Hatena::ブログ(Diary)

Apes! Not Monkeys! はてな別館

2108-12-31 運営方針・更新履歴

[]連絡先

メールアドレスは apesnotmonkeys@gmail.com  です(@を半角に変えてください)。

[]主要エントリリスト(「慰安婦問題は朝日の捏造!」説関連)

「河野談話」について知っておくべきたった六つのこと(三分で読めるよ!)

台湾における「慰安婦」の強制連行

無責任きわまりない「河野談話撤回」論者たち

「完全否定」なんてブチあげていいの?

「朝日新聞の捏造」論について

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その2

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その3

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その5

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その6(追記あり)

『「村山・河野談話」見直しの錯誤』ほか

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その7

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その8

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その9

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その10

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その11

16年前から明らかになっていた資料がいまさら問題にされる事態の情けなさについて

朝日新聞の「慰安婦」報道の実態

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その12

1992年1月の「慰安婦」問題報道・3紙比較

恐るべき朝日新聞の洗脳力

「池田信夫の捏造」完全版(エントリ中でリンクをはってある記事についても)

読売新聞の「慰安婦=女子挺身隊」説

「河野談話」をめぐる初期報道について補足と訂正

慰安所従業員の日記、発掘

橋下市長、「旧日本兵慰安婦問題」を捏造

強制連行の証拠は(探さ/公表させ)なかった!(追記あり・タイトル変更)

「寝た子を……」は差別主義者の定番の拠り所、そして秦郁彦の嘘

マスメディアがほとんどとりあげない安倍内閣の窮状答弁と称する事実上の逃避URL更新

日中戦争勃発直前の「廃娼運動」状況

「河野談話さえ葬り去れば大勝利」脳の恐怖

カミングアウトした元「慰安婦」の未成年率

右派は恨む相手を間違えている補足

「問われる戦後補償」(93年11月)

無理解の極北

92年当時のアメリカメディアの反応

河野談話の作成過程を検証するんじゃなかったの?

「慰安所」関連資料の隠滅について

自分の「仮説」にあわせて事実をねじ曲げてるのはどっち?

「慰安婦」問題否認論者に欠けているのは「自由意志」についての常識的な洞察

魂を自ら鎖で繋いだ人間には、鎖で繋がれていない程度のことが「自由」に思えるのだろう

永井先生の論文をちゃっかり「お役に立て」ていた読売新聞

「一種の徒弟修行」という詭弁について

元「慰安婦」の証言を否認しなかった警察

右派の「無能な味方」コレクション

これが21世紀の「進歩的文化人」(by 西尾幹二)だっ!

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その13

[]主要エントリリスト(南京事件関連)

続きを読む

[]主要エントリリスト(その他)。

続きを読む

2017-11-14

[]テレビ局による先行研究・調査の“横領”疑惑

山口放送が制作し、NNNドキュメント'16で放送された「奥底の悲しみ〜〜戦後70年、引揚げ者の記憶〜」について、山本めゆ・日本学術振興会特別研究員が次のような告発を行っています。

日本学術振興会特別研究員の山本めゆと申します。山口放送制作「奥底の悲しみ」において私の論文の知見があたかもこの作品のオリジナルな発見であるかのように表現されたことから、今後のクレジット表示等を求めて山口放送とディレクターの佐々木聰氏に対し申入れを行いました。

(http://okusokomondai.blogspot.jp/2017/11/2013coegcoepdf-httpci.html)

実は今年の8月に放送された NHK ETV特集の「告白〜満蒙開拓団の女たち〜」についても、ノンフィクション・ライターの平井美帆氏が同じような告発をウェブサイトで行っていました。もっとも黒川開拓団については社会理論・動態研究所研究員の猪股祐介氏が2005年から聞き取り調査を行っており(猪股祐介「ホモソーシャルな戦争の記憶を越えてーー「満洲移民女性」に対する戦時性暴力を事例としてーー」、『軍事史学』2015年9月号など)、ETV特集のクレジットでは猪俣氏と先の山本氏の名前が「取材協力」として表記されており、山口放送のケースと同列に扱ってよいかどうか即断はできません。しかし平井氏によればテレビ局は「平井さんの記事を読んで」と取材のきっかけを語っていたとのことです。研究者以外はめったに読まない媒体より『女性自身』に掲載された記事のほうがきっかけになった、というのはそれなりに蓋然性のあるはなしでしょう。

いずれも戦時性暴力に関わる番組で、かつ女性による先行研究・調査が軽んじられたということになると、これはちょっと気になるところです。テレビ局側の誠実な対応を求めたいですね。

2017-11-01

[]現在の知識を過去に持ち込む否定論

南京事件否定論者が敗残兵の殺害を正当化する際に持ち出す論拠に、「見逃せばまた戦線に復帰してくるから」というものがあります。南京攻略戦が国際法的には戦争でもなく、かつ「居留法人保護」等の名目で正当化できる余地のある軍事行動でもない、ひたすら意味不明の殺人・破壊行為だった……という点に目をつむるなら、もっともらしく見えなくもない主張です。優勢にある側が勢いに乗って敗走する敵を殺すという現象は、歴史的にもしばしば起きてきたことですし。

しかし、いまの私たちは日中戦争が南京占領後も続き泥沼化したことを知っていますが、当時の日本軍は上から下まで「南京を占領すれば蒋介石は土下座してくる!」という意識に染まっていました(中国の抗戦意欲を正しく評価していた一部の人間を除いて)。つまり「また戦線に復帰してくる」の「また」など日本軍の意識にはなかったはずなのです。

国民党政府の降伏を予期していたにもかかわらずなお「また……」を警戒して殺したということになれば、それこそジェノサイド的動機が疑われることになりかねないわけですが、否定派はそれでもいいんですかね?

2017-10-31

[]「外国籍元BC級戦犯・不条理の記録」

 写真パネル展「外国籍元BC級戦犯・不条理の記録」が30日、東京都の千代田区立九段生涯学習館2階「九段ギャラリー」で始まった。連合国軍の軍事裁判でBC級戦犯として裁かれた朝鮮半島出身の元軍属らの名誉回復を求める運動の記録や、彼らを支えた日本人僧侶や医師の写真や手紙などが展示されている。11月5日まで。

(後略)

「外国籍」とありますが、彼らは軍属として動員されたときも、戦犯裁判で有罪となったときも、死刑になったときも、服役を始めたときも「日本人」でした。「外国籍」(あるいは「無国籍」)となったのはサンフランシスコ講和条約の発効と入れ違いに、です。

2017-10-26

第10回「真の近現代史観」懸賞論文、結果発表

コメント欄にて gansyu さんがご指摘になったように、第10回アパ懸賞論文の受賞者が発表されました。

最優勝賞は稻恭宏(東京大学)の「日本は低線量率放射線医科学によって復活し人類と地球を救う」で、一体どこが「近現代史観」やねん? という感じですが、すでに第4回で札幌医大の高田純が受賞していますから、「たまには原子力安全キャンペーンにも金を」ということなのでしょう。有名な歴史修正主義者としては水間政憲が南京事件否定論ネタで優秀賞、日本会議&つくる会メンバーで、百田尚樹のヘイト本『今こそ、韓国に謝ろう』の監修者として名前の出ている松木國俊が佳作に入賞しています。

あと、佳作受賞者のなかにアパグループ法務室長の肩書をもつ人物が入ってるのですが、アパホテルのコンプライアンスが心配になります……。