Hatena::ブログ(Diary)

Apes! Not Monkeys! はてな別館

2017-07-16

[]100年以上続く“反露”行事

 大社によると、大祭は、1905年に沖ノ島沖であった日本海海戦の勝利を記念して始まった。戦前は本土の大社で実施され、58年から海戦のあった5月27日に沖ノ島で催す現在の形になった。一般の上陸は原則禁止だが、大祭のみ全国公募の男性約200人が上陸している。

中国の抗日戦戦勝記念行事や世界各地の日本軍「慰安婦」追悼碑についてこの国のメディアが吹聴してきたことに照らすなら、日本では100年以上も前の出来事をネタにして反露活動を続けている、ということになりますね。

シベリア抑留関連資料の「世界の記憶」登録といい、ほんとうに自らのダブスタに無自覚な社会です。

s3731127306s3731127306 2017/07/16 19:15  ほとんど指摘されていないのですが、「満洲国」内にロシア人「慰安婦」がいた、日本軍特務機関長がロシア人女性に性の相手をさせた、という日本人将兵の目撃証言がありますので、日本軍「慰安婦」問題においてもロシアは当事国の一つなんですよね。私が知る限り、ロシア政府が何か行動を起こしているという情報は入っていないのですが。

http://www.geocities.jp/satohpone/manchu/sol_test.html

 そもそも、日本では「日本とアメリカが戦争したことを知らない人が多い」とよく言われていますが、日本近代においてアメリカよりロシアの方が仮想敵国とされた度合いが強いことは明らかなんですよね。その”度合い”については論議の余地があるとはいえ。日本の朝鮮侵略のころから重要な当事国ですし、一九四五年の日本の戦争終結についても原爆投下よりソ連侵攻が重要だったという意見には一定以上の説得力があると私は思いますし、冷戦下も日本の仮想敵国(の一つ)がソ連(ロシア)だったことは誰も否定できないことですし。
 以前、岸田秀さんが「日本はペリー来航以来アメリカコンプレックスがあってそれが日米戦争(と敗戦)の原因だ」という「精神分析的議論」というのをチラッとみたことがあるのですが、それこそ事後的な歴史の見方だと思います。岸田さんには一定以上の賛同者がいるらしいのですが……。

 ちなみに、現在の岸田秀さんは、バリバリの歴史修正主義者になっています。かなり以前からその傾向があって、網野善彦氏に論難されていたようなのですが。

http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170312/1489213194

s3731127306s3731127306 2017/07/16 19:28 一応、念のために。

私個人としては、ロシア政府が特に反対しないこと・日本における反露感情を増大させるとはあまり考えにくい(そもそも知名度が低いと考えられる)ことをふまえて、大祭をやめるかどうかはそれこそ当事者の主体性にまかせるほうがいいと思います。これよりも、靖国神社の問題のほうがよほど優先順位が上だと思いますから。靖国のように、この「大祭」のほうにも、神社本庁の意思がからんでいるだろうことは、簡単に予想できますが。

TeruTeru 2017/07/16 23:22 いわゆる「戦後70年安倍談話」では、
わざわざ日露戦争を、旧植民圏の「勇気づけ」自負に使っていたりします。

http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/discource/20150814danwa.html
>日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。

近年の、日朝・日韓・日中の「係争」扱いを見るに、
東京都や島根県の「地方行事」が対立を高める手段に使われてきています。

それら「日本人の反感醸成」具合を見るに、
政府なり国内有力者が、対ロの「懐柔」から「対決」を選べば、
地方行事が「ネタ」で済まなくなっても不思議では無いだろうなと。

TeruTeru 2017/07/17 07:36 先の「日露首脳会談」に先立ち、プーチン側は
「領土問題は存在しない」「日米安保適用外とするのか」「ミサイル配備の公開」
といった鮮明な立場を既に見せています。

これでも日本側国内が「反露感情」一色では無いと言うのは、
単に国内での主要メディアの、中央(政府の”経済協力”による懐柔策)従属方針の反映でしか無いでしょう。

ちょうど、北の三代目相手への対応として、
安倍政権が使った「横田めぐみ”孫”弾三国面会」のその後などが、問題視を避けられているように。

横田めぐみさん両親「孫に会いたかった」 【会見詳報】
The Huffington Post
投稿日: 2014年03月17日 13時10分 JST 更新: 2014年03月17日 15時37分 JST
http://www.huffingtonpost.jp/2014/03/16/north-korea-abductees_n_4976862.html
>3月10日から14日にかけてモンゴルのウランバートルで面会

>できれば何かの機会に会いたいということを外務省とお話ししていましたら、時間がかかりましたけど、
>セットして下さいましたんで、ありがたく思っております。

ApemanApeman 2017/07/18 17:22 s3731127306 さん

>岸田さんには一定以上の賛同者がいるらしいのですが……。

たしか内田樹がそうだったような記憶が……。
私は岸田秀のその議論を誰かが援用しているのを見かけたら、その瞬間
頭の中のゴミ箱に放り込んでおります。

Teruさん

>これでも日本側国内が「反露感情」一色では無いと言うのは、

日本のメディアは、プーチンのように「ネタを提供してくれるキャラ」が
大好きですしね。

s3731127306s3731127306 2017/07/18 19:37 Teruさん

>ちょうど、北の三代目相手への対応として、


こまかいようにおもわれるかもしれませんが、日本政府と主要メディアがあれだけ朝鮮政府への敵意をあおっているなか、「北」と略称だけであつかうのは、日本と朝鮮半島の交友にとって、マイナスにしかならないとおもいます。
私ならば、「朝鮮政府」とだけします。文脈で意味が判別できると考えますから。

http://www.dce.osaka-sandai.ac.jp/~funtak/papers/gakkai_40.html

TeruTeru 2017/07/18 22:16 私としては、「金正恩政権」などと書く代わりに
「北の三代目」と書いたのは、
意味が通じる範囲で、「敵意をあおっている」キーワード
(例えば、金正男氏の私生活が、暗殺の報と共に大量に流された)を外して書いたつもりでした。

>私ならば、「朝鮮政府」とだけします。文脈で意味が判別できると考えますから。

そう言われるのでしたら、自ら英語圏向けサイト(関連団体経由か、http://www.korea-dpr.com/)で使っていたりする、
「DPRK」のほうがまだ妥当では。

「朝鮮政府」とだけした場合、「Koreaの正当な政府はDPRKのみである」という、
朝鮮戦争(南進・武力統一策)にもつながったDPRKの立場も入ってくるのではないかと。

もちろん、「韓国人」さらには韓国メディアの邦訳で使われたりする「韓半島」といった表現にも、
「Koreaの正当な政府は韓国政府のみである」という立場が背景にあるのでしょうが、
ソ連崩壊を機に、「朝鮮戦争開戦」の内情(当時は”動乱”とも言われ冷戦の先鋭化扱い)が出てきていますから。

また冷戦後、いつのまにか蔑称で韓国を指して「下朝鮮」とか、
(もともと北朝鮮側の認識であるという)「南朝鮮」と言っているケースが出てきています。
いずれも「韓国と言うが、本質は日本語圏の既成イメージとしての”朝鮮人”である」という含意があるので、そういった言い方に被るのは避けたいなと。

もう一つの言い方としましては、
しばしば「ワシントン」「モスクワ」「北京」「東京」といった地名を、
そこに首都を置く現政権の比喩表現とする方法はありますから、
「ピョンヤン」と呼ぶ言い方も考えられるでしょうか。

TeruTeru 2017/07/18 23:42 >(関連団体経由か、http://www.korea-dpr.com/)

この辺り(認証を要さない、Webサイトの真偽)は、日本語圏からでは確認が難しいので、追記。

国連における、国の表記の扱いの一例。

UN Documents for DPRK (North Korea)
http://www.securitycouncilreport.org/un-documents/dprk-north-korea/

DPRK (North Korea)としている。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証