Hatena::ブログ(Diary)

消毒しましょ! RSSフィード

2009-07-29

「顧客企業自身がどうやって不況を乗り切るか」なんて余計なおせっかいに勤しむ前に、お前自身が自分のバカを乗り切ることを考えろバカwww



おい、なんでオレがお前にものを教えなきゃならんのだwwwオレはお前から聞き出したかったんであって、討論する気もなけりゃ、教える気なんてさらさらねーよ。そんなことしてオレに何の得があるってんだ?いいか、相手の気持ちがわからんとは、そういうことを言うんだョ! メリットのひとつでもありゃ、もっと書いてやるよwww


なんて言ってた奴がまたもやエントリを上げて己のバカを晒すばかりか業界の恥まで晒しているのだから、ことほどかようにバカというものは面白いwww


自分の妄想をまとめてみました。妄想なので誰に何を説こうという気もありませんが、もし気に入ったフレーズがあったら、そこだけお楽しみください。


わざわざ自分の主張を「妄想」であると卑下しているのは、勿論disられたときのために予防線を張っているのであり、自分に対する言い訳でもあるのは明らかw 「誰」がオレを指しているのも明白であり、思う存分「気に入ったフレーズ」「楽し」むことにするwww


近頃のSIerのSEは、コンピュータ技術に関してだいぶ無能で、ユーザ企業にとっては、本当に物を作れる人に遭遇する確率を考えると、何層にも渡って無駄金を落とすになる。ユーザ企業に変わってもらいたいと願うかどうかを問うまでもなく、変われるものなら変わりたいと願っている状況にある企業は、増えるに決まっている(実行できる知恵と勇気を持てるかは別として、ね)。


これは作り手の願望以前に、顧客企業自身がどうやって不況を乗り切るかという話。



「顧客」「どうやって不況を乗り切」ろうとしているのかと言えば、真っ先に優先度の低い投資、すなわちシステム関係予算を削減しているのであり、だからこそ「最近SIerがだいぶヤバくなっている」のであるw 「近頃のSIerのSE」「無能」であるなら、発注先を他のSIerに変えるだけの話で、自分がSIerに「変わりたいと願っている」わきゃあ、ない。「物を作れる人に遭遇する確率」って、そんなに低いのかw いったい世の中どうやって回ってるんだw 「無能」なのは、お前とその周囲の連中のことだろうwww


顧客企業だって、本物のプログラマーに必要最小限のSEが付いているという、必要な頭数だけに限った体制で済ませられるなら、きっとそうしたいはずだ。いつも知らないSEがいっぱい出てきて、毎回同じような会議を繰り返しては、「持ち帰ります」と言われるのに、もううんざりしているんじゃないかな。できるかできないか、推測でもいいから即答してくれたら、来週まで待たなくても次の話に進めるのに。言った言わないでもめるなんて大人気ないことはしないからさぁ、…ってね。
(中略)
繰り返します。
「これは作り手の願望以前に、顧客企業自身がどうやって不況を乗り切るかという話。」



「いつも知らないSEがいっぱい出てきて、毎回同じような会議を繰り返」すようであれば、やっぱり「必要な頭数だけに限った体制で済ま」す他のSIerへ発注先を変えるだけだw ここに書かれていることは「顧客企業自身がどうやって不況を乗り切るかという話」ではない。単に「近頃のSIerのSE」「無能」だということだけだ。「どうやって不況を乗り切るか」なんてことは、このバカが語らなくとも既に「顧客企業自身が」それぞれに必死こいて考えている筈であり、こんな大それた台詞を吐ける相変わらずの思い上がりっぷりには呆れ返るほかない。


で、このところのSIer関連の議論に、なぜか消毒たん(なんだ、その道wwwで有名な人か)が激しく反応。ひがさんの発言と完全矛盾って、確証取ってもいないのに、思い込みで否定したのは軽率すぎた


バカわ日本語が書けないから、何を言っているのかさっぱり分からない。「ひがさんの発言と」何が「完全矛盾」しているというのであろうか。オレはばかやすおの記述そのものが矛盾しているとは書いたのだ。以下の部分である。


完全に論旨が破綻している。既に「モデルが崩れて」んなら、「発注側のユーザ企業に変わってもら」う必要などないではないかwww 何を言ってんだ、こいつわwww gothedistanceが書いていたのは、要するに仕事が減って大変、ということだけである。別に「モデルが崩れ」たわけではない。


既に「モデルが崩れて」んなら、「発注側のユーザ企業に変わってもら」う必要などないのは明らかであるから、「確証」は取れている。これが「思い込み」であるなら、なにがどう「軽率」なのか論証すべきであろうが、勿論このバカにそんな芸当など出来ないことはこれまでのエントリやオレのblogを汚したコメントからも明らかであるw


話は戻って、と。
なので、価値のある技術を持っている人はもっと自分をプロデュースすべき。



これはSIerに向けた文章であり、全然「顧客企業自身がどうやって不況を乗り切るかという話」になってないwww オレをdisったつもりになった時点で、もう自分が何について語っていたのか忘れてしまったようであるwww こう書くとまた何やら下らない言い訳をはじめるに決まっているが、「話は戻って」と書いてしまった以上、無駄であるw このバカが本当は何を書きたいのかが、この矛盾に端的に表れているw 「顧客」のためを思って書いているかのように装いながら、結局は自分のことしか考えていないのである。


で、ユーザ企業には、わからないからと何でもコンサル会社に任せるのではなく、自分の頭で理解して、判断するようにしてもえたらと願う。


これも別に「どうやって不況を乗り切るかという話」ではないw 単に発注するときに気をつけるべき事項を並べているに過ぎないw で、例によってやはり自分が何を言っていたのかは忘却の彼方であるw こいつの言うとおり、「近頃のSIerのSE」「無能」な奴ばかりで、「必要な頭数だけに限った体制」すら整えることが出来ずに「いつも知らないSEがいっぱい出てきて、毎回同じような会議を繰り返」すのならば、ユーザーが取り得る唯一の選択肢は「コンサル会社に任せる」ことしか残ってねえじゃねえかwww 「近頃のSIerのSE」「無能」であることこそが「コンサル会社」の存在意義となっていることに気付けバカwww


あと、客の発注担当者には、読み物として、人月の神話とピープルウェアぐらい、流し読みしておいてもらってもいいかな、と思う。。プログラムが書けるかどうかなんて関係ない本で、システム買う人なら絶対面白い本だから。もちろん、できることなら、プログラミングのチュートリアル本で最初の1章だけでもやって、少し遊んでおいてもらえたら…。


なにをしたり顔で顧客に読書を薦めているのであろうかw なんなんだ、この上から目線わwww そんなものはお前が説明しろバカwww 何が悲しくて発注先から本を読めなどと命令されなければならんのだwww バカでない限りこの辺りの下りを読めば直ぐに気付くように、こいつの言っていることこそ「コンサル会社」の常套文句に他ならないwww このバカは連中を非難しておきながら、自分がしていることだって変わらないことに露ほども気付いていないのであるwww


結局、ここに書かれていることは、ばかやすおの「この不景気をきっかけに、発注側のユーザ企業に変わってもらいたい」と何ら変わるところがない。都合よく自らの努力を放棄した上で顧客が変われば業界も良くなるなどと図々しいことをぬかしているだけである。「これは作り手の願望以前に、顧客企業自身がどうやって不況を乗り切るかという話」などと得意げに吹聴することの滑稽さと自惚れには再度吐き気を催さずにはいられない。書いてあることは全て「作り手の願望」ではないか。それしかないではないか。なんという自堕落、なんという傲慢さであろうか。何か言えば言うほどIT業界に対する不信感が募るだけであることに全く気付いていない。まさに自殺行為と言えよう。


そして、いみじくも「どうやって不況を乗り切るか」という格好つけてみただけの滑稽な台詞が示唆している通り、ばかやすおもこのバカも好況時には問題意識を忘れて現在と同じ状況を繰り返すのは屁をこくより明らかであるwww

A Tricky Shot



a Parthian shot


あーw やっぱり全然分かってねえw 屁をこくのが体調不良に寄るものか習性なのかなんて関係ねえw どちらが原因であってもトイレには行けるだろw 「障害者を連想する」「読み方も十分に可能」であることは否定してねえw いたちに割り当てられたキャラは異物であるにも拘らず「わざわざ異者を特定」することをdisってんだw そおゆう細かいことはどーでもいーんだよw


要するにだな、


「受け容れる」というのは要するに、「自分たちのルールを柔軟に変更する」ということであり、「受け容れる力」というのは「ルールを柔軟に変更しても社会を維持できる余裕」のことだ。余裕のない人を見ているのが悲しいのと同じように、余裕のない社会は、見ていて悲しい。


なーんて言う佐々木アララに対して「わたしも」「ほぼ同じ読みでした」と言っていたから、はてなの異物であるオレもいたちを気取って「受け容れる力」とやらがどんなものか確かめてみたんだヨwww

派遣どうかは問題ではない



最初に消毒たんの言う「技術者が独立して会社を作るから多重下請け構造」という話は本筋ではないように考える*1。むしろ営業の方が問題ではないかと。


どうも分かってんだか分かってないんだか、よく分からない書き方である。オレは「勤め先でそこそこ腕に自信のつけた技術者が独立して小規模な会社を作り、人脈を頼って仕事を取るから数ばっか増えて『多重下請け構造』が出来上がる」と書いたのであり、「独立」と「営業」は不可分のものとして扱っている。独立して独自に顧客開拓するなら、それは下請けにあらず、「多重下請け構造」が形成される理由とはならないからだ。wildcatsがこの2つを別個に取り扱っているのは不可解である。


まずIT業界の営業とは2種類に分かれる。


ボクは後者がIT多重下請け構造の原因と考える。




ここでいう「お客様」が同業ではなく最終顧客であるならオレの主張と同様だ。一方、そうでないSIerを「人貸し営業」に限定しているのは納得がいかない。技術者を派遣するか否かは問題ではない。同業から得た仕事を自社で「ソリューション」するなら、それも下請けに他ならない。技術者が自社で働こうが同業のオフィスで働こうが、それは問題ではない。最終ユーザーではなくお友達のところから仕事を貰ってくるのが「多重下請け構造」を形成する原因だと言っているのだ。


それに対して人貸し営業会社としてはお客様と直に面と向かっての請負仕事だと
責任をとらされるケースが多いので絶対にやりたくない。



ほう。では、仕事をしくじっても相手が最終ユーザーではなく同業であったなら「責任をとらされる」ことはないのかwww どちらも「お客様」であることに変わりはないと思うのだがwww SI業界における下請けは実に気楽な商売だなwww

Connection: close