Hatena::ブログ(Diary)

消毒しましょ! RSSフィード

2013-12-08

『コクリコ坂から』に描かれていたのは「『父』の視点」ではなく「父性を求める娘の視点」である。


「コクリコ坂から」は恋愛よりも家族、特に父性の物語だ。

そもそも宮崎駿自身が監督する作品には「父」の視点がものすごく希薄。一貫して母・女を描き続けている。ポニョはいわずもがな、千と千尋、トトロもそう。家族が出てくるにしても、すべて女性性との関係性の方が色濃く描かれている。


Payaoが「一貫して母・女を描き続けている」のはその通り。だがしかし『コクリコ坂から』が「父性の物語」「『父』の視点」を描いているというのは全くの誤り、あそこにあったのは「父性を求める娘の視点」に他ならない。

そしてもっとも強烈だったのは、海が夢を見るシーン。ナウシカの子供時代の回想場面を思い起こさせるが、最後で海は死んだはずの父の胸に飛び込む。ああー、これってばポニョのラスト付近、宗介がトキ(疑似母)にの胸に向かってジャンプするシーンじゃん!アッー!


この相似を指摘しているところを見ると実は本人も描かれていたのが父ではなくあくまでも娘であることを分かっており、単に日本語運用能力が拙かっただけらしい。では何故「生粋のファザコン」であるMerが失恋直後に「夢を見るシーン」において母が登場するのか? 此処が重要な点である。

布団の中で体を折り曲げて眠る仕草が表しているものは勿論、胎内回帰であり幼少期の写真に続いて幼い彼女の泣きじゃくるシーンが挿入されていることからもMerが幼児退行している事は直ぐに分かる。なぜ子供に戻らなければならないのかと言えば父に甘えるに際して(ある程度成長した現在の自分に比して子供であれば)何の障害もなくなるからだ。

其処へ先ず、父ではなく母が彼女を呼ぶ声がする。Merの求めているものが父であることは明白であるのに何故その前に母が出現しなければならないのか? それは父を父親として取り戻すにはその対照関係にある母親の存在が不可欠であったからである。

俊が異母兄であったと知らされた事によって彼女にとって自分の父親であった筈のものは見知らぬ何処かの女と交わった只の男に摩り替えられてしまった。Merが真にショックを受けていたのは失恋ではなく父の喪失に他ならない。これをもう一度父親として奪回するには彼を家族における正しい場所へと強制的に位置付け直さねばならなかったのである。

夢の中に出てきた母は台所で朝食の準備をしている。これこそ伝統的な母親の位置付けだ。母が家庭における母親の役割をまっとうしていることを確認することによって初めて父は父親として回帰する。だからこそ彼女は自分の夢(=願望)において父よりも先に母を登場させる必要があったのだ。「なぁに? 私ずっと居るじゃない?」という母の台詞は、「私」は依然として母親、即ち父もまた自分の父親であることに変わりはないというMerの願いを象徴している。


その後、満を持して光に包まれながら父が現れる。ここにおいて漸く彼女は安心して「父の胸に飛び込む」事が可能となったのである。このシーンにおける音楽は例えようもなく美しい。

D

そもそも下宿屋で毎日早起きをして朝食を作っていたのはMerである。我儘でだらしない妹や弟に比べて彼女だけが随分と生真面目で働き者に描かれているが其れは単なる長女としての自覚や責任感のみに起因していたのではない。彼女はちゃっかり母の不在(留学)を利用し其の立場を自分が奪うことによって父との擬似的な婚姻関係を満喫していたに過ぎない。

本当に母親が帰ってきた後にMerが台所に立つ場面が描かれることはもう、ない。そして彼女は自分の恋を成就する。父親への愛情が他の男へ移行するのと母親(妻)ごっこからの卒業は同時である。詰まり此の物語は(其れまでおママゴト(母親=妻の真似)に興じていた)彼女のBildungsromanなのだ。

ラスト・シーンにおいてMerは映画の冒頭と同じく旗を揚げる。だがしかしその表情を見れば分かる通り、彼女の心象は以前とはもう異なっている。何故なら父が彼女に「今度は(父親として)永くいられるよ。(Your flags let me home, Umi.)」と告げたからである。


おそらく駿監督の作品に横たわる「母性」のように、吾郎監督は「父性」をずっと描き続けるのかな


あ、なんだwww やっぱ分かってねーやこいつwww 女のくせに!!



 

trshugutrshugu 2014/01/17 23:25 スレはぜんぜん関係ないんだけど件の記事はこれです。
http://blogos.com/article/77212/
おそらく、こういう勘定系はAntiSeptic氏の専門なのでこれ見れば全部わかっちゃう?

AntiSepticAntiSeptic 2014/01/18 09:35 @trshugu
ヤ・ヴァ・イじゃんwww
このまま行けば今期は債務超過確定www 銀行も裸足で逃げ出すレベルwww
早急なる資本増強が必要だが「当初の出資企業 http://bit.ly/1awYloG」とやらとの関係は今どうなっているのかw
昔の蓄積を盛大に食い潰しているw 着うたってもう誰も使わないの? 流行り廃りの激しい業界であっという間に急成長してあっという間に急降下している模様w
C/Fは分からんが未だ生きてるってことは金は回ってるんだろうなw

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/AntiSeptic/20131208/p1
Connection: close