Hatena::ブログ(Diary)

Apes! Not Monkeys! はてな別館

2108-12-31 運営方針・更新履歴

[]連絡先

メールアドレスは apesnotmonkeys@gmail.com  です(@を半角に変えてください)。

[]主要エントリリスト(「慰安婦問題は朝日の捏造!」説関連)

「河野談話」について知っておくべきたった六つのこと(三分で読めるよ!)

台湾における「慰安婦」の強制連行

無責任きわまりない「河野談話撤回」論者たち

「完全否定」なんてブチあげていいの?

「朝日新聞の捏造」論について

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その2

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その3

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その5

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その6(追記あり)

『「村山・河野談話」見直しの錯誤』ほか

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その7

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その8

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その9

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その10

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その11

16年前から明らかになっていた資料がいまさら問題にされる事態の情けなさについて

朝日新聞の「慰安婦」報道の実態

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その12

1992年1月の「慰安婦」問題報道・3紙比較

恐るべき朝日新聞の洗脳力

「池田信夫の捏造」完全版(エントリ中でリンクをはってある記事についても)

読売新聞の「慰安婦=女子挺身隊」説

「河野談話」をめぐる初期報道について補足と訂正

慰安所従業員の日記、発掘

橋下市長、「旧日本兵慰安婦問題」を捏造

強制連行の証拠は(探さ/公表させ)なかった!(追記あり・タイトル変更)

「寝た子を……」は差別主義者の定番の拠り所、そして秦郁彦の嘘

マスメディアがほとんどとりあげない安倍内閣の窮状答弁と称する事実上の逃避URL更新

日中戦争勃発直前の「廃娼運動」状況

「河野談話さえ葬り去れば大勝利」脳の恐怖

カミングアウトした元「慰安婦」の未成年率

右派は恨む相手を間違えている補足

「問われる戦後補償」(93年11月)

無理解の極北

92年当時のアメリカメディアの反応

河野談話の作成過程を検証するんじゃなかったの?

「慰安所」関連資料の隠滅について

自分の「仮説」にあわせて事実をねじ曲げてるのはどっち?

「慰安婦」問題否認論者に欠けているのは「自由意志」についての常識的な洞察

魂を自ら鎖で繋いだ人間には、鎖で繋がれていない程度のことが「自由」に思えるのだろう

永井先生の論文をちゃっかり「お役に立て」ていた読売新聞

「一種の徒弟修行」という詭弁について

元「慰安婦」の証言を否認しなかった警察

右派の「無能な味方」コレクション

これが21世紀の「進歩的文化人」(by 西尾幹二)だっ!

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その13

[]主要エントリリスト(南京事件関連)

続きを読む

[]主要エントリリスト(その他)。

続きを読む

2016-12-05

[]専門家の無駄遣い

昨晩放送されたNHKスペシャルの「戦艦武蔵の最期 〜映像解析 知られざる“真実”〜」、個人的には武蔵がどう沈んだかなんてことには特に興味はないんですが、番組のスタンスがどんなものかは確認しておきたいと思って一応みました。

NHKらしくスタジオにいろんな専門家を並べて見せてましたが、内容的に言ってどう考えても「呼ぶまでもない」というひともいましたね。一ノ瀬俊哉さんとか。『武蔵』本書いたから呼ばれたんでしょうけど、別に一ノ瀬さんに喋らせる必要もないようなコメントしか使われてませんでした。

2016-11-21

[]「印象」はダメだが「ありそうな話」ならオーケーという『産経新聞』

NNNドキュメントの「南京事件 兵士たちの遺言」にケチをつけようとして日テレに一蹴された『産経新聞』が再び挑む!

なんともいじましい記事です。選考委員会のやることなすことに受賞する側が責任をとる必要などあるわけありません。もちろん、作品の本質に関わるような誤解を選考委員会がしているというのなら話は別ですが。この場合、陣中日記等をもとに明らかにされた虐殺の事例に引きずられて写真について勇み足なコメントをしてしまった、というだけのはなしです。戦後になってから出てきた「自衛発砲説」なんかをぬけぬけと主張することに比べれば、どうということはありません。

そもそも『産経新聞』基準では、伝聞の伝聞を引き合いに出して「ありそうな話」だと書くのはオッケーであるわけですから、“虐殺現場にも見える写真”だって「断定」さえ避ければ「ありそうな話」と受けとっておけばいいと思うんですけどね。

2016-11-15

[]掲示板移転のおしらせ

長年、まったりとご利用いただいております掲示板、ニフティのホームページサービス終了により一時的に利用不可能になっておりましたが、下記に移転して再開しました(「リンク集」からもアクセスできます)。この機会に CGI も更新しました(これまでしてなかったのかよ!)。今後とも、のんびりとよろしくお願いいたします。

http://apesnotmnnkeys.my.coocan.jp/combbs/combbs.html

2016-11-01

[]水島社長の『正論』連載がついに終了!

毎月月末から月初めは月刊ウヨ論壇誌の発売日ということで、近所の書店で立ち読みチェックをするという羞恥プレイをしてきたのですが、『正論』の目次を開くと驚愕の事実が!

f:id:Apeman:20161101113447j:image

(画像は『正論』公式サイトのスクショより。なおこのリンクから16年12月号の目次に飛べるのは次号発売までです。)

通算109回目で「一旦」終了とのこと。どうせなら108回で終わって欲しかった!

恥を忘れて読み始めたのですが、いっこうに映画の話になりません。「最終回スペシャル」の殆どを費やして「生前退位」反対論をぶち上げてました。「なんじゃこりゃ?」と思いつつ最終ページに到達したら、ようやく映画の話題が。

なんと続編は今年中に完成させて年明けに公開、と宣言しちゃってます。あの、アイリス・チャンの死の謎に迫る第2部がついに完成!? と思ったら肩透かし。南京戦の実相に迫るドキュメンタリーの第3部、第4部を先につくるんだそうです!

(これまでに撮影した、元日本軍将兵のフッテージとか使うんだろうなぁ、と。第2部は広げた風呂敷をたためないものだから逃げる気か? とか意地悪な見方は禁物ですよ、みなさまw)