Hatena::ブログ(Diary)

Apes! Not Monkeys! はてな別館

2108-12-31 運営方針・更新履歴

[]主要エントリリスト(日本軍「慰安婦」問題関連)


「河野談話」について知っておくべきたった六つのこと(三分で読めるよ!)

台湾における「慰安婦」の強制連行

無責任きわまりない「河野談話撤回」論者たち

「完全否定」なんてブチあげていいの?

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その2

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その3

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その5

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その6(追記あり)

『「村山・河野談話」見直しの錯誤』ほか

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その7

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その8

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その9

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その10

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その11

16年前から明らかになっていた資料がいまさら問題にされる事態の情けなさについて

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その12

慰安所従業員の日記、発掘

橋下市長、「旧日本兵慰安婦問題」を捏造

強制連行の証拠は(探さ/公表させ)なかった!(追記あり・タイトル変更)

「寝た子を……」は差別主義者の定番の拠り所、そして秦郁彦の嘘

マスメディアがほとんどとりあげない安倍内閣の窮状答弁と称する事実上の逃避URL更新

日中戦争勃発直前の「廃娼運動」状況

「河野談話さえ葬り去れば大勝利」脳の恐怖

カミングアウトした元「慰安婦」の未成年率

右派は恨む相手を間違えている補足

「問われる戦後補償」(93年11月)

無理解の極北

河野談話の作成過程を検証するんじゃなかったの?

「慰安所」関連資料の隠滅について

自分の「仮説」にあわせて事実をねじ曲げてるのはどっち?

「慰安婦」問題否認論者に欠けているのは「自由意志」についての常識的な洞察

魂を自ら鎖で繋いだ人間には、鎖で繋がれていない程度のことが「自由」に思えるのだろう

永井先生の論文をちゃっかり「お役に立て」ていた読売新聞

「一種の徒弟修行」という詭弁について

元「慰安婦」の証言を否認しなかった警察

右派の「無能な味方」コレクション

これが21世紀の「進歩的文化人」(by 西尾幹二)だっ!

「証拠を出せ? 出したらちゃんと自分の目で見るんだろうな?」その13

教科書に虚偽の記述を加えさせる教科書検定

「強制されたというなら兵隊さんも同じ」論の誤り

2018-03-16

[]安倍政権は朝日新聞の三連勝についてコメントすべき立場

ご承知の通り、外務審議官時代に国連女子差別撤廃委員会で「朝日の捏造」説をぶち上げた杉山晋輔が駐米大使になっています。赴任に先立ち『産経新聞』のインタビューを受けた杉山新大使は次のように発言しています。

 米国でもいろいろなところに慰安婦像が建ち、関係する決議が議会で通っている。大変遺憾なことです。日本を代表する立場の者として、できるだけいろんな地方に足を延ばし、総領事とともに肩を並べてこれまで以上に努力し、誤解を解いていきたい。

 私自身、2016年の国連女子差別撤廃委員会で、慰安婦に関する日本の考え方を説明しました。

 《杉山氏は外務審議官だった平成28年2月、国連女子差別撤廃委で、軍による慰安婦強制連行を報じた朝日新聞の誤りを指摘し、「性奴隷」との表現にも「事実に反する」と主張した》

 あのときに言った内容は鮮明に頭に入っています。日本政府の立場は、あれに尽きています。ああいう日本の非常に明確な確固たる立場があるので、皆さんにわかってもらう努力をするのが大使の重要な役目の一つだと確信しています。

《  》内は『産経』による補足部分です。


さて、3つの右派グループが『朝日新聞』に対して起こしていた「慰安婦」報道訴訟は、昨月24日までにすべて原告敗訴で決着しました。

先に決着していた2件(正確には同じグループが2つ訴訟を起こしたので3件)の訴訟はほぼ法律論で原告の請求を斥けたのに対し、最後に決着した日本会議系の訴訟では『朝日』の報道をめぐる原告の主張にも踏み込んで判断し、“朝日の誤報のせいで国際社会が誤解した”という主張も斥けられています。安倍首相自身も含め、安倍政権はこの右派のデマにのっかってきました。しかしその主張は司法によって斥けられたわけです。その意味で、これは極めて重要な判決です。

誰かこの点について、質問主意書で追及してくれる国会議員がいればいいのですが。

2017-12-30

[]上告もせずに終わっていた「朝日新聞を糺す国民会議」訴訟

チャンネル桜が主導する「朝日新聞を糺す国民会議」が『朝日新聞』に対して起こしていた訴訟は一審原告敗訴、今年の9月末に控訴審でも原告敗訴の判決が下っていたわけですが、その後どうなったのか久しぶりにサイトを覗いてみたら、上告せずに敗訴判決が確定していたようです(上告しませんでしたとは書いてませんが、期限はとっくに過ぎているのに「上告しました」というお知らせがないのでそのように判断しました→コメント欄もご参照下さい)。

こちらに控訴審判決がアップされているのですが、言うまでもなく原告の完敗です。


争点1:朝日の「慰安婦」問題報道により原告(控訴人)らの「国民的人格権・名誉権」が侵害されたか

f:id:Apeman:20171230143237j:image


争点2:誤報を訂正しなかったことは不法行為か

f:id:Apeman:20171230143520j:image


争点3:「知る権利」が侵害されたか

f:id:Apeman:20171230143608j:image


争点4:除斥期間は経過しているか

f:id:Apeman:20171230143709j:image


争点5:朝日英字紙の記事は損害を継続させているか

f:id:Apeman:20171230143819j:image


ご覧のとおり、どの争点についても原告の主張は退けられています。

2017-11-24

[]「強制されたというなら兵隊さんも同じ」論の誤り

相変わらず「吉田証言」の一点突破全面展開的発想で大阪市長が愚行を繰り広げている今日このごろですが、「強制連行」を巡ってはもう一つ「強制されたというなら兵隊さんや従軍看護婦だって同じだ」という否定論があります。軍がつくった「慰安所」の規定で外出や廃業が「許可制」になっていることは否定し難いので、「兵隊や従軍看護婦だって自由にやめたりできない」というわけですね。

この論法が誤っているのは、「正当な根拠を持つ強制とそうでない強制」という当たり前の区別を無視しているからです。大日本帝国では兵役には憲法上の根拠があり、さらに兵役法という法的な根拠がありました。従軍看護婦についても、日赤の看護婦養成規則に有事の際の従軍の義務が規定されています。

これに対して、いかに大日本帝国といえども国家が帝国臣民(あるいは占領地の住民)に性労働を課す根拠となるような法などありません。改正野戦酒保規程は「慰安所」設置の法的根拠とはなりましたが、軍従属者である「慰安婦」に性労働を強いる根拠となるような法はありません。彼女たちを縛っていたのは事実上の奴隷契約である「慰安所」業者との契約か、そうでなければむき出しの暴力だったわけです。こんなものを兵役と同列に並べることができるわけはありません。

2017-05-13

[]NHKの忖度

国連の拷問禁止委員会が2015年末の日韓「合意」について、内容が不十分だとして韓国政府に対し見直しを「勧告」した件。読売新聞や産経新聞も「見直し」を「勧告」したという見出しで報じています。

ところが、NHK NEWS WEB の見出しは「国連の委員会 慰安婦問題の日韓合意評価も懸念」となっており、読売や産経の見出しにない「評価」を加えた上で「見直し」「勧告」には言及していません。もちろん、記事本文には「韓国政府に対し国際条約にのっとった改善を合意に反映させるべきだと勧告しました」とあるものの、見出しというのは「クリックして中身を読むかどうか」の判断材料になるものです。いわば記事の看板です。拷問禁止委の勧告のインパクトを薄めたいという意図を感じずにはおれません。