Hatena::ブログ(Diary)

Apes! Not Monkeys! はてな別館

2108-12-31 運営方針・更新履歴

[]主要エントリリスト(「慰安婦問題は朝日の捏造!」説関連)

「河野談話」について知っておくべきたった六つのこと(三分で読めるよ!)

台湾における「慰安婦」の強制連行

無責任きわまりない「河野談話撤回」論者たち

「完全否定」なんてブチあげていいの?

「朝日新聞の捏造」論について

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その2

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その3

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その5

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その6(追記あり)

『「村山・河野談話」見直しの錯誤』ほか

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その7

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その8

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その9

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その10

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その11

16年前から明らかになっていた資料がいまさら問題にされる事態の情けなさについて

朝日新聞の「慰安婦」報道の実態

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その12

1992年1月の「慰安婦」問題報道・3紙比較

恐るべき朝日新聞の洗脳力

「池田信夫の捏造」完全版(エントリ中でリンクをはってある記事についても)

読売新聞の「慰安婦=女子挺身隊」説

「河野談話」をめぐる初期報道について補足と訂正

慰安所従業員の日記、発掘

橋下市長、「旧日本兵慰安婦問題」を捏造

強制連行の証拠は(探さ/公表させ)なかった!(追記あり・タイトル変更)

「寝た子を……」は差別主義者の定番の拠り所、そして秦郁彦の嘘

マスメディアがほとんどとりあげない安倍内閣の窮状答弁と称する事実上の逃避URL更新

日中戦争勃発直前の「廃娼運動」状況

「河野談話さえ葬り去れば大勝利」脳の恐怖

カミングアウトした元「慰安婦」の未成年率

右派は恨む相手を間違えている補足

「問われる戦後補償」(93年11月)

無理解の極北

92年当時のアメリカメディアの反応

河野談話の作成過程を検証するんじゃなかったの?

「慰安所」関連資料の隠滅について

自分の「仮説」にあわせて事実をねじ曲げてるのはどっち?

「慰安婦」問題否認論者に欠けているのは「自由意志」についての常識的な洞察

魂を自ら鎖で繋いだ人間には、鎖で繋がれていない程度のことが「自由」に思えるのだろう

永井先生の論文をちゃっかり「お役に立て」ていた読売新聞

「一種の徒弟修行」という詭弁について

元「慰安婦」の証言を否認しなかった警察

右派の「無能な味方」コレクション

これが21世紀の「進歩的文化人」(by 西尾幹二)だっ!

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その13

2017-05-13

[]NHKの忖度

国連の拷問禁止委員会が2015年末の日韓「合意」について、内容が不十分だとして韓国政府に対し見直しを「勧告」した件。読売新聞や産経新聞も「見直し」を「勧告」したという見出しで報じています。

ところが、NHK NEWS WEB の見出しは「国連の委員会 慰安婦問題の日韓合意評価も懸念」となっており、読売や産経の見出しにない「評価」を加えた上で「見直し」「勧告」には言及していません。もちろん、記事本文には「韓国政府に対し国際条約にのっとった改善を合意に反映させるべきだと勧告しました」とあるものの、見出しというのは「クリックして中身を読むかどうか」の判断材料になるものです。いわば記事の看板です。拷問禁止委の勧告のインパクトを薄めたいという意図を感じずにはおれません。

2017-03-18

[]『私は貝になりたい』を反米プロパガンダのファンタジーと断罪する者だけが『鬼郷』に石を投げよ

日本では商業ベースでの上映などおよそ実現しそうにない映画『鬼郷』に対して歴史修正主義者が難癖をつけていることについては、すでに法華狼さんが紹介しておられる。

http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20160216/1455694424

産経新聞はというと、予想を裏切らないコラムが掲載されている。

http://www.sankei.com/column/news/160305/clm1603050005-n1.html

この映画が元「慰安婦」被害者カン・イルチュルさんの証言をもとにしつつも劇映画としての脚色を加えられたものであることは、制作者の発言やこの映画のジャンル分類(「ドキュメンタリー」映画であるとはされていない)などからも明らかである。したがって、この映画が「全ての慰安婦がこのような目にあった、主張している!」などと言う人間がいるとすれば、それはその者の映画リテラシーの欠如を現しているに過ぎない。

そもそも劇映画が“典型的な状況”だけを描かねばならないとする理由などないわけだが、日本において高評価を受けてきた戦争関連映画にも“きわめて偏った”ものがあることも指摘しておきたい。タイトルに挙げた『私は貝になりたい』である。

この映画が“ゴボウを捕虜に食べさせたせいで死刑になった日本兵がいる”というデマの起源(の一つ)となり、さらには「裁判記録を読んだ」などと嘘をつくデマゴーグまで生み出したことは、このブログでも過去に指摘しておいた。主人公の元二等兵は死刑になるわけだが、実際のBC級戦犯裁判では死刑を執行された二等兵はおらず、一等兵は2人だけ、上等兵および兵長(これらの階級は“ただ招集されただけ”の者としては軍隊の中で“うまくやってきた”ことを意味する)があわせて23人にすぎない。軍隊というのが階級が上がるほど人数の減るピラミッド状の組織であることを考えれば、BC級戦犯裁判で将校でも下士官でもない兵士が死刑になる、というのは非典型的もいいところなケースだということがわかる。これに比べれば、『鬼郷』で描かれたような「慰安婦」の状況が非典型的であるという主張の方が、遥かに具体的根拠がない、ただの願望に引きづられたものであることは明らかだろう。


では現実にはない設定を持ち込んだ『私は貝になりたい』はただの反米プロパガンダ映画として斥けられるべきなのだろうか? もちろんそんなことはないし、現に日本ではそのような評価は受けてこなかった。というのも、「二等兵」という地位は“命令に従った結果として過酷な目に遭う”という普遍性をもつモチーフを表現するうえで、非常にわかりやすい設定だからだ。

もちろん私なら、こういう批判はする。二等兵よりも軍隊内ハイアラーキーの下位にあり、かつ現実に刑死者を出した軍属(捕虜監視員が多かった)、特に植民地出身者を主人公にすることができなかったのはなぜか? と。

2016-03-04

[]いったいどんな「事実」?

日本政府が国連女性差別撤廃委員会の対日審査の場で「強制連行」を否定するらしい、という報道に対して2月1日に記事を書いたわけですが、報道通りに2007年のインチキ閣議決定を盾に「強制連行」を否定した外務省の杉山審議官は「なお、「性奴隷」といった表現は事実に反します」とも発言したとのこと。「事実に反します」! それ、いったいどんな「事実」なんでしょう? 野党にはぜひ追及してもらいたいものです。

2016-02-16

[]日韓「合意」連続シンポジウム

東京なので私は参加できませんが。

http://fightforjustice.info/?p=4161

  • 日韓「合意」と日本の「慰安婦」問題認識――忘却のための「解決」は許されない

日時:2016年2月27日(土)13:30〜17:15(開場=13:00)

会場:韓国YMCA地下ホール・スペースY

参加費:一般1000円、非正規・学生500円

共催:日韓「合意」と日本の「慰安婦」問題認識シンポジウム実行委員会、日本軍「慰安婦」問題web サイト制作委員会


  • 「慰安婦」問題と現代韓国 ――日韓「合意」の何が問題か

日時:2016年3月19日(土)12:30〜15:45(開場=12:00)

会場:中央大学駿河台記念館281教室

参加費:一般1000円、非正規・学生500円

主催:日本軍「慰安婦」問題web サイト制作委員会


また最初のシンポジウムの開催日と同じ2月27日には世織書房から Fight For Justice のムック『〈平和の少女像〉はなぜ座り続けるのか』が刊行されるとのこと。

http://fightforjustice.info/?p=4232