Hatena::ブログ(Diary)

Apes! Not Monkeys! はてな別館

2108-12-31 運営方針・更新履歴

[]連絡先

メールアドレスは apesnotmonkeys@gmail.com  です(@を半角に変えてください)。

[]主要エントリリスト(「慰安婦問題は朝日の捏造!」説関連)

「河野談話」について知っておくべきたった六つのこと(三分で読めるよ!)

台湾における「慰安婦」の強制連行

無責任きわまりない「河野談話撤回」論者たち

「完全否定」なんてブチあげていいの?

「朝日新聞の捏造」論について

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その2

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その3

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その5

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その6(追記あり)

『「村山・河野談話」見直しの錯誤』ほか

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その7

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その8

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その9

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その10

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その11

16年前から明らかになっていた資料がいまさら問題にされる事態の情けなさについて

朝日新聞の「慰安婦」報道の実態

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その12

1992年1月の「慰安婦」問題報道・3紙比較

恐るべき朝日新聞の洗脳力

「池田信夫の捏造」完全版(エントリ中でリンクをはってある記事についても)

読売新聞の「慰安婦=女子挺身隊」説

「河野談話」をめぐる初期報道について補足と訂正

慰安所従業員の日記、発掘

橋下市長、「旧日本兵慰安婦問題」を捏造

強制連行の証拠は(探さ/公表させ)なかった!(追記あり・タイトル変更)

「寝た子を……」は差別主義者の定番の拠り所、そして秦郁彦の嘘

マスメディアがほとんどとりあげない安倍内閣の窮状答弁と称する事実上の逃避URL更新

日中戦争勃発直前の「廃娼運動」状況

「河野談話さえ葬り去れば大勝利」脳の恐怖

カミングアウトした元「慰安婦」の未成年率

右派は恨む相手を間違えている補足

「問われる戦後補償」(93年11月)

無理解の極北

92年当時のアメリカメディアの反応

河野談話の作成過程を検証するんじゃなかったの?

「慰安所」関連資料の隠滅について

自分の「仮説」にあわせて事実をねじ曲げてるのはどっち?

「慰安婦」問題否認論者に欠けているのは「自由意志」についての常識的な洞察

魂を自ら鎖で繋いだ人間には、鎖で繋がれていない程度のことが「自由」に思えるのだろう

永井先生の論文をちゃっかり「お役に立て」ていた読売新聞

「一種の徒弟修行」という詭弁について

元「慰安婦」の証言を否認しなかった警察

右派の「無能な味方」コレクション

これが21世紀の「進歩的文化人」(by 西尾幹二)だっ!

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その13

[]主要エントリリスト(南京事件関連)

続きを読む

[]主要エントリリスト(その他)。

続きを読む

2016-05-31

[]リフトン『思想改造の心理』(2)

承前

リフトンは1954年1月に香港に渡り、そこで17ヶ月にわたって「思想改造」を受けた西欧人25人と中国人15人に面接した。いずれも身柄の拘束が解かれてからさほど経っていない時期の面接であることに留意されたい。

西欧人との面接にもとづく研究結果を総括した部分で、リフトンは次のように述べている。

 西欧人に適用されたような、刑務所内での思想改造の持つ、長期にわたる成功ないし失敗というものについて何が言えるのか。彼らを説得して、共産主義の世界観へ彼らを変えさせるという観点からすると、そのプログラムはたしかに、失敗だと判断されねばならない。私の対象である二五人の中ではただ一人(そして、私のその人たちのことについて話を聞いただけの他多数の人々の中では、一人だけあるいはおそらく二人)が、ほんとうにうまくいった転向者と見なし得る人物であった。追跡調査で得られた情報によって、香港でこの人物たちに面接したときに、観察しはじめて次のことが確かめられた。つまり、思想改造の精神から、中国共産党の行動をより批判的に見るようになるのが一般的ななりゆきであるということである。彼らの釈放後三年ないし四年たつと、彼らのほとんどが、収容される以前に感じていたものとははるかにきびしい感情を共産主義に対して表明している。世界の大きなイデオロギー的問題に対する解答を得るため彼らのあてにしているのは、共産主義ではなくて、彼らが若い頃知った西欧の列強であり、彼ら自身の内なる統合であった。この自分たちのうけた思想改造を意識的に否認するということは、決して、心理的な全景をあらわすものではなかった。しかし、意識的な意見というものは、結局は重要な意味をもってくるものである。

(253ページ、強調引用者)

続けてリフトンは「無意識的な影響力」という点では思想改造が「何らかの成功を克ち得た」と言えるとしているが、同時に「たいていの人」がそうした影響を「中性化するのに成功」しているともしている。引用文中で強調しておいた箇所が示すように、ここでリフトンが考察している洗脳の「長期」的な効果とは「釈放後三年ないし四年」といったスパンでの話であって、身柄が解放されてから半世紀もの期間におよぶ効果となればいっそうありそうにないことは明白だろう。

2016-05-21

[]リフトン『思想改造の心理』(1)

  • ロバート・J・リフトン(小野泰博訳)、『思想改造の心理 中国における洗脳の研究』、誠信書房、1979年

刊行年から分かる通り、古典的と言ってよい著作です。原著に至っては1961年のものです。しかし「洗脳」に関する右派の主張はすでに本書によって反駁されているということができます。

 「Brainwashing」ということばは、やがてそれ自体の生命をもって発展していった。もともとは、中国の思想注入テクニック(indoctrination techniques)のことを述べるのに用いられてきたが、いちやはくロシアやヨーロッパの研究にも適用されていった。それから、このことばは、およそ世界のどこであろうとコミュニストの行ってきたことならばどんなことにでもあてはまる言葉になっていった(中略)。しかし、別の場合には、もっと報復的な調子で使われている。例えば、南部の人種差別主義者(segregationist)が、人種平等に賛成の人をだれかれとなく(この中には合衆国の最高法廷が含まれている)「それは左翼の洗脳」によって影響されたものと非難する場合など。あるいは、弗化物注入反対(anti-flouridation=虫歯を防ぐために飲料水に弗化物を入れることに反対)、精神衛生法反対、または、実際の敵対者、ないし想像上の敵対者に対抗する反対グループなどによって無責任に使われている。

(3-4ページ)

すでにこの部分で、現在の日本における「洗脳」の用法が先取りされている感があります。

 この意味論上の(そして意味論以上の)混乱の背後には、「洗脳」というものを、他人の心を支配するための全能で、抗しがたい、しかも不可解な呪術的方法とみるイメージが働いている。もちろん洗脳はいまあげたようなことのいずれでもない。この洗脳ということばの大まかな言葉使いがされるため、このことばが、恐怖、憤懣、服従への衝動、失敗の弁明、無責任な非難や幅の広い、情動的な過激主義全体をひっくるめる好都合な表現の集合点になっている。この用語は、正確どころか、あいまいな用語法と結論できるかもしれない。(後略)

(4ページ)

はたして右派が考えるように「洗脳」は半世紀以上も効果を発揮しうるものなのか!? 次回はその点を紹介することにしましょう。

2016-05-15

[](自称)リアリストのひとたちは「佐藤栄作へのノーベル平和賞授与取り消し」運動でもしてはどうか?

特に驚くには当たらないニュースですが。

1972年の沖縄返還に伴い、いったん撤去した核兵器について、「危機の際には再び持ち込む権利がある」と、アメリカ国防総省が公刊した歴史文書に記されていたことが分かりました。専門家は「これまで密約とされてきた内容が公式文書で示されたのは初めてではないか」と指摘しています。

この歴史文書はアメリカ国防総省が去年公刊したもので、レアード国防長官在任中の1969年から1973年にかけての出来事が、沖縄返還の経緯も含めて詳しく記されています。

(後略)

「権利」ですってよ!

さて、(自称)リアリストな方々はこういうニュースに接しても「もともと非核三原則など宣言するべきではなかった」とか「密約は当然」とか言うのだと思います。とすると、佐藤栄作はもらうべきではない賞をもらったことになるわけですね。だったら無効にしてもらいましょうよ!

2016-04-21

[]”経済関連特集がちょっと多いだけの『WiLL』”こと『Voice』

ワックとか展転社みたいなところが歴史修正主義と民族差別を商品としていることについては「まあそうでもしないと喰っていけないんだろうな」と思うわけですが、そう考えるといっそう罪が重いのが例えば PHP です。ここから出ている月刊誌『Voice』がどんな特集、総特集を組んできたのかちょっとご覧いただきましょう。まずは2016年。

  • 2016年5月号 総力特集:危ない! 韓国(寄稿者に石平、呉善花、拳骨拓史、ケント・ギルバートら)
  • 2016年3月号 総力特集:世界の自滅 日本の自立(西岡力、福島香織、ケント・ギルバートら)/特集:歴史プロパガンダに負けるな!(古森義久、川口マーン恵美、マイケル・ヨンら)
  • 2016年1月号 総力特集:歴史戦争 日本の逆襲(渡部昇一、宮崎正弘、高橋史朗ら)/特集:南シナ海 中国の暴走を止めよ(石平ら)

ここでは歴史修正主義と民族蔑視がダイレクトに出ているものだけを選びましたが、2016年2月号、3月号の総力特集が「沈む世界 浮かぶ日本」「世界の自滅 日本の自立」なのも相当に恥ずかしいです。また連載陣には水間政憲の名前も。次に2015年。

  • 2015年12月号 総力特集:日中韓友好の罠(中西輝政、ケント・ギルバートら)
  • 2015年11月号 総力特集:韓国大変!(シンシアリー、三橋貴明ら)
  • 2015年9月号 夏の大特集:安倍政権を潰すな(渡部昇一、百地章、上念司、倉山満ら)
  • 2015年8月号 総力特集:戦後70年、日本の十字路(石原慎太郎、日下公人、竹田恒泰ら)/特集:膨張する中華帝国(佐藤正久ら)
  • 2015年7月号 総力特集:日米vs中韓(中西輝政、阿比留瑠比、黒田勝弘、古森義久ら。『産経新聞』かよ!)
  • 2015年6月号 総力特集:どん底の韓国経済(三橋貴明、呉善花、シンシアリーら)
  • 2015年3月号 総力特集:日韓「歴史戦争」(櫻井よしこ、黒田勝弘、ケント・ギルバート、山谷えり子ら)
  • 2015年2月号 総力特集:戦後70年 日本の言い分(古森義久、マイケル・ヨン、水間政憲、石平、田母神俊雄ら)

ここでは特集、総力特集だけしかとりあげてませんが、それ以外にも「韓国は日本のストーカーだ ケント・ギルバートVS呉善花」(10月号)なんてのがふつーに載ってたりします。連載陣には水間政憲、百田尚樹、曽野綾子、石平らの名が。ついで2014年。

  • 2014年11月号 総力特集:さよなら朝日、ストップ増税(渡部昇一、水間政憲、上念司、倉山満など)
  • 2014年10月号 総力特集:朝日の慰安婦報道を叱る(呉善花、池田信夫、上念司、倉山満、水間政憲、シンシアリー)
  • 2014年9月号 総力特集:断末魔の朝鮮半島(中西輝政、トニー・マラーノ、山田宏、高橋史朗ら)
  • 2014年8月号 総力特集:創設60周年 日中冷戦、変わる自衛隊(櫻井よしこ、田母神俊雄、潮匡人ら)
  • 2014年7月号 総力特集:断末魔の韓国経済(曽野綾子、三橋貴明、トニー・マラーノ、古谷経衡ら)
  • 2014年5月号 総力特集:クリミアの次は尖閣 中露の暴走を止めよ(中西輝政、渡部昇一、呉善花、佐藤正久ら)
  • 2014年4月号 総力特集:反日に決別、親日に感謝(トニー・マラーノ、三橋貴明、井上和彦、川口マーン恵美ら)
  • 2014年3月号 総力特集:歴史を知らない中韓 靖国批判に反撃せよ(高山正之、倉山満、古森義久、ヘンリー・S・ストークスら)
  • 2014年2月号 新春大特集:驕る中国、沈む韓国(櫻井よしこ、みやしたか飽き、城内実ら)
  • 2014年1月号 総力特集:中国の余命(石平、福島香織、上念司ら)/特集:真珠湾とヤルタ(渡部昇一、百田尚樹、杉原誠四郎ら)

これ以外に12月号の「特集:総理、増税は無理です」には元谷外志雄とトニー/マラーノの対談が! アパとテキサス親父のコラボ! 連載陣には百田尚樹、曽野綾子、水間政憲、小浜逸郎ら。ついで2013年。

  • 2013年12月号 総力特集:驚愕の中韓近代史(中西輝政、石平、拳骨拓史ら)
  • 2013年10月号 総力特集:韓国を叱る(黒田勝弘、三橋貴明、呉善花、石平ら)/特集:自衛隊の底力(佐藤正久、田母神俊雄ら)
  • 2013年9月号 特集:零戦と靖国(百田尚樹、渡部昇一ら)
  • 2013年8月号 総力特集:戦争と国防(中西輝政、倉山満ら)
  • 2013年7月号 総力特集:さよなら「反日」中韓(中西輝政、金美齢、長谷川三千子、西部邁ら)
  • 2013年6月号 特集:米中リスクが日本を襲う(櫻井よしこ、福島香織ら)
  • 2013年5月号 総力特集:日本の復権、中国の凋落(石平ら)
  • 2013年4月号 総力特集:安倍改革で激変する日本(百田尚樹、渡部昇一、佐々淳行ら)
  • 2013年3月号 【特集】中韓と闘う安倍外交(櫻井よしこ、高山正之ら)
  • 2013年2月号 【総力特集】安倍長期政権の力量(長谷川三千子ら)
  • 2013年1月号 【総力特集】自民党政権の真贋(中西輝政、渡部昇一、池田信夫ら)/【特集】米中新冷戦・極東有事に備えよ(古森義久、石平、兵藤二十八ら)

連載陣には百田尚樹、曽野綾子、竹田恒泰ら。

これ以前の2012年にも「「反日」に負けない日本経済」とか「さらば、「反日」韓国」とか「崩れゆく世界、独り勝ちの日本」とか香ばしい総特集名がならびますが、まあこれくらいにしておきましょう。

扇動の度合いがちょっと控えめなだけで、特集の内容といい執筆陣といい『WiLL』と遜色ないことがお分かりいただけると思います。