Hatena::ブログ(Diary)

消毒しましょ! RSSフィード

2010-06-04

まさしく、技術万々歳の「ユートピア的理想を持った」バカが「『なんでみんなそうなってくれないんだ』と苛立つことによって、炎上を起こし」た結果がmorewhite事件である。(Peeping Brothers - part2)



kanose 反応, ised 初心者がスキルを覚える前に、次から次へと新しいサービスが出てくるから、スキルで解決できない部分はあるとは思うのだけど、北田さんの意見に対してはアーキテクチャで解決できる部分が強いと考えてる 2010/06/01


「成熟するだけで炎上はなくなるとお考え」でいた「加野瀬さんは」(「成熟」=「スキル」を完全に身に着けることと解釈してよいだろう)、現在では「アーキテクチャで解決できる部分が強いと考えてる」そうだが、ここにあるのも矢張り自堕落な技術信奉による人間性無視に他ならない。「スキルを覚える」ことが技術(が齎したサービスの使い方)の習得を意味していることは疑いようもないし、また「アーキテクチャ」とは「コンピュータ、ネットワーク、プログラムなどのシステム設計および設計思想」のことを指しているらしいから、何様のつもりか知らないが、要は技術に従えと言っているに過ぎない。


「次から次へと新しいサービスが出てくるから、」「初心者がスキルを覚える」のは困難だろうと、ややトーンダウンしたふりをしているが、相変わらず「初心者がことを複雑にしている」という考えをベースにしていることに変わりはない。「誠実な対応をしておけば落ち着くのに」などと言っていたが、この「誠実な対応」とは人間に対するものではなく、技術に対して「誠実」たれと強要しているのは明らかで、つまりは「スキルを覚え」ときゃ炎上などしなかったのに、「システム設計および設計思想」さえ理解していれば無事に済んだのにと、技術を最優先にすることによって人間を貶めているのだ。



確かに「アーキテクチャで解決できる部分」もあるだろう。コメ欄を閉じれば取り敢えずは炎上を防止できるだろう。ブコメを一覧表示できなくする選択肢もまた「アーキテクチャ」のひとつであろう。だが、ここにおいて完全に欠落している認識は、その技術信奉そのものが醜い炎上を引き起こした結果が例のmorewhite事件だということである。id:otsuneid:kanoseid:ekkenなどにも見られるこの単細胞極まりない愚かな傾向は必然的に人を傷つける。何故かと言えばそれは簡単な話で、人間より技術を優先させているからである。技術を信奉したりするのは技術ではなく、人間であることを忘れているからである。炎上を引き起こしたのは自分たちであるにも拘らず、「俺は社会を良くする活動をしている」と思ってるのだから笑えるw


高木:


たとえばこういう構図です。炎上を受けている側は、「発言者の人格に対する攻撃だ」と感じている。しかし突っ込みを入れている側は、相手のブログ主やネタ元に対して、ある種の議論のやり方を強制したいと思っている場合が多いのではないか。すべてがそうではないと思いますが。


これは加野瀬さんのいう「炎上の原因=ネットの議論に不慣れ説」というものに関係していて、つまり、不慣れな発言には予想通りの反応がきてしまうんですね。注目されて大変なことになっているときに、ああ、これままずいことを言っているなあと思うと、ワーっと炎上してくる。これを眺めているだけの人もいますが、「そういうやり方をしなければいいのに」という思いがあって、そのことを理解していただくために、ますます当事者に突っ込みを入れていくという人がいる。



まるでmorewhite事件を予言していたかのような発言だw 実際には昔からある炎上の構図がまた繰り返されたというだけの話なのだが、しかし、ここで強調しておきたいのは、「突っ込みを入れている側」であったid:otsune「強制」した「ある種の議論のやり方」こそ、リンクというネット技術を絶対視する考え方であったということだ。morewhiteが「注目されて大変なことになっているときに、ああ、これままずいことを言っているなあ」などと勘違いした上で、「『そういうやり方をしなければいいのに』という思い」の下、「そのことを理解していただくために、ますます当事者に突っ込みを入れてい」った大馬鹿者こそ、Sexual Harassmentに苦しんでいる人間に対し下劣で的外れな忠告を執拗に繰り返したid:otsuneであることはいまさら言うまでもない。技術が全てを解決するかのような、数十年前のSFですらとうの昔に打ち捨てた楽観的未来像を幼稚にも未だに有しているから、morewhiteが怒りをぶつけていたのはリンクではなく、リンクによるSecond Rapeであったことに気付かないのである。これこそオレがid:otsuneid:kanoseをバカだアホだ頓馬だ間抜けだRaperだと評する理由に他ならない。


高木:


そこで2ちゃんねるも含めて不思議に思うのは、いまではいろいろな人がいるはずなのに、いまだにかつてのユートピア的理想を持った人が存在するということです。そしていまだ理想をくすぶらせる彼らこそが、「なんでみんなそうなってくれないんだ」と苛立つことによって、炎上を起こしている面があるのではないか。


現状を考えれば、本当は多様な議論の作法やコミュニティがあっていいはずです。それなのに、議論の理想のやり方から外れたものを見ると、それに対するフレームを起こしてしまう。そのようなフレームを起こしている側は、決して愉快犯的に楽しんでいるだけではないと思われます。むしろ、変わって欲しい! という思いがある。その背景には、ネットという理想的なコミュニケーション・ツールによって議論がより深まるのではないかという期待があるからです。だからこそ、なぜそうならないんだと苛立ってしまう。



まさしく、技術万々歳の「ユートピア的理想を持った」バカが「『なんでみんなそうなってくれないんだ』と苛立つことによって、炎上を起こし」た結果、morewhiteは傷ついた。id:otsuneが、彼女の抗議をこともあろうに「リンク行為という技術に対する暴力的な言論だ」と決め付けたとき、「いまだ理想をくすぶらせる」このバカには、それが自分に対する「暴力的な言論」に聞こえたのだ。「変わって欲しい! という思いがある」からこそ、彼奴は「一貫して『そう誤解される書き方なので結果的に誤爆しています』『リンクの話にしないほうがいい』と書いている」のだが、それ自体が性的被害者に対する暴力になっていることに全く気が付かない鈍感さ、技術を盾にした手前勝手で盲目的な正義感には反吐が出そうだ。「決して愉快犯的に楽しんでいるだけではない」のに、何故こういうことになってしまうかというと、人間を無視しているからに他ならない。そして、未だに「アーキテクチャで解決できる部分が強いと考えてる」村長もまた同じなのである。


高木浩光が発言しているとき、加野瀬は自分が「炎上を起こしている」「ユートピア的理想を持った人」に該当するかも知れない可能性など考えもしなかったであろう。それは自分の「観察範囲」(←www)にある他の連中のことだと思っていたであろう。その愚鈍さがバカの証拠である。岸田秀は「ある集団のリーダとなるのは優秀な人間ではなく、必然的に平均若しくは、しばしば平均以下の者が選ばれる」と言っていたが(どの本だったかは忘れた)、バカ村の村長がバカであるのもまた必然であろうw

atomium2010atomium2010 2010/06/06 08:53 どうして文句ある連中はここに直接書かないんだよw
はてなのそういう部分が暗くて気持ち悪い

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。