Hatena::ブログ(Diary)

Apes! Not Monkeys! はてな別館

2108-12-31 運営方針・更新履歴

[]連絡先

メールアドレスは apesnotmonkeys@gmail.com  です(@を半角に変えてください)。

[]主要エントリリスト(「慰安婦問題は朝日の捏造!」説関連)

「河野談話」について知っておくべきたった六つのこと(三分で読めるよ!)

台湾における「慰安婦」の強制連行

無責任きわまりない「河野談話撤回」論者たち

「完全否定」なんてブチあげていいの?

「朝日新聞の捏造」論について

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その2

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その3

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その5

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その6(追記あり)

『「村山・河野談話」見直しの錯誤』ほか

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その7

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その8

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その9

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その10

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その11

16年前から明らかになっていた資料がいまさら問題にされる事態の情けなさについて

朝日新聞の「慰安婦」報道の実態

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その12

1992年1月の「慰安婦」問題報道・3紙比較

恐るべき朝日新聞の洗脳力

「池田信夫の捏造」完全版(エントリ中でリンクをはってある記事についても)

読売新聞の「慰安婦=女子挺身隊」説

「河野談話」をめぐる初期報道について補足と訂正

慰安所従業員の日記、発掘

橋下市長、「旧日本兵慰安婦問題」を捏造

強制連行の証拠は(探さ/公表させ)なかった!(追記あり・タイトル変更)

「寝た子を……」は差別主義者の定番の拠り所、そして秦郁彦の嘘

マスメディアがほとんどとりあげない安倍内閣の窮状答弁と称する事実上の逃避URL更新

日中戦争勃発直前の「廃娼運動」状況

「河野談話さえ葬り去れば大勝利」脳の恐怖

カミングアウトした元「慰安婦」の未成年率

右派は恨む相手を間違えている補足

「問われる戦後補償」(93年11月)

無理解の極北

92年当時のアメリカメディアの反応

河野談話の作成過程を検証するんじゃなかったの?

「慰安所」関連資料の隠滅について

自分の「仮説」にあわせて事実をねじ曲げてるのはどっち?

「慰安婦」問題否認論者に欠けているのは「自由意志」についての常識的な洞察

魂を自ら鎖で繋いだ人間には、鎖で繋がれていない程度のことが「自由」に思えるのだろう

永井先生の論文をちゃっかり「お役に立て」ていた読売新聞

「一種の徒弟修行」という詭弁について

元「慰安婦」の証言を否認しなかった警察

右派の「無能な味方」コレクション

これが21世紀の「進歩的文化人」(by 西尾幹二)だっ!

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その13

[]主要エントリリスト(南京事件関連)

続きを読む

[]主要エントリリスト(その他)。

続きを読む

2016-08-15

[]【誤報】「南京事件 兵士たちの遺言」再放送【誤報】

地上波ではなくBS日テレで、ですが。8月21日午前11時より NNNドキュメント15' の「南京事件 兵士たちの遺言」が再放送されます←誤報でした。申し訳ございません。ただし、こちらは本当です。→また番組スタッフの一人清水潔さんの著書『南京事件を調査せよ』(文藝春秋)も今月末に発売とのことです。歴史修正主義者に活躍の場を提供してきたメディアの一つ、文藝春秋から出るのも注目ポイントの一つかと。

2016-08-08

[]BS日テレ「検証 日本人が失敗するとき インパール作戦の無謀 なぜ補給無き戦いに!?」

7月18日にBS日テレの「深層NEWS」で放送された「検証 日本人が失敗するとき インパール作戦の無謀 なぜ補給無き戦いに!?」、録画しておいたのをようやく観たのですが、ゲストの小谷賢氏のコメントがいろいろと疑問の残る内容でした。旧日本軍の「現地調達」方針を説明する際、それがしばしば略奪だったことに触れなかったこと。ビデオフッテージで紹介された元輜重兵連隊の兵士の証言は明らかに米の略奪を示唆していたにもかかわらず、です。牟田口廉也の軍歴を尋ねられて盧溝橋事件に触れなかったこと。インパール作戦時のビルマ方面軍司令官河辺正三とは盧溝橋事件当時連隊長・旅団長の関係だったことにも触れませんでした。無謀な作戦が通ってしまった背景として「温情主義」に言及していながら河辺とのこの関係に触れないのは不自然としか言いようがありません。さらに、総括部分では「温情主義」の問題と「年功序列」の問題とがごっちゃになっていました。


8月10日追記:あ〜、もういっこ思い出した。「インパール作戦の失敗から学ぶ教訓」みたいな話題になった時に、「想定外の事態が起こったときどうするか、というオプションが準備されてなかったのがダメ」(大意)みたいな話になっていたのだが、補給の途絶にせよ雨季にせよ容易に想定できなきゃだめなことなんであって、むしろ「都合の悪いことはネグって想定外だということにしちゃう」ことの問題点なんじゃないですかね。それこそ最近で言えば福一の事故にも通じるような。

2016-08-06

[]史実究明の貢献者、「百人斬り」を語る

(……)昭和12年の南京攻略戦について報道された旧日本軍の「百人斬り」については「なかったと思っている」と指摘。(……)

  ↓

稲田弁護士が原告代理人を務めた裁判における高裁判決(原告全面敗訴、のち最高裁で確定)。

(……)両少尉が、南京攻略戦において軍務に服する過程で、当時としては、「百人斬り競争」として新聞報道されることに違和感を持たない競争をした事実自体を否定することはできず、本件日日記事の「百人斬り競争」を新聞記者の創作記事であり、全くの虚偽であると認めることはできないというべきである。

2016-08-02

[]ハートネットTV「シリーズ戦後71年」「シリーズ戦後70年」

NHK Eテレの福祉関連番組「ハートネットTV」で「シリーズ戦後71年」と、昨年放送された「シリーズ戦後70年」のアンコール放送が行われます。

  • 2016年8月2日(火曜) 再放送2016年8月9日(火曜) シリーズ戦後71年 シリア難民であり障害者である私たち
  • 2016年8月3日(水曜) 再放送2016年8月10日(水曜) シリーズ戦後71年 わたしが見た「ろう者の戦争」
  • 2016年8月10日(水曜) 再放送2016年8月17日(水曜) シリーズ戦後70年 障害者と戦争 ある知的障害者たちの戦中戦後記 第1回 消え入った10の命
  • 2016年8月11日(木曜) 再放送2016年8月18日(木曜) シリーズ戦後70年 障害者と戦争 ある知的障害者たちの戦中戦後記 第2回 “ニュースさん”が歩んだ道
  • 2016年8月15日(月曜) 再放送2016年8月22日(月曜) シリーズ戦後71年 忘れられない、雨―認知症と沖縄戦の記憶―

また2014年に放送された次の番組もアンコール放送されます。

  • 2016年8月16日(火曜) 再放送2016年8月23日(火曜) 平和じゃないと生きられない ―沖縄で語りだした障害者たち―