで“大手”のやり方に疑問を抱い」く思考回路が理解に苦しむし、「今後数十年の間で世の中からPC関連事業が無くなるなんて事は考えづらい」ことの喩えが「人類がきっと酒を止められないように」であるのもワケワカランwww そりゃ、お前が「酒を止められない」が如くエロゲかギャルゲを止められないだけだろオイwww


今の“大手”と呼ばれる会社のやり方を見ていると「本当にこのままでいいのか?」という疑問を抱かざるを得ないんです。
この業界で働いている方はご存知かと思いますが、
とにかく丸投げ、お役所体質、頭でっかち、「自分は悪くない」、そんな言葉が良く似合う人たちです。



いくら「今の“大手”と呼ばれる会社」「とにかく丸投げ、お役所体質、頭でっかち、『自分は悪くない』、そんな言葉が良く似合う人たち」であったところで、彼らだけの力で「多重下請け構造」が形成されたわけじゃねーだろーがw 「丸投げ」はせいぜい二次請け止まりじゃねいのか? でもその先は二次が三次へ仕事を回して三次が四次へ仕事を回して四次が五次に仕事を回してるんだろーが。じゃあ、それが可能であるのは何故なんだよ? 「勤め先でそこそこ腕に自信のつけた技術者が独立して小規模な会社を作」ったからじゃねーのかよ?


じゃぁ本来の“組織力”、大手ならではの強みって何?と聞かれた時に、果たして彼らが“誠実か”と問われると必ずしもそうではないと思ってしまうんです。


頭がとっ散らかっているwww なんだって「本来の“組織力”、大手ならではの強みって何?と聞かれた時」に重ねて「果たして彼らが“誠実か”と問われ」なきゃいけねえんだよwww それらは別個の問題じゃねーかwww


こんなものは、ただのないものねだりであり、人に「誠実」さを求める自分の傲慢さには都合よく目を瞑っているだけだwww 詰まらん御託を並べる前に、まずわテメーが「誠実」に仕事しろ、もやし野郎www

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。