Hatena::ブログ(Diary)

消毒しましょ! RSSフィード

2009-07-30

「そう読んだか」って、そう読むに決まってるだろw そっちこそ、どう読んだんだw



営業と書いたのは営業職という意味で営業という行為ではないです。すみません。営業職が独立して会社を作ると多重下請け構造になるよという話です。


えええ!? じゃあ、「営業職が独立して会社を作ると多重下請け構造になる」技術者が独立した場合にはそうはならないってことを論証してよ。オレの知ってる社長さんは営業上がりで、最初から下請けなんかやんないと決めて独自に顧客基盤を作り上げてたけどなあ。まあ、その1社をもって反証としようとしているわけじゃないから、きっちり論理的に説明してよ。


SIerが人貸しとは書いてないと思います。
IT業界の営業なのでSIerも人貸し営業会社も含めて書いてます。



確かに「まずIT業界の営業とは2種類に分かれる」と書いていたけど、これは「SI業界」の書き間違いだと思っていた。何故わざわざ議論の範囲を広げちまうの? gothedistanceもばかやすおもSIerの話をしていたんだぜ? ここにMicrosoftみたいなパッケージを売っている奴は入ってないだろ? 勝手にスコープを変えちゃ駄目だろ。


一般的にはSIerはソリューションを直接のお客様に売ってるケースが多いためソリューション営業ですよね。


それが「ソリューション」にせよ「人貸し」にせよ、「直接のお客様に売ってる」なら「多重下請け」じゃないじゃん。それが「一般的」な姿であるなら、問題そのものが消滅しちゃうじゃん。「多重下請け構造」は頑として現実に存在しているだろ? それとも、「直接のお客様」とは文字通りお金をくれる直接の相手という意味であって、それが最終ユーザーなのか元請けなのか二次請けなのかは、そのSIerによるってこと? だったら、提供するものが「ソリューション」なのか「人」なのかの問題になってくるから、こっちとしては「技術者を派遣するか否かは問題ではない」と繰り返さざるを得ないね。人を派遣しようがシステムの一部を請け負おうが「下請け」には変わりないじゃん。


消毒たんの言ってるのは下請け構造を形成する要素となるけど
多重下請け構造が形成する要素にはならないように感じました。



なに言ってんだか分からん。「多重下請け構造が」何を「形成する」ってんのよ? 多重下請け構造が様々な問題を発生させていようが、ここで問題としているのは多重下請け構造が形成される原因なんだぜ?


例えばソリューションを持っている会社がSIerから仕事をもらったとしても
そのソリューションを持っている会社が更に仕事を下請けに出さなければ
多重下請け構造にならないように考えます。



「下請けに出さなければ」って、実際には「更に仕事を下請けに出」してるじゃん。それを請ける奴が存在しているじゃん。そのような構造が出来上がった理由は何かを問題としているんだぜ? 「たられば」を解答とするなんて、思考停止以前だろ。


スキル不足でやらかしたケースも「単金はらわねー」って騒ぐSIerの購買の人が出てきて
人貸し会社側は「申し訳ございません。○○のレベルが低かったために。。。ですので今回はもっと高いスキルの人間を連れてきました。お金は前と同じで結構です。」位ですね。
最悪でもSIer側が上の提案を拒絶して単金払わないくらいじゃないですかね。



なあなあかいw これは多重下請け構造が形成される原因のひとつかも知れないなwww

Connection: close