Hatena::ブログ(Diary)

Apes! Not Monkeys! はてな別館

2108-12-31 運営方針・更新履歴

[]連絡先

メールアドレスは apesnotmonkeys@gmail.com  です(@を半角に変えてください)。

[]主要エントリリスト(「慰安婦問題は朝日の捏造!」説関連)

「河野談話」について知っておくべきたった六つのこと(三分で読めるよ!)

台湾における「慰安婦」の強制連行

無責任きわまりない「河野談話撤回」論者たち

「完全否定」なんてブチあげていいの?

「朝日新聞の捏造」論について

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その2

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その3

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その5

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その6(追記あり)

『「村山・河野談話」見直しの錯誤』ほか

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その7

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その8

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その9

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その10

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その11

16年前から明らかになっていた資料がいまさら問題にされる事態の情けなさについて

朝日新聞の「慰安婦」報道の実態

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その12

1992年1月の「慰安婦」問題報道・3紙比較

恐るべき朝日新聞の洗脳力

「池田信夫の捏造」完全版(エントリ中でリンクをはってある記事についても)

読売新聞の「慰安婦=女子挺身隊」説

「河野談話」をめぐる初期報道について補足と訂正

慰安所従業員の日記、発掘

橋下市長、「旧日本兵慰安婦問題」を捏造

強制連行の証拠は(探さ/公表させ)なかった!(追記あり・タイトル変更)

「寝た子を……」は差別主義者の定番の拠り所、そして秦郁彦の嘘

マスメディアがほとんどとりあげない安倍内閣の窮状答弁と称する事実上の逃避URL更新

日中戦争勃発直前の「廃娼運動」状況

「河野談話さえ葬り去れば大勝利」脳の恐怖

カミングアウトした元「慰安婦」の未成年率

右派は恨む相手を間違えている補足

「問われる戦後補償」(93年11月)

無理解の極北

92年当時のアメリカメディアの反応

河野談話の作成過程を検証するんじゃなかったの?

「慰安所」関連資料の隠滅について

自分の「仮説」にあわせて事実をねじ曲げてるのはどっち?

「慰安婦」問題否認論者に欠けているのは「自由意志」についての常識的な洞察

魂を自ら鎖で繋いだ人間には、鎖で繋がれていない程度のことが「自由」に思えるのだろう

永井先生の論文をちゃっかり「お役に立て」ていた読売新聞

「一種の徒弟修行」という詭弁について

元「慰安婦」の証言を否認しなかった警察

右派の「無能な味方」コレクション

これが21世紀の「進歩的文化人」(by 西尾幹二)だっ!

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その13

[]主要エントリリスト(南京事件関連)

続きを読む

[]主要エントリリスト(その他)。

続きを読む

2017-07-16

[]100年以上続く“反露”行事

 大社によると、大祭は、1905年に沖ノ島沖であった日本海海戦の勝利を記念して始まった。戦前は本土の大社で実施され、58年から海戦のあった5月27日に沖ノ島で催す現在の形になった。一般の上陸は原則禁止だが、大祭のみ全国公募の男性約200人が上陸している。

中国の抗日戦戦勝記念行事や世界各地の日本軍「慰安婦」追悼碑についてこの国のメディアが吹聴してきたことに照らすなら、日本では100年以上も前の出来事をネタにして反露活動を続けている、ということになりますね。

シベリア抑留関連資料の「世界の記憶」登録といい、ほんとうに自らのダブスタに無自覚な社会です。

2017-06-27

[]『昭和天皇の戦争』

  • 山田朗、『昭和天皇の戦争―「昭和天皇実録」に残されたこと・消されたこと』、岩波書店、2017年1月

昭和天皇の政治や統帥への関与については、著者にはすでに『昭和天皇の軍事思想と戦略』(校倉書房)などの著書があり、著者自身断っているように内容的には過去の著作との重複も少なくない。昭和天皇の軍事指導に対する著者の評価は「統帥部のような強引なやり方は困るが、結果として領土・勢力圏が拡大することは容認する」(125ページ)といった具合に要約できるが、これも過去の著作から踏襲されたものである。

しかしながら、サブタイトルにもあるように、現存する資料と『昭和天皇実録』の記述を突き合わせることにより「残されたこと・消されたこと」を明らかにしようとするのが本書の狙いであって、この点については―十分予想されたことであるが―極めて明確な結論に到達している。すなわち、昭和天皇の「戦争・作戦への積極的な取り組みについては一次資料が存在し、それを「実録」編纂者が確認しているにもかかわらず、そのほとんどが消された」(270ページ)のである。

2017-06-23

[](日本の右翼にとっての)恥辱の碑の傍らに佇む名越二荒之助センセイ

日本協議会(日本青年協議会)の機関誌、『祖國と青年』の1994年11月号に「パラオに建てられた鎮魂の碑」という記事が掲載されていたので複写をとりました。寄稿者は名越二荒之助です。

f:id:Apeman:20170623222940j:image

あのこっ恥ずかしい、非実在“ニミッツ提督の詩”を刻んだ石碑の隣に立っているのが二荒之助センセイです。残念ながら、裏面に彫られているはずの中学英語丸出し(しかも、右翼のくせに擬古文の日本語を誤読して英訳したというおまけ付き)の英語バージョンの写真は掲載されておりませんでした。

2017-06-18

[]『二十世紀研究』刊行についての『朝日新聞』報道

『朝日新聞』のデータベースを用いた調べものをしていて、次のような記事があったことをいまさらながら知りました。

  • 『朝日新聞』 2000年12月20日朝刊(京都2) 「20世紀考える雑誌、京大教授らが創刊 /京都」

 京都大学の柏倉康夫教授(当時)の呼びかけで年一回刊行の雑誌、『二十世紀研究』が創刊された、という記事です。そう、永井和先生の「陸軍慰安所の創設と慰安婦募集に関する一考察 」が掲載された雑誌です。

 創刊号には、「アメリカの世紀」という思想▽アンドレ・マルローのインドシナ▽陸軍慰安書の創設と慰安婦募集に関する一考察▽柳原吉兵衛の研究、の四つの論文が並ぶ。

 一方、「従軍慰安婦」をめぐる論争を取り上げたのは永井和教授(四九)。日本の「戦時総動員」体制の中で、慰安婦は最底辺に置かれた女性たちだったと指摘。戦時中の資料をもとに、国家による「公認」と「隠蔽(いんぺい)」という矛盾した姿勢の板挟みになっていたと考察した。

 「二十世紀は戦争の時代であり、また性に対する見方が大きく変わった時代。二つのテーマがクロスするところに、従軍慰安婦という問題があると思う」と話す。

「……と話す」とあることから、永井教授に取材したうえで書かれた記事であることがわかります。

ご承知のように、この論文では右派の定番の主張である「善意の関与」論の誤りが明快に説かれています。記事中で紹介されている論点も日本軍「慰安所」制度を理解するうえで重要なものであるのは間違いないのですが、この時点で『朝日新聞』が「善意の関与」論の破綻を広く伝えることに成功していたら、その後の“論争”の展開も変わったかもしれない……と思うとちょっと残念ですね。