Hatena::ブログ(Diary)

Apes! Not Monkeys! はてな別館

2108-12-31 運営方針・更新履歴

[]連絡先

メールアドレスは apesnotmonkeys@gmail.com  です(@を半角に変えてください)。

[]主要エントリリスト(「慰安婦問題は朝日の捏造!」説関連)

「河野談話」について知っておくべきたった六つのこと(三分で読めるよ!)

台湾における「慰安婦」の強制連行

無責任きわまりない「河野談話撤回」論者たち

「完全否定」なんてブチあげていいの?

「朝日新聞の捏造」論について

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その2

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その3

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その5

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その6(追記あり)

『「村山・河野談話」見直しの錯誤』ほか

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その7

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その8

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その9

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その10

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その11

16年前から明らかになっていた資料がいまさら問題にされる事態の情けなさについて

朝日新聞の「慰安婦」報道の実態

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その12

1992年1月の「慰安婦」問題報道・3紙比較

恐るべき朝日新聞の洗脳力

「池田信夫の捏造」完全版(エントリ中でリンクをはってある記事についても)

読売新聞の「慰安婦=女子挺身隊」説

「河野談話」をめぐる初期報道について補足と訂正

慰安所従業員の日記、発掘

橋下市長、「旧日本兵慰安婦問題」を捏造

強制連行の証拠は(探さ/公表させ)なかった!(追記あり・タイトル変更)

「寝た子を……」は差別主義者の定番の拠り所、そして秦郁彦の嘘

マスメディアがほとんどとりあげない安倍内閣の窮状答弁と称する事実上の逃避URL更新

日中戦争勃発直前の「廃娼運動」状況

「河野談話さえ葬り去れば大勝利」脳の恐怖

カミングアウトした元「慰安婦」の未成年率

右派は恨む相手を間違えている補足

「問われる戦後補償」(93年11月)

無理解の極北

92年当時のアメリカメディアの反応

河野談話の作成過程を検証するんじゃなかったの?

「慰安所」関連資料の隠滅について

自分の「仮説」にあわせて事実をねじ曲げてるのはどっち?

「慰安婦」問題否認論者に欠けているのは「自由意志」についての常識的な洞察

魂を自ら鎖で繋いだ人間には、鎖で繋がれていない程度のことが「自由」に思えるのだろう

永井先生の論文をちゃっかり「お役に立て」ていた読売新聞

「一種の徒弟修行」という詭弁について

元「慰安婦」の証言を否認しなかった警察

右派の「無能な味方」コレクション

これが21世紀の「進歩的文化人」(by 西尾幹二)だっ!

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その13

[]主要エントリリスト(南京事件関連)

続きを読む

[]主要エントリリスト(その他)。

続きを読む

2016-09-19

[]85年後の9月18日

今朝、グーグルで「柳条湖」をニュース検索してみた結果です。

f:id:Apeman:20160919173721j:image

例年のことながら、満洲事変を自らのこととして振り返るような記事はありませんね。

2016-09-18

[]「国際ワークショップ : 日中戦争の深層」

id:s3731127306 さんから古いエントリにトラックバックをいただいたので。

そこで紹介されている芳井研一氏の論文は「国際ワークショップ : 日中戦争の深層」の報告として掲載されたもの。その他の論考とあわせてこちらで一覧を見ることができます。

2016-09-12

[]再放送情報

優生思想について考えるとき、T4作戦を引き合いに出さずともこの社会自身が振り返るべき歴史を有しており、現にNHKはそうした歴史を伝える番組も制作しているのですが、他方でこの番組にも非常に重要なメッセージが含まれていると思います。番組の最後に登場するドイツ人女性。T4作戦で殺された叔母がいたことを知らずに育った彼女が出した新聞広告は、優生思想を「ナチやそれに類する連中」の問題に矮小化してはならないことを教えてくれます。未見の方はこの機会に是非。

2016-09-01

[]ちょっと羊頭狗肉気味な「ザ・スクープスペシャル 終戦企画」

敗戦後71年目の8月が終わりましたが、テレビの戦争特集は(いくつか良番組はあったものの)やはり加害の側面にきちんと向きあったとはとうてい言えなかったですね。

さて、8月14日に放送された「ザ・スクープスペシャル 終戦企画 大平洋戦争最後のミッション 緑十字機決死の飛行〜誰も知らない“空白の7日間“〜」をいまごろになって観ました。自社コンテンツの価値を過大に喧伝するのはメディアの常とはいえ、タイトルだけで「ああ、河辺虎四郎がウィロビーからウィスキーもらってご機嫌になったミッションね」と予想しつつ観ていたら、ディテールはともかくとして大筋ではやっぱり既知のはなしでした。


それはまあいいとして、番組の最後の最後で緑十字機1号機の復路における不時着の原因について突然陰謀を示唆する説明が出てきたのはちょっとびっくり。断定こそ避けたとはいえ、テレビで放送するには根拠薄弱ではないかと。細かなところで気になるところが幾つかあったことも制作サイドの姿勢に疑問をいだいた理由です。例えば一式陸攻をナレーションで「戦闘機」と呼んでみたり、ナレーションがゼロ戦について語っているところで使われているのが九九艦爆のフッテージだったり。不時着したあと放置され波にさらわれて消えた不時着機の部品が近年になって見つかったことを「奇跡」と形容してみたり(撤去したわけじゃないんだから、そりゃ近所で見つかることもあるでしょうよ)。敗戦記念日にあわせた企画としてはちょっとアラが目立つかな、と。


追記:そうそう、大事なこと(でもないか)を忘れてました。かつてこのブログでもとりあげたことのある元自衛官の歴史修正主義者、佐藤守氏が緑十字機関係者の子息として登場してましたよ!