Hatena::ブログ(Diary)

Apes! Not Monkeys! はてな別館

2108-12-31 運営方針・更新履歴

[]連絡先

メールアドレスは apesnotmonkeys@gmail.com  です(@を半角に変えてください)。

[]主要エントリリスト(「慰安婦問題は朝日の捏造!」説関連)

「河野談話」について知っておくべきたった六つのこと(三分で読めるよ!)

台湾における「慰安婦」の強制連行

無責任きわまりない「河野談話撤回」論者たち

「完全否定」なんてブチあげていいの?

「朝日新聞の捏造」論について

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その2

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その3

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その5

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その6(追記あり)

『「村山・河野談話」見直しの錯誤』ほか

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その7

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その8

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その9

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その10

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その11

16年前から明らかになっていた資料がいまさら問題にされる事態の情けなさについて

朝日新聞の「慰安婦」報道の実態

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その12

1992年1月の「慰安婦」問題報道・3紙比較

恐るべき朝日新聞の洗脳力

「池田信夫の捏造」完全版(エントリ中でリンクをはってある記事についても)

読売新聞の「慰安婦=女子挺身隊」説

「河野談話」をめぐる初期報道について補足と訂正

慰安所従業員の日記、発掘

橋下市長、「旧日本兵慰安婦問題」を捏造

強制連行の証拠は(探さ/公表させ)なかった!(追記あり・タイトル変更)

「寝た子を……」は差別主義者の定番の拠り所、そして秦郁彦の嘘

マスメディアがほとんどとりあげない安倍内閣の窮状答弁と称する事実上の逃避URL更新

日中戦争勃発直前の「廃娼運動」状況

「河野談話さえ葬り去れば大勝利」脳の恐怖

カミングアウトした元「慰安婦」の未成年率

右派は恨む相手を間違えている補足

「問われる戦後補償」(93年11月)

無理解の極北

92年当時のアメリカメディアの反応

河野談話の作成過程を検証するんじゃなかったの?

「慰安所」関連資料の隠滅について

自分の「仮説」にあわせて事実をねじ曲げてるのはどっち?

「慰安婦」問題否認論者に欠けているのは「自由意志」についての常識的な洞察

魂を自ら鎖で繋いだ人間には、鎖で繋がれていない程度のことが「自由」に思えるのだろう

永井先生の論文をちゃっかり「お役に立て」ていた読売新聞

「一種の徒弟修行」という詭弁について

元「慰安婦」の証言を否認しなかった警察

右派の「無能な味方」コレクション

これが21世紀の「進歩的文化人」(by 西尾幹二)だっ!

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その13

[]主要エントリリスト(南京事件関連)

続きを読む

[]主要エントリリスト(その他)。

続きを読む

2017-02-25

[]朝日新聞連載「新聞と9条」で中帰連に言及

『朝日新聞』に連載中の「新聞と9条」、現在は『平和主義の国で」と題する章になっていますが、その第2回から第15回で中帰連の活動が紹介されています。主流メディアで中帰連の活動が伝えられる機会はあまりありませんので、まだご覧になっておられない方はぜひ。

[]NHKアーカイブス「二・二六事件の実像」

明日は二・二六事件から81年目の日となりますが、NHK総合では1979年のNHK特集「戒厳指令“交信ヲ傍受セヨ”〜二・二六事件秘録〜」をNHKアーカイブス枠で放送します。

なお、この時殺害された渡辺錠太郎教育総監の次女、渡辺和子さんが昨年末に亡くなっていますが、関連記事をいくつかご紹介します。

また昨年放送された「こころの時代〜宗教・人生〜 アンコール シリーズ 私の戦後70年」が先日再放送されていたのですが、こちらはご案内しそびれてしまっておりました。

https://hh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20170218-31-16255

2017-02-12

[]BS1スペシャル「戦艦武蔵の最期〜映像解析・知られざる“真実”〜」再放送

地上波の NHKスペシャルで放送された「戦艦武蔵の最期 〜映像解析 知られざる“真実”〜」が BS1スペシャルでは長尺版になっていたことは、こちらで Teru さんからご紹介がありましたが、本日 BS1で再放送されます。

http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/2443/2894200/index.html

[]『毛沢東の対日戦犯裁判』

  • 大澤武司、『毛沢東の対日戦犯裁判―中国共産党の思惑と1526名の日本人』、中公新書

タイトル通り中国共産党政府による日本人戦犯(容疑者)の処遇をテーマとしたもの。比較的最近の刊行で入手しやすい類書としては岩波新書の『中国侵略の証言者たち』などがありますが、本書は第5章と終章で元戦犯(容疑者)たちの戦後(中帰連の分裂と再統合の経過を含む)についてもある程度詳しく紹介されているのが特徴です。

2017-02-07

[]『南京の真実』第三部「支那事変と中国共産党」、完成(?)披露試写会

去る1月30日に予告されていた映画『南京の真実』の第3部の完成披露試写会の報告が、チャンネル桜の1月31日付【Front Japan 桜】で行われています(4分25秒あたりから)。試写前の監督挨拶でいきなりのお詫びが。ブルーレイディスクの作成過程にミスがあり映像が途切れる箇所がある、と。ほんとかなぁ。中断箇所で説明に出てきた監督によれば「いちばん最後の大事なところ」を見てもらえなかったそうです。一番最後の、大事なところ、ですか……。

で、2月22日に同じ会場で仕切り直しの試写会をやるそうです。3週間もあればさぞかし編集作業も進むことでしょう!

2017-01-24

[]産経新聞今昔物語

南京事件否定論者が最後に逃げ込むのが「しかしとにかく30万じゃない」という主張です。ではこの点について、「新しい歴史教科書をつくる会」が結成されるなど歴史修正主義運動が盛んになる1990年代後半より前の『産経新聞』にはどのような記事が掲載されていたのでしょうか。

1994年に『産経新聞』は「【南京事件の真実】検証断罪史観」という連載を行っています(まだ「自虐史観」じゃなかったわけですね)。連載の第18回から22回までが、当時千葉大学の教授だった秦郁彦氏のインタビュー記事です。

 ――「南京事件」における不法殺害の数については、東京裁判の論告でも十万とか二十万とかに分かれていて、詰めきれていないというお話でしたが。


 秦 ええ。それで日本側にそれに対抗できるような公的な数字があるかどうかなんですが、松井(石根)中支那方面軍司令官が兵の暴行、不軍紀行為を怒って注意を与えたと法廷で証言していましたので、それなら当然、憲兵隊や陸軍省が全面的な調査をやったろうと私は期待していました。ところが、どうも調査をやった形跡がない。部分的なものがあったとしても、この四十年ばかりずいぶん探しましたけど、見つからないんですね。


 ――今後もそういうものが見つかる可能性は少ないと。


 秦 残念ながらまずそういうものが出てくる可能性はないでしょう。中国側では中国大陸におけるいろんな残虐事件のいわばシンボルとして南京大虐殺記念館に三十万という数字をかかげているわけですが、それに対抗できる日本側の数字はないということですね。したがってただ三十万は多過ぎる、という言い方だけでは、どうも(反論材料としては)弱いんじゃないかというのが私の率直な感じです。中国側としては象徴的な数字ですから、日本側から、この数字はウソだといわれると、メンツ上、ウソの証拠をだせとなる。しかし、日本側としては対抗できる証拠がない、これが現状かと思うんですね。


 ――秦先生自身は、不法殺害の数をどうとらえていられるのですか。


 秦 私は積み上げ方式、つまり日本側の戦闘詳報その他から積み上げていって不法殺害は約四万という数字を出しています。しかし、この数字も中国側の数字に対抗できるとは思っていません。私としても約四万というのは、とりあえずの数字だと著書の『南京事件・「虐殺」の構造』(中公新書)の中で断っているわけですけど、そうした状況はいまも変わっていないんじゃないでしょうか。

(94年7月2日、東京本社版朝刊、【南京事件の真実】検証断罪史観(19)秦郁彦・千葉大教授(2)、強調は引用者)

中公新書の『南京事件』のあとがきとほぼ同じ論旨ですが、強調箇所などはなかなか興味深いですね。

なお、「三十万」というのは単なる「象徴」ではないし中国にとっての「メンツ」だけの問題でもない、と私は考えています。度々当ブログで指摘しているように日本はサンフランシスコ講和条約により戦犯裁判を「受諾」しています。日本政府が「受諾」したもののなかには東京裁判の「二十万」や南京裁判の「三十四万」という犠牲者数認定も含まれているわけです。中国は(国民党政府も共産党政府も)サンフランシスコ講和条約には参加していませんが、日本が国際社会に復帰するにあたって行った約束を守るよう求めることにはそれなりの理があると考えるべきでしょう。


なおこの連載を読んでいると、聞き手である産経新聞記者の側の意識も現在とはかなり違っているように感じられます。

 ――便衣兵狩りもあったようですが。


 秦 便衣というのは庶民が着ている作業服ですが、フランスのレジスタンスのように一般市民がドイツ兵にゲリラ的抵抗をしたケースとは少し違います。南京の場合は、逃げ場を失った兵士が便衣に着替えて難民区に逃げ込んだ例が多かった。入城式をひかえて彼らがゲリラ化するのを恐れた松井軍は、難民区に入って便利兵狩りをやります。しかし、良民との区別がつかないので、一緒に処刑してしまったのです。


 ――不法殺害に相当するわけですね。

(94年7月4日、東京本社版朝刊、【南京事件の真実】検証断罪史観(21)秦郁彦・千葉大教授(4)、強調は引用者)

いまの『産経新聞』なら「それは国際法で許されているのではないですか」とでも質問するところでしょう。