Hatena::ブログ(Diary)

アラッポ・カーロの備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-04-30(土) はれ

チェルシーな一日

チェルシーな一日と言っても、昨晩のロイヤル・ウェディングがらみのロンドンチェルシー地区とはまったく関係のない一日な分けですが、朝のこのツイートからチェルシーモード突入。自分はサッカーあまり見ないのでチェルシーFCネタには繋がらないのでありました。

現実は、チェルシーな気分とはまったく関係の無い、年末大掃除以上に部屋の片付けを行いました。やはり大掃除も寒い時期よりも今ぐらいの陽気のときに行うのがいいですね。早速、ニトリでカラーボックを3セット購入。組み立てるだけでけっこう大変でした。そこへ、いままで乱雑に積み上げていただけのものを収納。整理したというよりは、とにかく収納したというレベルで本日は精一杯でした。まだまだ、断捨離の域にまでは到達できていません。でも未整理ですがなんとか収納されると、部屋の雰囲気もスッキリして少しはチェルシー地域に住んでいるような気分に近づけたでしょうか?(そんなわけはないですね)

というわけでチェルシーソング特集です。チェルシーは3部構成、基本「Chelsea」絡みな選曲、次は、最近はTwitter de凄い人気なようですが、数年前にサエキけんぞうさんとポッドキャスティングを配信していたまつゆうさんのユニット「chelucy」関連、最後に言わずと知れた、ナイアガラのアレンジャー「ちぇるしい」関連から選択してみます。


  • The Fratellis - Chelsea Dagger
    最近方々ですが、楽しい曲ですね。メンバー全員ラモーンみたいにフラテリスの姓を名乗っているそうです。どことなくグラムロック系な感じがぐっど。
    D
  • chelucy*garden
    このユニットけっこう好きなんですよね。
    D

2011-04-29(金) はれ

連休初日に頭を丸めました

売上減の責任をとって頭を丸めました。と言ってもマルガリータまでにはしていないのですけどね。なんかスッキリしました。気分もスッキリ。たまにスッキリしたくなるのですが、前回ほどのギャップはないかもです。(前回ベリーショートにしたときの日記

今回も家族によると、短髪はやや老け顔になり、顔もデブ顔になるようです。そんな忠告を今回も無視してサッパリあたまとなりました。今回はややソフトモヒカンちっくな髪型にしてみました。老けて見える要因の1つに髪が長い時より白い物が目立ってしまうからなようです。もちろんカラーリングで対応。今回10連休なので休み中は金髪にでしようかと思いましたが連休途中嫁実家へ行く予定ができたのでやめました。

BGM:モヒカンといえはインディアン

  • ジェリー藤尾 - インディアン・ツイスト
    作詞:永六輔 / 作・編曲:中村八大。この曲自体は以前より知ってましたが、改めて68コンビであったと知りました。八大さんのツイストいいですね。歌詞も落語モチーフなのがまたいいです。思想のない音楽ですな。
    D

2011-04-28(木) 晴れ

ぬるま湯は出られないものです(やや愚痴っぽいのでスルー推奨)

本日で、4年間の客先常駐プロジェクトが一区切り迎えました。案件自体は終了したわけではなく、単価が落とされて弊社の後輩とローテーションとなったわけです。その後輩君は先月まで同じフロアーの別プロジェクトで常駐してわけですから、実質私一人分商売の規模削減となってしまったのでした。

まあ、内部に常駐していたからその会社の景気の悪さはよく分かっていたのですけどね、物凄い経緯削減の嵐。当然外部委託案件はコストカットの対象となってしまうのですよね。

今にして思うと、この時を見越して色々と手を打っておくべきでした、現在のプロジェクトが初期の混乱期に火消し的に送り込まれたわけですが、さすがに4年も経てば落ち着いてきますよね。内部にいるうちに次の展開の芽を探しておくべきでした、日々の仕事をただ回すだけで迫り来る変化に対応出来ませんでしたね(「チーズはどこへ消えた」かって感じ)。今回のプロジェクトは比較的、最初から緩かったですからね。自社で開発案件で徹夜続きも辛いけど、いや、その前にその開発案件自体が無いのです。仕事探しにでなきゃ。そう、この客先常駐期間はある意味ぬるま湯に浸かった状態でした。ぬるま湯に浸かっている状態とはそれ自身決して心地良いものではないのですが、そこから出るのは寒くてなかなか出れないような状態の事をいうのですね。やっとぬるま湯をでれました。

というわけで、これからが大変なわけですがとりあず自分自身にお疲れ様と言っておこう。そして資金がなく勿体無い10連休がはじまるのでした。


  • ほんとにほんとにご苦労ね
    ドリフは軍歌替え歌が多いですね
    D

2011-04-27(水) はれ ちと暑い

アニメ監督、出崎統さん死去

アニメーション監督の出崎統さん(でざき・おさむ)が17日、肺がんで死去した。67歳。通夜は20日午後6時、葬儀は21日午前9時30分から東京都府中市多磨町2の1の1の多磨葬祭場思親殿で。喪主は兄哲(さとし)さん。

鉄腕アトム」からアニメの演出を手がけ、「あしたのジョー」「エースをねらえ!」「宝島」「ガンバの冒険」などで監督を務めた。

アニメ監督・出崎統さん死去 「あしたのジョー」

最近はアニメ関係の情報を積極的に入手していなかったらこのような訃報が流れていたのですね、ぜんぜ気が付きませんでした。代表作が多くて一体どの作品を中心に故人を偲んだら良いのかわからないくらいです。この監督、アニオタ第一世代にとってはみなさんけっこう思い入れあるのではないでしょうか。アニメがまだ、テレビのマンガであった時代。我々第一世代は、世間的に子供の観るもの的アニメを中学生や高校生になっても楽しんでしまおうとしていた時代。ちょっと観賞に耐えうるいい作品があるなと思うと、出崎監督作品でした。まだ、アニメ界にスター監督が存在していなかった時代。気に入った番組のスタッフロールにいつも同じ演出家の名前。知らず知らずのうちに私たちは、出崎監督の魅力に引き込まれて言ったのでした。

本当に素晴らしい作品を、しかも自分が多感な時期に残していただきありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。

  • ガンバの冒険 OP ガンバのうた
    作詞:東京ムービー企画部 作曲:山下毅雄 歌:河原裕昌。あくまでも子供むけなのですが物凄い深いドラマ、出崎監督の訃報を聞いて一番先に思い出しました。
    D

  • シュガーベイブ 「風の世界」
    作詞・作曲:大貫妙子 編曲:山下達郎 。第15話で、ラジオから流れています。さすがに後付でこの曲が利用されていることは知りました。でもそんな演出だったのですよね、全体の世界観。
    D
  • やつらの足音のバラード
    作詞:園山俊二、作曲:かまやつひろし、唄:ちのはじめ。この曲は本当すばらいです。出崎演出とはあまり関係が無いかもしれませんが、本日のNHK-FM小西康陽 これからの人生」でちょうどこの曲がかかってました。
    D

D

息子が好きな「クラナド」も出崎さんだったんだ。

2011-04-26(火)

InterFM「桑原茂一のPIRATE RADIO」 #ckpirate #67ゴッホの耳

#67「ゴッホの耳」

PIRATE RADIO 第六十七回目の放送の番組タイトルである。世の中には、右寄りとか、左寄りとか、そのどちらでもないとか、寄り目、斜視、禿、デブ、短足、おたふく、遅漏、早漏、そのどちらでもない。と人生は誠に頗る勝手ツンボの地獄耳といったところでしょうか?私は死ぬ。情報は死なない。それでは始めましょう。今夜は耳寄り〜

http://www.clubking.com/topics/archives/05radio/426_interfmpirate_radio67.php

好むと好まざると関係なく、震災以降メディアから流れる言葉自分が感じていた違和感をなんか増幅させてひとつの番組にしたような感じです。それらの無機質な言葉に加えて耳寄りな言葉として色々考えさせられる言葉がかさなり頭がヒートしてしました。そんな番組中の言葉の中にもあった「意味のないものに意味を求める悪い癖がある」のごとく放送の言葉の意味を理解しようとする自分と、言葉なの韻と強烈なサウンドに身を任せようとする自分がいて、自身の中で葛藤しているようでした。結果1時間がものすごく短く感じるくらい凝縮された時間でした。SoundCloud pirate radioへアップされるそうなので、次はもっと言葉を噛み締めて聴きたいと思います(意味を求める悪いくせ)。音楽的にもまた新しい発見が有りました。消化しきれない1時間でした。数日に分けて楽しみたい。


  • OPERETA PARA UKELELE / PABLO MALAURIE
    ぜんぜん違うバージョンですが。
    D

  • Dudamel possessed by Beethoven

    D
  • Sepalcure - Inside
    Sepalcureいいでねφ(..)メモメモ
    D
  • Tron Legacy - Son of Flynn (Remix)

    D
  • Sepalcure - Your Love

    D
  • OPERETA PARA UKELELE / PABLO MALAURIE
  • 恋の道行 たでこつる
    なぞです
  • Tron Legacy - Son of Flynn
    別MIX
    D

  • Marcello/Bach: Concerto in D minor BWV 974

    D
  • OPERETA PARA UKULELE PABLO MALAURIE

「私たちは歴史の最末端を生き、過去の歴史の試行錯誤を大観できる位置にいるかのように錯覚しがちですが、実は、 「試行錯誤」 の真っ只中にいて歴史は進行中なのです」竹田青嗣

  • AMMY FS BREEZE / 3SOUNDS
    ???

「知は個人に属するが、本能は自然に属する。知は現在の力であるが、本能は歴史の力である。本能は識らずして多くを識っている。本能は智慧にまさる智慧ではないか。…茶と美」 柳 宗悦 Diary-T21 Double Face

  • FUGENN&THE WHITE ELEPHANTS" SKY FEAT. SHINTARO AOKI

    D
  • James Blake - Unluck

    D

黒田如水は、死ぬときに息子である長政に自分が履き古した草履と下駄の片方ずつを遺品として手渡した。その草履と下駄に意味はない。 おまえには意味のないものに意味を求める悪い癖がある。」黒田如水

  • Sepalcure - No Think

    D


公式ハッシュタグ「#ckpirate」でのつぶやきまとめ。つぶやきながらは楽しいよ。まとめサイトtogetterのリンクを貼ります。

http://togetter.com/li/128546

HoSoNoVa
アーチスト: 細野晴臣
発売元: ビクターエンタテインメント
価格: ¥ 3,150
発売日: 2011/04/20
売上ランキング: 48

2011-04-25(月) はれ

NHKカルチャーラジオ『NHKラジオアーカイブス』永井荷風 第四回 時代・世相を語る

本日帰宅の車の中で一部分だけ聞けました。久しぶりにカルチャーラジオの時間と帰宅時間が一緒になったのでした。この4,5月のラジオ版NHKアーカイブスはもっと聞きたくなりました。『NHKが保有する貴重なラジオ番組アーカイブスの中から、文豪や、知識人など(故人)をセレクトし、懐かしい肉声をよみがえらせていきます。』という企画らしいです。永井荷風の肉声を初めて聞いたと思います。この4,5月では永井荷風谷崎潤一郎の特集です。私が聞いた回は、1958年に収録された、谷崎潤一郎永井荷風と当時の代議士(名前失念しました)らによるたわいもない対談でした。亡くなる前年ということもあり永井荷風は大人しい感じの印象でした。元気な代議士が女性関係の話にふろうしてもなんともあっさりとした受け答えでした。録音状況や喋り方の問題で鮮明に聞き取ることが出来ない放送でしたが雰囲気は伝わってきました。「婦人公論500号記念座談会」ということもあり、対談のなかで最近の女性は強くなった的な話題も。

あっ、永井荷風の作品に関してですが、私コテコテの理系人間ですので文学ダメダメです。高校までの国語授業程度の知識しか有りませんので、ほとんど作品は読んだことないのであしからず。でも、偉大な作家はその人自身が興味深い面を持ってますね。とくに荷風は当時の風俗的な記述ものは読んでみたいようなきがしてきました。ボヘミアンネクタイのハイカラな印象も昔から気になってました。この辺の世界探りたいです。

このアーカイブスシリーズこれからもビックリするような音源がテレビのアーカイブス以上に出てきそうで気になります。でもうまく視聴タイミングがあわないのですよね。

永井荷風の終戦

  • 朗読:永井荷風「銀座」(合成音声オーディオブック)
    無機質な音声が妙に面白みがあります
    D



NHKカルチャーラジオ 文学の世界 永井荷風再考 (NHKシリーズ)
発売元: 日本放送出版協会
価格: ¥ 900
発売日: 2010/12/24
発売日: 2010/12/24
売上ランキング: 426891

2011-04-24(日) はれ

つべから一掴み - カチート / ナット・キング・コール

日本では1960年リリースのナット・キング・コールが歌うラテン企画物です。もともとは1958年に発売された「Cole Español(コール、ラテンを歌う)」からのマリア・エレナとカップリングのシングルとしてリリースされました。なぜのこの曲が気になるかというとこの「カチート」って言葉か以前より気になって何のことなのかと思っていたのですがそのままでした。今回改めて調べてみたら本来「欠片」という意味であり、それが転じて自分の分身つまり子供という意味だそうです。さらに「カチート」は男性名詞であるので自分の息子といった意味になります。

この「カチート」を作った作家は、あのビートルズもカヴァーしたというラテンの名曲「ベサメ・ムーチョ」を作った方(コンスエロ・ベラスケス)と同じでした。しかも、女性の方だったんですね、ということは息子を思う母の歌でしょうか。

  • Cachito / Nat King Cole
    作詞作曲:コンスエロ・ベラスケス。コールの歌唱はコテコテのラテン歌手が歌うより優しがあっていいですね。
    D

そこで、もうひとつの謎は、「カチート」というと自分はどちらかというと「東京カチート」のイメージが有りました。上記が「カチート」の真実であるとするとこちらの「カチート」は彼女のラテン系さらにナイトクラブ的印象な曲となってますね。同じ年のリリースですから、洋楽的流行りもの利用的歌謡曲の典型でしょうか。いかにも佐伯・吉田コンビな曲ですね。

この辺の誤解に関して、みなさん同じような感覚を持っているようで、詳しく解説かなされています。下記以外にも「カチート」に意味に関して触れているサイトがいくつかなりました。
いつも楽しませていただいている江利チエミさんファンのサイト
カチート(チエミ・ラテンを歌うより)

2011-04-23(土) 雨のち晴れ

ライヴ・アット・EXPO’70+1 - セルジオ・メンデス&ブラジル’66

有名なセルメンからです。好きだけどあまり詳しくないし、この辺のアーティストは異常に詳しい方々いるので言及にビビります。

最近、NHKの「TAROの塔」以来、もともと大阪万博好きな私に火がついて、EXPO関連の動画とかチェックしています。そんななかで見つけたこのライブ盤の音源。いいですね、ライブ盤は選曲が有名曲も多いし、なによりもライブならではアレンジ、グルーヴがシビレます。ブラジルで生まれたボサ・ノヴァですが、ブラジル自体ヨーロッパと原住民の融合的なある種ブラジルならではの音楽革命的なものであり、万博テーマの「進歩と調和」に合っているようにも思えます。個人的には前職の会社の歴史のなかで、戦後ブラジルに工場を建設し労働者のユートピアを建設しようとしていたと言う歴史がある事を聞いてから、40年代から50年代のブラジルってそんか未来の可能性に満ち溢れた国であるイメージがあります。そんな国の音楽を大阪万博で演奏されるのが非常にマッチしていたりして。

このライブの時には、セルメンだけでなくボサリオも出演していたようです、他にも万博会場で様々なアーティストによる演奏があったようですね。メリー・ホプキンなどもEXPOライブ盤があるようです。

  1. 愛を求めて|プリティ・ワールド
    ライブならでは曲の展開が素晴らしい。
    D
  2. 君に夢中
  3. さようならをいうために
  4. ドック・オブ・ベイ
  5. デイトリッパー

    D
  6. フール・オン・ザ・ヒル
    セルメンのビートルカヴァーは非常によいですね。68年に発売になったアルバムのタイトルにもなっているこのカヴァー、本家ビートルズよりも売り上げたとか。
    D
  7. スカボロー・フェア
  8. ノルウェーの森
  9. マシュ・ケ・ナーダ

    D
  10. ヴィオラ (ボーナス・トラック)

このライブ盤でもビートルズカヴァーを取り扱っていますが、50年代までに世界的に広まって行ったボサ・ノヴァですが、一説によると(ウィキペディア)、世界的なビートルズ人気によって衰退したそうです。そのビートルズの曲がセルメンによって見事に演奏されているのは面白いですね。


ライヴ・アット・EXPO’70+1
アーチスト: セルジオ・メンデス&ブラジル’66
発売元: ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日: 2008/02/27
売上ランキング: 191963

2011-04-22(金) はれ

キャンディーズ + MMP

まだ、スーちゃん引きずってます。昨日のスーちゃん追悼でキャンディーズ聴きたいモードに火がつきましたので、今日はMMPを中心に。私が通っていた中学校の隣の大学の学園祭にキャンディーズが来たのでした。会場までは行けなかったのですが、中学校の校庭から演奏が聴こえたのを覚えています。なので、生キャンディーズは見れなかったのですが、MMPの演奏は印象的でした。

MMP(ミュージック・メイツ・プレイヤーズ)は当時のキャンディーズのバックバンドであり、後にスペクトラムとなるバンドですね。このスペクトラムは非常に大好きなバンドなのでこれから先もここで取り上げることがあることでしょう。私にとってキャンディーズといえばMMPとともにあるのです。ちょっと調べただけでも海賊版ライブ音源がザクザク状態ですね。隣からもれた演奏でなく正規のライブに行きたかったな思うのであります。やっぱキャンディーズはロックですね。

  • キャンディーズ − HELLO!CANDIES
    作詞:竜真知子 作曲:宮本光雄 編曲:船山基紀ライブ音源ではありませんが、MMPが演奏する事を前提としたようなかっこいい曲。導入部分がたまりません。
    D
  • キャンディーズ Proud Mary〜Never My Love 蔵前メドレー完全版 1/2
    キャンディーズのこういったライブ音源多いね。
    1. プロローグ〜Proud Mary
    2. あなたに夢中
    3. Be MY Baby
    4. Do You Love Me
    D
  • キャンディーズ Proud Mary〜Never My Love 蔵前メドレー完全版 2/2
    4. Do You Love Me
    5. なみだの季節
    6. バスストップ
    7. 危い土曜日
    8. 恋のあやつり人形
    9. 朝日の当る家
    10. Never My Love
    D

ここへ貼った以外にも沢山あるので再生リスト作りました。を作る予定です。


  • わが愛しのキャンディーズ (5) 危ない土曜日
    またしつこくこの動画貼るわけですが、キャンディーズの中でもこの曲が大好きでした。いわゆるキャンディーズは「歌謡曲で始まりロックで終わった」と言われますが、初期の曲にしてはロック色が強くテンポもシングの中では一番速いのではないでしょうか。当時あまり意識していませんでしたが、この曲は売れなかったようですね。私の中ではもうメジャーでしたけど。それにしてもこの動画、コメントでバックはスペクトラムと間違われているように、新田さんの存在感凄いですね。
    D

2011-04-21(木) はれ

元キャンディーズの田中好子さん(スーちゃん)が亡くなる

テレビを見ていたところ、突然のニュース速報、また地震のニュースかなと思って見たら、なんとスーちゃんの訃報ではありませんか、これには大変驚かされました。ちょっと早すぎませんか、リアルタイムでのアイドル、しかも超人気のアイドルの訃報なんて何といことでしょう。キャンディーズはいわゆるアイドルとして人気に加え楽曲的にもMMPを中心に優れた作品を残しています。その後80年代以降に現れたミュージシャンにも大きな影響を与えているのではないでしょうか。定期的MIX作品なども発売されたり常に評価されてきたアイドルであったと思います。そんなキャンディーズの特に初期においてメインボーカルを務めたスーちゃんが55歳の若さで亡くなるとは信じられません。解散後には女優としても活躍されて代表となる映画が「黒い雨」。奇妙な時代とのシンクロニシティですね。今回ウィキペディア知ったのですが、ドラマデビューは「突撃! ヒューマン!!」だったのですね。これ観てましたけど、出ていたヒロインがその後のスーちゃんであったとはキャンディーズ全盛時代にも気が付きませんでした。

  • 突撃! ヒューマン!!
    以前「イエイエソング」特集の時にコメント欄にツッコミ有った曲。確かに「そよ風にのって」に似ています。
    D

スーちゃんボーカル時代のキャンディーズはいわゆる昭和アイドル歌謡色が非常に強い感じの曲が多かったですね。正統派アイドルグループ。一つの時代とともにあった偉大なるアイドル。

ご冥福をお祈りいたします。素晴らし曲の数々をありがとうございました。



  • あなたに夢中

    D
  • はぐれた小鳩
    デビュー当時一番歌唱力のあったスーちゃんがメインボーカルとなったのです。
    D
  • 私の彼を紹介します
    作詞:田中好子、作曲:田中好子・西慎嗣、編曲:いしだかつのり。健太郎カットw
    D



  • かーてん・こーる
    作詞:阿木燿子/作曲・編曲:穂口雄右
    D

早春譜
アーチスト: キャンディーズ
発売元: ソニーレコード
発売日: 1998/06/20
売上ランキング: 8876

GOLDEN☆BEST/キャンディーズ
アーチスト: キャンディーズ
発売元: ソニー・ミュージックハウス
価格: ¥ 2,658 (11% OFF)
発売日: 2002/06/19
売上ランキング: 81

CANDIES PREMIUM~CANDIES ALL SONGS CD BOX~
アーチスト: キャンディーズ
発売元: Sony Music Direct
発売日: 2004/06/30
売上ランキング: 3760

2011-04-20(水) はれ

つべから一掴み - ゴメンネ I LOVE YOU / 高田 瞳

本日、長男用のPC(彼が自分の小遣いで購入)が発注していたドスブイパラダイスより届きました。彼はけっこうPCに詳しいので勝手に自分で設定するだろうと思ってたら、さすがに普段やらないOSのインストール作業は自信がないらしく、私が帰ってくるまで待っていたようでした。自分のPCにだから全部自分にやらせようと思いましたが、見ているだけでは危なっかしかったので結局手伝ってしまいました。ショップブランドのOSなしモデルだったので、なんとかOSとデバイスドライバ周りの設定を終えたのであとは自分で設定出来ることでしょう。久しぶりの親子のでの会話楽しませていただきました。

そこで(かなり強引な展開ですが)親子歌手しかもややマイナーといえば、忘れていたオールディーズ歌謡の名曲を歌っていた、高田瞳さんでしょう。お姉さまは高田美和さん、そしてお父上はあの高田浩吉さんです。彼女のオールディーズ歌謡の名曲がリリースされた時期同じくしてタモリオールナイトニッポンにおいて「思想のない歌」で父上の「白鷺三味線」が大ブレイク中でした。

鈴木・微熱少年・茂さんアレンジが素晴らしい。ボーカルはお父様とはやや違い危うい感じがまた良いです。イントロアレンジや間奏のサックスがいかにもといった感じ。

2011-04-19(火) 雨&くもり

InterFM「桑原茂一のPIRATE RADIO」 #ckpirate #66 革命選曲 / Tokyo Photographer's Night

新田桂一さんを筆頭としたTokyo Photographer's Nightメンバーによる

革命選曲をO.A.!!

http://www.clubking.com/topics/archives/05radio/419_interfmpirate_radio66_toky.php

フォトグラファーのみなさんの選曲さすがですね、またいろいろいい曲知ることが出来ました。それぞれのよい選曲をノンストップで編集、違う人が選曲しているのに全体としてはいい流れに仕上がってました。ただ、それぞれのフォトグラファーの方をあまり知らないので、ちょっと復習しておきます。それぞれの方の作品と選曲を並べてみました(サイズはばらばらですが)。




  • 【U.N.K.L.E 】IF YOU FIND THE EARTH BORING(U.N.K.L.E_MIX)

    D


  • 【LEE SCRATCH PERRY & THE UPSETTERS】 CRAB YARS

    D
  • 【THE MESSAGE】CYMANDE

    D
  • 【EVERYBODY LOVES THE SUNSHINE】ROY AYERS 選曲:高木康行
    f:id:ArappoCaro:20110420010344p:image
    D
  • 【THE LUCKY ONE】AU REVOIR SIMONE 選曲:山本憲資
    http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Viyc9z1zL._SL500_.jpg
    D
  • 【FREE】DENIECE WILLIAMS 選曲:笠井爾示
    http://www1.e-hon.ne.jp/images/syoseki/ac_r/51/32398951.jpg
    D
  • 【NEW WORLD】BJORK 選曲:フォトマスターケン
    http://www.pmken.com/assets_c/2009/12/pmk-26497-thumb-500pxxauto.jpg
    D
  • 【WISH YOU WERE HERE】PINK FLOYD 選曲:北島明

    D


公式ハッシュタグ「#ckpirate」でのつぶやきまとめ。つぶやきながらは楽しいよ。まとめサイトtogetterのリンクを貼ります。

http://togetter.com/li/125755

2011-04-18(月) くもり

つべから一掴み - 1+1の音頭 水前寺清子

チータの曲ってホント応援ソングですね。この音頭まで、超ポジティブ感じがたまりません。この手の応援歌がもっと有ってもいいですね。1970年、当時を生きている人たちはそれなりに苦労は有ったのでしょうけど、全体的にはこのような脳天気とも言えるポジティブさに包まれていたような時代ですね。今の時代、個人的にもいろいろ有りますが、元気注入が必要なそんな日でした。明日からもがんばろう。

この作詞が、星野哲郎さんなんですけど、これまで松本隆作品以外、作詞家の作家性で楽曲をくくることを全くしてこなかったのですが、星野作品をちょっと調べてみたらやはり作家の特徴が出ていて面白いですね。星野さん自身、演歌を援歌と呼ぶだけあって作品にその特徴がでています。星野哲郎さんといえば、幻の「小林旭 with Tin Pan Alley」の中で大瀧師匠と組んで「ホルモン小唄」を制作されていたのですね。さらに、BSラジオのLFX488スピーチバルーンで星野さんのインタビューされていたのも印象的でした(この番組聴かれてた方はBSラジオ特性から言って非常に少ないと思われます、録音しておかなかったのが非常に悔やまれます)。

http://www.fussa45.net/mtr/img/crown_l.jpg

小林信彦さんと私
  • 水前寺 清子 だめでもともと音頭
    作詞:星野哲郎/作曲:北島三郎/編曲:丸山雅仁。星野哲郎作詞家生活50周年記念曲。サブちゃん作曲のこちらの方が正統派音頭ですね。
    D

2011-04-17(日) はれ

洋楽アーティストによる日本語歌唱集 〜その名はフジヤマ Se llama Fujiyama / トリオ・ロス・パンチョス(Trio Los Panchos)〜

来日記念盤はカタコト萌えの宝庫ですが、このトリオ・ロス・パンチョスも来日の時にやってくれましたね。しかも単なる日本語バージョンや日本の曲を歌うのではなく、完全オリジナルソング。彼等はテレビコマーシャル初の外タレとのことで、当時の日本ではかなりの人気であったのでしょう。このビートルズ前夜の時代、日本ばかりか、世界的にこの手のラテン音楽が流行っていたようですね。ベサメ・ムーチョ Besame muchoは初期のビートルズもカヴァーしていましたからね。こういった世界同時的な音楽ジャンルの流行ってもう来ないのかな。

  • Se llama Fujiyama (その名はフジヤマ) - El Trio Los Panchos
    日本語部分作詞:みナみかズみ。今聴くと沁みますね。
    D

追記:この歌詞に関して次のようなツイートをいただきました。ありがとうございます。

むぎ茶の昭和懐メロ&CMソング大特集: その名はフジヤマ/ Se llama Fujiyama アントニオ古賀/ トリオ・ロス・パンチョス




  • Besame Mucho - The Beatles
    レット・イット・ビーの中でも歌ってますよね。
    D



  • Boku Wa Naichichi (Estoy Llorando) - Tr〓o Los Panchos
    「僕は泣いちっち」ハマクラ作品はカタコト萌えに合いますね。
    D



  • Trio Los Panchos - kiroi sakurambo, tu y yo en sakurambo
    「u y yo en sakurambo」の部分が発音は「キイロイサクランボ」に近いけどスペイン語でも「あなたとわたしのサクランボ」意味になっているのが面白いですね。
    D

2011-04-16(土) はれ

日本のうた / スタンリー・ブラック と 彼のラテン・アメリカン・リズムス

60年代中盤は海外のアーティストが日本語の歌をリリースすることが非常に多い時代でした。この65年や66年は東京オリンピック頃から流れのひとつのピークであったようです。。私の大好きな、フランス・ギャルやペギー・マーチ、ジョニー・ティロットソンなどが続々とカタコト萌え曲をリリースしまくった時代です。そんな中で、歌でないラテンオーケストラよる日本の民謡や歌の演奏も色々と発売されていました。これが、また素敵な作品が多いのです。これまでも下記のような作品群が素晴らしのです。

カテリーナ・ヴァレンテ 「お江戸日本橋」その他

ウェルナー・ミューラー・オーケストラ「郷愁の日本」

リカルド・サントス楽団 - ホリデイ・イン・ジャパン・デラックス -

この流れで欲しいアルバムに一枚追加となりました。それがスタンリー・ブラックの「日本のうた」(TOUCH IN JAPAN / STANLAY BLACK)手持ちの情報として65年にEPで「お江戸日本橋」や「ウナ・セラ・ディ東京」などが発売されていたのは知っていたのですが、例によって来日記念盤としてアルバムが発売されていたのですね。日本独自企画のアルバムなので海外のスタンリー・ブラックのサイトのディスコグラフィーでも情報が非常に少ないです。下記のブログで曲全ぼうが明らかになりました。

f:id:ArappoCaro:20110416191106p:image

 SIDE-1

  1.恋のバカンス(ボサ・ノバ)

  2.木曾節(ボレロ

  3.相馬盆唄(グァラーチャ)

  4.出船(ボレロ

  5.さくら(ボレロ

  6.祇園小唄(ボレロ

  7.八木節(マンボ)  

  SIDE-2

  1.浜辺の歌(マンボ)

  2.ウナ・セラ・ディ東京(ボレロ

  3.花(チャ・チャ・チャ)

  4.城ヶ島の雨(ボサ・ノバ)  

  5.お江戸日本橋ボレロ

  6.おかあさん(ボレロ

  7.こんにちは赤ちゃん(パシージョ)

新米の町内会長 ドタバタ日記 - Yahoo!ブログ

こちらの万博時期の企画のも良さそうです、こちらでも視聴可能です。Titterでフォローさせていただいている耐久DJのUstでも有名な 川西卓さん([twitter:@sugurukawanishi] )のお店です。

STANLEY BLACK / 日本の郷愁 ダブルデラックス (LP) - SAND STEP RECORD『 DJの、DJによる、DJのためのレコード屋。』

全体的に、彼のラテンピアノがすごく楽しそうですね。また、これらの楽団が日本の曲をカヴァーするとなぜか「お江戸日本橋」は欠かせないようです。これらアーティストの共通の嗜好なのか、日本での企画段階での共通の企画なのか分かりませんが。また、共通する要素としてはザ・ピーナッツの存在ですね。この時代性ということも大きいのでしょうが、いかに彼女たちの音楽性がワールドワイドであるかを思い知らされました。

  • STANLEY BLACK  PETITE FLEUR 可愛い花〜スタンリー・ブラック

    D
  • 祇園小唄
    もしかしたバージョンが違うかもしれませんが多分この動画。
    D

New Cuban Moonlight / Folk Songs in Japan
アーチスト: Stanley Black
発売元: Dutton Vocalion UK
価格: ¥ 2,522
発売日: 2008/07/08
売上ランキング: 328832

2011-04-15(金) はれ

ジョーイ・ラモーン 10回忌

リアルタイムに経験しているラモーンズですが、意外と70年代はラジオから流れる程度曲しか聞いてませんせんでした。70年代高校生の私はもちろん、パンクっ子。安全ピンも顔に刺してましたしね(ウソです、服にアクセサリ程度に付けるのが精一杯でした、痛いのいやですから)。そんな、ピストルズよりなパンクっ子はあまりラモーンズ聴いてなかったんじゃないかなと思います(私の周りだけかもですが)。まあ、若さ故のパンクより過激な部分に共感していたのですけどね。と同時に、当時から気がついていましたが、パンクの気持よさって、シンプルな3コードロックン・ロールなんだなと。70年代当時もリアルタイムなヒット曲より過去の作品の掘り返しばっか聴いていた時期に(特にビートルズから始まってプログレ効き始めた頃)、ラモーンズ的な物は凄い快感でした。

フィル・スペクターがプロデュースしていたアルバムの存在も後追いで知りました。ちょうど大瀧師匠がロンバケ製作中にラモーンズの『エンド・オブ・ザ・センチュリー』プロデュースしていたかと思うと感慨深いものが有りますね。このシンプルなパンクロックはスペクターにとって格好の餌食だったのでしょうね。奇しくもパンク少年が滝壷に落ちる時期と同じ時期であることは自分史の中でも興味深い出来事です。それにしてもこのような気づきが今になってわかるというのもなんだかなと思います。過去の音楽振り返り始めてからつくづくそういう思いが多いです。その時代にもっと突っ込んで聴いていたらもっと面白い展開が有ったのにななどと。まあ、それが若さなのでしょうね。「若さとはバカさだ」

  • Rock and Roll Radio - Ramones

    D
  • The Ramones-Baby I Love You
    わたしゃ大好きですが、このプロデュースじゃ、嫌がるファンもいるでしょうね。
    D
  • RAMONES -Do You Remember Rock'n'Roll Radio?(on Japanese T.V. Show,1980)
    有名なレッツゴーヤング出演動画。当時たまにこの番組観ていたのですが、この出演回は見逃していました、残念。観てたら絶対こりゃ覚えてるよね。
    D

ジョーイ・ラモーンの生きざまも、ある意味ミュージシャンらしい感じではありますが、ちょうど10年前の2001年4月15日にリンパ腺癌で亡くなっています。享年49歳!なんといまの私と同じ年じゃありませんか。その10年くらい前から治療で苦しんでいたらしいです。これだけ影響力のあるアーティスト、生きていればまだなにか素晴らしい活動が期待できたのになぁ、残念であります。

命日ため、急遽企画となりましたが、また改めて特集したいバンドです。



End of the Century
アーチスト: Ramones
発売元: Rhino / Wea
価格: ¥ 1,475
発売日: 2002/08/26
売上ランキング: 18559


END OF THE CENTURY (初回限定版) [DVD]
発売元: キングレコード
発売日: 2005/06/08
売上ランキング: 24260

2011-04-14(木) はれ 暖かいつうか暑い

「ロックン・ロールはシャウトだよ」ビートルズの初期衝動

先日の元春レディオショーの大瀧師匠対談の続きです。会話の中で気になった部分の小特集。それは、はっぴいえんど時代に細野さんが師匠に言ったことば「ロックン・ロールはシャウトだよ」です。確かにビートルズとか特に初期のビートルズとかってシャウトしてますよね。以前もビートルズに関した話題で書きましたが、中学時代にハマったビートルズですが、友人たちとで少しずつ別のアルバムを購入して全曲集める計画の中で初期のアルバム担当でした。

当時は初期のアルバムの中でもロックン・ロール、ビートルズのオリジナルかと思っていましたが初期はカバー曲がほんと多いですね。そんな曲の中に彼等の趣味が現れていますね。中でも多いのがこのラジオで師匠が言ってた「ポールがリトル・リチャードばりのシャウトで、ジョンがラリー・ウィリアムズのシャウト」というくらい、リトル・リチャードとラリー・ウィリアムズのカヴァーは多いですね。でも当時はオールディーズとかビートルズ以前の曲の知識は皆無でしたから、最初はほとんどビートルズのオリジナルかと思ってました。さすがにチャック・ベリーとかくらいは知ってましたけど。


  • Larry Williams / Slow Down

    D
  • THE BEATLES/ Slow Down
    EP『Long Tall Sally』に収録。
    D
  • Little Richard - Long Tall Sally

    D
  • The Beatles - Long Tall Sally
    これ、最初ビートルズのオリジナルだと思ってました。いかにもポールのシャウトですね。
    D

  • THE BEATLES - Words of Love
    ビートルズバージョンカヴァー曲でもさすが彼等の世界が完成している。これじゃオリジナルと思っちゃうよね。
    D
  • Buck Owens - Act Naturally

    D
  • The Beatles - Act Naturally
    いかにもリンゴ選曲しそうなカヴァーですね。
    D

  • The Marvelettes - Please Mr. Postman
    これはシャウトとは違うけど有名なカヴァー曲ですし。
    D
  • The Beatles - Please Mr Postman
    この曲はビートルズ版よりも前に違うアーティスト版で知っていた数少ない曲。完全に時系列は逆転していますが。
    D

ほかにも初期のビートルズの他のアーティストのカヴァー曲はけっこう面白い物が多いです。やはりカヴァーによってこそ演奏者のオリジナリティが出てくるものなのですね。ビートルズがカヴァーもビートルズをカヴァーもどちらも面白いです。

Please Please Me (Dig)
アーチスト: Beatles
発売元: EMI UK
価格: ¥ 1,500
発売日: 2009/09/09
売上ランキング: 7944

《ビートルズ(WITH THE BEATLES)》ステッカー【PRST-092】☆ロックSTICKER通販☆
発売元: ピラミッドポスター
売上ランキング: 216794

Beatles for Sale (Dig)
アーチスト: Beatles
発売元: EMI UK
価格: ¥ 1,500
発売日: 2009/09/09
売上ランキング: 18152

2011-04-13(水) はれ

Motoharu Radio Show ゲスト:大瀧詠一 4月12日放送 #fussa45

ナイアガラトライアングル2の佐野元春さんと大瀧師匠の対談のPart2です。今回は1時間たっぷり師匠の話が聞けました。相変わらず内容が濃いです。今年は新春放談に加えて本人によるお言葉を聞けて大変嬉しいですね。何度聞いても飽きません。昨晩の録音をもう4回くらい聞いてます。

師匠のひと言ひと言を噛み締め検証してゆく楽しくてなりません。Go! Go! Niagaraでは未完であったアメリカンポップス伝の完結ぜひ実現して欲しいものです。師匠がここまで明言するのて珍しいじゃないかな。少しはやる気あるのでしょうか?「期待は失望の母である」かな。

元春さん師匠の「分母分子論」をべた褒め。この日記『大空はるみ「VIVA」』で少し取り扱ったのでその部分だけ再度ご紹介。

明治以来、日本の音楽の歴史はすべて洋楽(世界史)からの輸入だった。つまり、”世界史”を分母にしていた。しかし時代とともに、世界史がカッコ付きとなり、さらに世界史は、地面の下に隠れ、その世界史を分母にしていた日本史が、さらに日本史の分母になるという三重構造が生まれた。現在では(80年代)、その三重の塔も横倒しとなって、世界史を分母にしていた日本史と、その日本史を分母にしていた日本史が、横一線に並んでいる。

f:id:ArappoCaro:20100301232913p:image


  • 1969年のドラッグレース 大瀧詠一
    師匠の話では、あることの始まりが別のあることの終わりであるとかの話が多いわけですが、はっぴいえんど前夜の1969年を1984年に歌ったこの曲。松本さんの想い「まだ終わりじゃないさ」に対する、師匠の最後のアルバムとなった、ここが終わりだったという話、後付とはいえ深いですね。
    D
  • あつさのせい 大瀧詠一
    出だしは「アッと驚く為五郎」の「アッ」であったとは知りませんでした。なるほどです。元春さん、これをライミングと言ったのには思わず笑っちゃいました。確かに韻は踏んでますが。やっぱり自分もとことんサウンド志向なのが師匠に引かれる理由でもあるのですが、言葉重要性も同時に理解されているのですよね、特に言葉の意味と韻とか発声とかはかなりこだわっているように思います。
    D
  • 空飛ぶくじら 大瀧詠一
    ソロアルバムなのでポール的作品を作った。つまり分かりやすい作品。ポールのハニーパイなどでも使われているクラリネットが印象的。
    D
  • 熱き心に 小林 旭
    この曲のきっかけとなったCM作製の話、「みんなCM音楽を歌っていた」にも載っていた、CMディレクター大森昭男さんとの「大瀧さん、今度は断れませんよ」という話は最高でした。小林旭さん自身もこの曲を大変気に入られていて、コンサートオープニングとクロージングにこの曲を歌っているというのは初めて知りました、なんか嬉しいですね。
    D


今回、放送は録音で聴きましたが、リアルタイムでこのTLに参加したかったです。

http://togetter.com/li/123186

2011-04-12(火) はれ ゆれゆれ

InterFM「桑原茂一のPIRATE RADIO」 #ckpirate #65 黒い歌謡曲 / なかの綾「黒い告白」

新旧の歌謡曲の海へ素っ裸で飛び込んでゆく天真爛漫さと巧妙に時代を切り取ろうとするどん欲さがなかの綾の魅力だ。喉や声で歌う時代から身体全身が音響する時代へ向かうことを切に願っている。

PIRATE RADIOの「黒い告白」で、お芝居する、なかの綾にその片鱗をみつけだすことは容易なことだ

桑原茂一

http://www.clubking.com/topics/archives/05radio/45_tue_interfmpirate_radio65.php

久しぶりの黒い歌謡曲でした。なかの綾さんお身体全身から響いてくるような黒い歌謡。やはり、黒い歌謡曲はその背景と共にあるのですね。茂一さん黒い歌謡曲に求めている何かが少し分かったような気がします。いわゆる歌謡曲だけに限定せずに、その黒さを現している選曲素晴らしかったですね。まさにこれからの時代の歌謡曲。こういった音楽が普通にラジオで流行歌としてかかると時代は面白くなるかもです。黒さの歌謡曲の中に意外な選曲の合わせ技すばらし〜



  • QUIZAS, QUIZAS, QUIZAS (PERHAPS, PERHAPS, PERHAPS) / NAT "KING" COLE

    D

  • IN 5 / ANOTHER FINE DAY
    むちゃくちゃ長い動画ですが
    D

  • 経験 なかの綾
    なかのさんバージョンでないのが残念
    D
  • PARTY JACKER - NEON GRAVITY

    D
  • UNTITLED/ Stock, Hausen & Walkman

    [:movie:small]
  • ズルい女 / なかの綾

    D
  • AVE VERUM CORPUS(MOZART) / ANDREA BOCELLI, MYUNG-WHUN CHUNG & ORCHESTRA DELL'ACCADEMIA NAZIONALE DI SANTA CECILIA
    バージョン違いますが。。。
    D
  • 恋におちて Fall in Love / なかの綾

    D

公式ハッシュタグ「#ckpirate」でのつぶやきまとめ。つぶやきながらは楽しいよ。まとめサイトtogetterのリンクを貼ります。

http://togetter.com/li/123165

ずるいひと
アーチスト: なかの綾
発売元: ヴィヴィド・サウンド
価格: ¥ 2,294 (5% OFF)
発売日: 2010/11/24
売上ランキング: 14292

2011-04-11(月)

星雲仮面マシンマン

久しぶりに、大野雄二作品を聴きたくなって検索。あいかわらず、ルパン物や映画音楽など素晴らしい作品があるのですが、彼の作品としては比較的レアな物を発見。この番組ヒット曲集はいまだ未CD化であります。オープニング曲は本人セレクトのベスト盤に収録されたようですが、劇伴やエンディングはいまだどのコンピにも未収録なようです。

大野雄二作品としてはアニメ以外の特撮物はこの作品だけだそうです。制作は1984年ですからさすがに放送は見たこと有りません。日テレ系の特撮物はメジャーなものが少ないですから、この番組もあまりヒットしなかったようです。

  • 星雲仮面マシンマン OP
    なんの前情報なくても、大野作品って分かりますね。ご自身ベスト盤にセレクトするほどの曲だったとは。
    D

大野雄二ベスト〜コロムビア・エディション〜
アーチスト: オムニバス
発売元: コロムビアミュージックエンタテインメント
価格: ¥ 2,342 (11% OFF)
発売日: 2007/06/20
売上ランキング: 4170

2011-04-10(日) はれ

今週のお題「桜」

今週のお題「桜」

おそらく来週ではもう遅い、桜。本当わずかな間なのですね。今日は天気にも恵まれて、TwitterのTLでも桜の写真であふれていました。あっという間の桜なので、この週末は可能なかぎり近所の名所めぐりをしました。

昨日行った近所の公園

f:id:ArappoCaro:20110410183823j:image

f:id:ArappoCaro:20110410183818j:image

本日行ったこれまた近所川沿いの名所

f:id:ArappoCaro:20110410184039j:image

f:id:ArappoCaro:20110410184037j:image

しだれ桜はもう葉桜気味、菜の花の方が凄かったです。

f:id:ArappoCaro:20110410160310j:image

もう中学生の次男、今年はムリかなと思いましたがなんとか付き合ってくれました。

f:id:ArappoCaro:20110410160302j:image

このブックサンダーアイスで付き合ってくれました

f:id:ArappoCaro:20110410160311j:image

BGM:先日Blipした桜ソング

  • WERNER MULLER Sakura Sakura さくら さくら

    D
  • Cherry Blossom Color Season - Katamari Damacy
    ゲーム塊魂より
    D
  • Sakura→Nyuugakushiki / Berryz Koubou
    桜いっぱいのW入学式でした
    D
  • Scorpions-Tokyo Tapes - Kojo no tsuki
    荒城の月。華の宴ですね。
    D
  • Bob McGrath ボブ・ マグラス Kojo No Tsuki 荒城の月

    D

2011-04-09(土) 小雨のち曇り

つべから一掴み - It's so easy to fall in Love

この歌、我々の世代(別の世代でもかもですが)では、完全にリンダ・ロンシュタットのイメージです。本日、オリジナルのバディ・ホリー版を聴きました。以前も聴いたことが有ったかもしれませんが改めてなるほど感満載です。オールディーズファンにはかなり初歩的な初歩的な知識なような気もしてきました。ここに各事自体恥ずかしいかもですが、とにかくリンダ・ロンシュタット版がものすごくヒットしているので、バディ・ホリー版の影が薄いかもしれませんね。

バディ・ホリーというひと凄く活躍期間が短いのに、ビートルズをはじめ、その後の多くのロックミュージシャンへ影響を与えたているのは凄いですね。彼がもっと長く生きていたらその後ロックミュージックの状況はどのようになっていたかと思うと面白いです。

そんな「 It's so easy」は、ある意味彼の音楽の特徴を現している1曲なのかもしれません。ロックの元祖であり、カントリー色もあるという。リンダ・ロンシュタットへのカバーは明らかにカントリーとしてのとらわれ方ですね。こうした、境界にある音楽、そして彼独特の唱法に、ベスト盤まとめて聴いて参ってしまいました。やっぱり最高です、バディ・ホリー

これまで、オールディーズ系のコンピでは数曲持っていたのですが、ベスト盤で改めて聴くと彼の魅力がよく理解でしました。他にも音源求めたくなります。活動期間が短いのでオリジナル音源はそう多く無いので、他のアーティストへの影響などを追うとまた面白いかもですね。有名なところではジョン・レノンへの影響ですが、モロですよね、いかにジョンがバディ・ホリーの事を好きであったかが分かります。



  • LINDA RONSTADT it's so easy 1977
    馴染みなるこのバージョン。70年代はオリビア・ニュートン・ジョンといい彼女といい、カントリーな感じだったのですね。この辺はロック少年も好きでしたよ。クラスで流行っている洋楽といった感じでした。
    D
  • Bobby Vee - It's So Easy
    こちらはロックン・ロール的なカバー、アルドン系なある意味ナイアガラ的アプローチ。
    D
  • John Fogerty, It's so easy to fall in love!
    こちらはCCR的ロックのバージョンですがカントリー風味も残しつつ。
    D

今回はロックン・ロールの元祖としてよりも、カントリーへの振り幅の広い「It's so easy」でまとめてみました、ペギー・スーなどジョン・レノンビートルズ方面への影響をもまた別の機会に調べてみたいなと思います。

P.S. 「It's so easy」を「急いで」と超訳している日本語カバーを聴いたことがあるような気がしているのですが誰だか思い出せません。どなたかお分かり方コメントよろしくお願います。

ベスト・オブ・バディ・ホリー
アーチスト: バディ・ホリー
発売元: ユニバーサル インターナショナル
価格: ¥ 1,665 (1% OFF)
発売日: 2006/01/25
売上ランキング: 54816

2011-04-08(金) はれ

さくらの中での兄弟W入学式

本日は、午前中が次男の中学入学式、午後が長男の高校入学式の掛け持ちと一日中入学式となりました。ということで、もしも時間が間に合わなければヨメさんと分担して出席ということも考えていたので、一日お休みをいただき入学式に備えました。ぎりぎりのタイミングで親が分担せずに両方出席出来ることになりホットいたしました。これが別々の日程でしたら、長男の入学式は、おそらく出席はしていなかったと思われます。自分の経験的にも高校の入学式くらいになると父親出席率はぐんと低くなると思っていたからです。結果的には、これからほとんど行く機会のない高校の行事に参加出来てよかったです。

こういった入学式とかに付き物なのが、PTAの役員決め問題です。幸い中学校の役員決めは免れたのですが、クジ引きにて高校での役員になってしまいました。3年間縛りだそうです。小学校や中学校のように近くないので大変です(といってもヨメ任せなので大変なのは私ではありませんが)。

この役員決めは通常、事前の高校説明会にて実施されるそうなのですが、今回は震災直後の説明会実施ということもあり、当日はキャンセルとなり入学式での決定となりました。そのためか段取りが悪くかなりの待ち時間が発生。一日中パイプ椅子に座っていたので非常に疲れました。帰りには定期券購入でまた行列となりました。なにかとバタバタして親がある程度対応してあげますが、来週の月曜日から遅刻せずちゃんと通学できるか心配です(高校生に相手に心配するような事柄ではないのですけどね、親としてはいらん心配をしてしまいます)。

今回の入学式は満開の桜と共にでした。前回長男の中学入学式は大雨だったので大変でした。また、例年ではこの時期には桜もピークを過ぎていることが多いのですが今年はちょうどのタイミングでした。中学校の方は、私の母校でもありそれなりに歴史のある学校なので桜の木もけっこう立派で良い花見にもなりました。

f:id:ArappoCaro:20110408121120j:image

公立中学ということもあり、次男はほぼ進級と同じような感覚のようですが、長男は同じ中学からの入学者がいなし、電車&バスを利用しての通学も初めてで、心機一転良い方へ成長して欲しいものです。さすがに、高校の先生の説明は今までの中学校までのやや過保護的対応に比べて個人の責任を重視するような考え方となっていました。まあ本人も多少は成長してるので対応出来るとは思いますが、大人のルールの訓練の場でもあるようです。

先ずは、クラスに知り合いが一人もいないでしょうから早く友だちが出来ることを願います。誰とでも直ぐ打ち解けられる方なのでその点はあまり心配してはいないのですけどね。

BGM:桜


  • Katamari Orchestrated - Cherry Blossom Color Season
    ゲーム塊魂の曲
    D

  • WERNER MULLER Sakura Sakura さくら さくら
    万博日本館
    D

2011-04-07(木) くもり

つべから一掴み - 安田成美 / パパを愛したように

安田成美さん、有名な「風の谷のナウシカ」のころは、細野さん曲ということもありシングルを購入。アルバムも(高橋幸宏さんプロデュースであったと改めて知りました)聴いていたのですが、この1988年リリースのこの曲はまったく聴いた記憶がありません。アイドルオタもひと落ち着きしていたころだからでしょうか。おそらくセールス的にもイマイチだったのでしょうね。あまり話題になっていなかったのかもしれません。たまたま見つけて聴いたらけっこういいではありませんか。しかも、歌が上手い(笑)。

この曲のアルバムなんと、大貫妙子さんがプロデュースしているそうです。この発売の頃には彼女もすっかり女優さんという感じでしたからこのようなアルバムを出していることに気が付きませんでした。なかなか良さそうなアルバムです。一説には大貫さんからの歌唱指導によりこのようなウイスパーヴォイスになったということです。歌唱がほとんど大貫さんのようになってます。まだ、全曲聴いたわけではないのですが名盤の予感。



  • パパを愛したように
    作詞・作曲:かちぶち哲郎、編曲:大村憲司。まさにかしぶちさん作品ですね。
    D
  • 初めての街
    作詞・麻生圭子 作曲・大貫妙子 編曲・大村憲司。えっ、一瞬歌唱用のデモテープかと思いました。大貫さんにソックリ。
    D

アーチスト: 安田成美
発売元: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
発売日: 1994/12/21
売上ランキング: 120333

アーチスト: 安田成美
発売元: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
価格: ¥ 840
発売日: 2004/10/27
売上ランキング: 41995

2011-04-06(水) はれ

つべから一掴み - ザ・ピーナッツ / 舞子はん音頭

どうしても、つべから一掴みのときはノベルティ系になりがちですね。本日は、またまた、音頭ものからの選曲ですが、音頭もとはいえ、ピーナッツのお二人ですからしっかりした仕上がりです。ちょっと盆踊りで踊るタイプの音頭ではありませんね。しかし、ピーナッツは音楽の幅が広いですね、感心いたします。この「舞子はん音頭」は映画「若い仲間たち うちら祇園の舞妓はん」主題歌です。この映画まだ観たことありませんが、まあこの時代の当然というべきこれぞナベプロって感じな映画みたいですね。祇園が舞台のミュージカルなんて面白そうじゃありませんか。主演はザ・ピーナッツのお二人ですが、スパーク3人娘(中尾ミエ伊東ゆかり・園まり)もかなりの比率で出ているようです。このへんの女性アーティストは一括りなようですね、当時のナベプロ

  • ギオン・ザ・ガール
    映画のラストはこの曲からピーナッツの舞子はん音頭とつながって大団円のようですが、劇挿入歌版と上記のレコード発売版はバージョンが異なるようです。
    D

異なるバージョンの「舞子はん音頭」の為にもぜひ観てみたい作品です。

2011-04-05(火) はれ

InterFM「桑原茂一のPIRATE RADIO」 #ckpirate #64 高橋 盾(UNDERCOVER デザイナー)インタビュー 《再放送》

こちらの内容も再放送にちなんで再掲載です。後半修正

”今は経済的にもいい状況ではないじゃないですか、みんな。

それでも攻めたいっていうか、攻撃したいっていう気持ちが、

今はまたどんどん強くなってきていますね。

だけど、それをやるのは大変なわけです。面白いですけどね。"

高橋 盾 (UNDERCOVER デザイナー)

http://www.clubking.com/topics/archives/05radio/315_tues_2300_interfmpirate_ra.php

高橋 盾 (UNDERCOVER デザイナー)インタビュー全文掲載WEBページはこちら

デザイナー関係の方のインタビューシリーズ。今回の高橋さんはいままで方の中でも感覚が近いものを感じます、年代はやや私よりしたですが、同じような音楽を聴いてきた感じがそう思わせるのでしょうか。ミーハーちっくにMILKの大川ひとみやコム・デ・ギャルソン川久保玲さんとのエピソードも面白かったでした。また話の端々に、憲章さんやヒロシさん完ちゃんが出てくるのにも惹かれました。ところが放送途中でトラブルが、ちょっと面白がっちゃいましたけど、高橋さんには失礼でしたね。でも来週また再放送されるので最後まで聴きます。

相変わらず、インタビューと音楽の融合も素晴らしく久しぶりにイーノもいいななどと思いました。






  • Cluster & Eno - Schöne Hände

    D

  • Cluster & Eno - STEINSAME


  • Cluster and Eno - Für Luise

    D

  • Cluster and Eno - Ho Renomo

    D



  • Cluster - PLAS

    D


公式ハッシュタグ「#ckpirate」でのつぶやきまとめ。つぶやきながらは楽しいよ。まとめサイトtogetterのリンクを貼ります。

http://togetter.com/li/120283


Cluster and Eno
アーチスト: Cluster
発売元: Bureau B
価格: ¥ 2,000
発売日: 2010/12/15
売上ランキング: 154697

Motoharu Radio Show ゲスト:大瀧詠一

ナイアガラトライアングル2の佐野元春さんと大瀧師匠の対談のPart1です。非常に貴重な放送でした。佐野さんとの対談ならではのナイアガラトライアングル2のレコーディング話とか興味深いものがありました。最近の佐野さんの特異なポエトリーリーディングありで、ラジオ版ソングスといった感じです。やはり原点プレスリーの話など面白かったですね。来週も楽しみです。


  • 佐野 元春 / 彼女はデリケート
    佐野さんが最初に持っていったテイクは没となり、師匠にエディ・コクランだよと言われてシェイクした歌が2回目のテイクで採用。最初のテイクはかっちりしたバージョンで丸の内OLのような感じだったので、対象をガールにするためにエディ・コクランの歌唱を指示。
    D
  • Eddie Cochran - Something Else
    しかも、佐野さんへ指示したのはエディ・コクランのなかでもこの曲のイメージでした。なぜなら佐野さんはイギリスのロッカーのイメージ。この曲はエディ・コクランの中では、イギリスのでヒットした特殊な曲だったのです。
    D
  • シュガーベイブ 「DOWN TOWN」
    この曲のエンジニアをやっているので、師匠は達郎さんよりこの曲を聞いているとのこと。
    D
  • 五月雨
    師匠にとって重要な年はやはり私の生まれた1962年ですね。プレスリーの話とか、実は師匠はドラマーだった。しかも、はじめてたたいた時の録音まであるとは。
    D
  • ElvisPresley / (Now and Then There's) A Fool Such As I
    じつは、掟破りの文節区切りはエルビスもでした。
    D

2011-04-04(月)

グレン・ミラー物語

近所のスーパーのDVDワゴンセール500円で購入しました。もちろん映画の存在知ってましたけど、この映画、小さいころの各種ロードショー番組で観たことが無かったので今回はじめての視聴となりました。あらためてグレン・ミラーって名曲ぞろいですね。曲はもちろん知っていたのですが、どのような人物であるかの情報はほとんど知りませんでした。そこで、映画としても超有名なこの伝記的ドラマで知ることが出来ました。映画ととしては比較的単純なストリーかつ演出なのですが、1930年代に自身のバンド結成するいったった過程から第二次世界大戦中に慰問先のフランスへ飛行中に行方不明となるまでの生涯が扱われています。ストリーはヘレン夫人との出会いから彼女の支えのもと有名になってゆく話が中心に展開します。基本的にな感想としてはあげまん物語とも言えるような内容で、良くてきた嫁ヘレンといった感じです。

この映画の中心的存在である彼の音楽も効果的に使われています。いままでも名曲に感じていたそれぞれの曲の成り立ちのエピソードが語られていてさらに各曲に対するイメージが膨らみました。プロポーズするときのイミテーションの真珠の首飾りを贈ったことを題材とした曲やストリーの中でも重要な意味を持つ「茶色の小瓶」など実際にあったエピソードが散りばめられているようです。どこまでが脚色であるかは厳密には不明ですが、全てを受け入れて彼の作品を楽しむのもいいですね。

さらに、見所ひとつは、ルイ・アームストロング、ジーン・クルーパたちが自分自身の役として登場して演奏するシーンは圧巻でした。やはり戦前から戦後のこの期間の音楽は全世界的に興味深いですね。全てにポップミュージック原点がつまっているような感じです。

この映画豆知識として、「へー」と思ったのは、まだ無名時代のヘンリー・マンシーニがノンクレジットで劇中曲の編曲を担当していることでした。

  • ムーンライト・セレナーデ
    D
  • タキシード・ジャンクション
    D
  • 茶色の小瓶
    D
  • セントルイス・ブルース
    D
  • Otchi-Tchor-Ni-Ya
    D
  • ベイズン・ストリート・ブルース
    D
  • イン・ザ・ムード
    D
  • 真珠の首飾り
    D
  • ペンシルベニア6-5000
    D
  • アメリカン・パトロール
    D



グレンミラー物語 [DVD] FRT-295
発売元: ファーストトレーディング
価格: ¥ 500
発売日: 2007/01/25
売上ランキング: 6120

2011-04-03(日)

アニメンティーヌ

90年代以降流行った曲(特に洋楽)やアーティストがまったく空白であることはこのブログでも何回か書かせていただいています。しかし、このブログがほぼ音楽系ブログとなってしまい色々と日々ツイッターとかで情報収集するようになってからも漏れはあるものですね。しかも、巷ではけっこうヒットしている曲というではありませんか。さらにしかも、音楽に加えてアニオタ第一世代としてもショックです。

まあ、嗜好が常に変わるのでタイミングに漏れがでてしまうのは仕方の無いことですけどね。フレンチ・ボッサ・アニメという3大スキスキ要素が詰まったこのアルバムを逃していたなんてです。しかも一番のヒット原因はサントリー「ALL-FREE」TVCM曲に「天才バカボン」が使われた事によるものなのにです。このCMはさすが知っていましたしいいなと思っていたのにそこで止まってしまっていました。なぜ、改めてこのアルバムの存在に気がついたかというと、昨晩何気に観ていたTV番組でフランスでアニメ人気を扱った番組でチラッと彼女の姿を見かけたからなのでした。その番組でもフランスの国民歌手的な説明をされていましたが、ウィキペディアなどのプロフィールを見る限りでは、失礼なが本国でどれほど活躍されているかはちょっと疑問かもです。60年代や70年代に存在した、日本人向け洋楽アーティストの現代版なのかもしれません。フレンチ&ボサノヴァ好きと公言しているわりに本国事情をまったく知らなくてスミマセンという感じです。さすがに日本のアニメは前世界的に広まっていますが、このアルバムは日本人向けでしょうね。でも、凄く心地よいのでこんなアルバムが聴けること自体(様々な背景を含んで)日本人で良かったという感じです。その後再調査では、私が初期のみしか知らない渋谷系ミュージシャン関係があるようです。やはりといったかんじでしょうか。

しかし、ボサノヴァアレンジは反則ですね。世の中にボサノヴァアレンジ版の存在しないヒット曲など無いのではないかと思えるくらい何でもありなボッサ版たちです。何気ないヒット曲でもそれだけポイントアップしてしまうのはなぜ。

ところで、この「天才バカボン」の作曲者渡辺岳夫さんは若い頃フランスへ留学してクラシックを学んでいたそうですが、こういった形でフランスへと循環しています。

  1. ラムのラブソング(アニメ『うる星やつら』OP)
    D
  2. バカボン・メドレー:天才バカボン(アニメ『天才バカボン』OP)、タリラリランのコニャニャチワ(アニメ『元祖天才バカボン』OP)
    D
  3. 崖の上のポニョ(アニメ映画『崖の上のポニョ』主題歌)
    D
  4. おどるポンポコリン(アニメ『ちびまる子ちゃん』OP)
    D
  5. 風の谷のナウシカ(アニメ映画『風の谷のナウシカ』シンボル・テーマ・ソング)
    D
  6. はじめてのチュウ(アニメ『キテレツ大百科』ED)
    D
  7. ロマンティックあげるよ(アニメ『ドラゴンボール』ED)
    D
  8. サザエさん・メドレー:サザエさん(アニメ『サザエさん』OP)、 サザエさん一家(アニメ『サザエさん』ED)
    D
  9. ドラえもんのうた(アニメ『ドラえもん』OP)
    D
  10. とんちんかんちん一休さん(アニメ『一休さん』OP)
    D
  11. タッチ(アニメ『タッチ』OP)
    D
  12. CAT'S EYE(アニメ『キャッツ・アイ』OP)
    D
  13. ゲゲゲの鬼太郎(アニメ「ゲゲゲの鬼太郎OP)
    D
  14. 元祖天才バカボンの春(アニメ「元祖天才バカボン」ED)
  15. バカボン・メドレー(サントリー「ALL-FREE」TVCM曲フルver)※天才バカボン(アニメ『天才バカボン』OP)、タリラリランのコニャニャチワ(アニメ『元祖天才バカボン』OP

アニメンティーヌ・プラス~ボッサ・ドゥ・アニメ~
アーチスト: クレモンティーヌ
発売元: SMJ
価格: ¥ 2,730
発売日: 2010/11/24
売上ランキング: 33

アニメンティーヌ・プラス~ボッサ・ドゥ・アニメ~




  1. 宇宙戦艦ヤマト(アニメ「宇宙戦艦ヤマト」OP)
    D
  2. ゲゲゲの鬼太郎(続アニメンティーヌ・ヴァージョン) (アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」OP)
  3. アンパンマンのマーチ(アニメ「それいけ!アンパンマン」OP)
    D
  4. さんぽ(映画「となりのトトロ」)
    D
  5. 残酷な天使のテーゼ(アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」OP)
    D
  6. ワイワイワールド(アニメ「Dr.スランプ アラレちゃん」OP)
    D
  7. 銀河鉄道999(アニメ「銀河鉄道999」OP)
    D
  8. Get Wild(アニメ「シティーハンター」ED)
    D
  9. お料理行進曲(アニメ「キテレツ大百科」OP)
    D
  10. おしえて(アニメ「アルプスの少女ハイジ」OP)
    D
  11. 歩いて帰ろう featuring 斉藤和義(「ポンキッキーズ」OP)(Bonus Tracks)
  12. およげ!たいやきくん(「ひらけ!ポンキッキ」オリジナルナンバー)(Bonus Tracks)
  13. 天才バカボン(サントリー「ALL-FREE」TVCM曲 雪の温泉篇60秒ヴァージョン)(アニメ「天才バカボン」OP)(Bonus Tracks)

続 アニメンティーヌ
アーチスト: クレモンティーヌ
発売元: SMJ
発売日: 2011/03/09
売上ランキング: 106

続 アニメンティーヌ

2011-04-02(土) はれ

新年度、またきた結婚記念日と高校入学準備

本日は、結婚17年目の記念日であります。よくいうXX婚式の区分では10年を過ぎると5年単位なので今年は何婚式でもないのですが、フランスでは17目がなぜか薔薇婚式というそうです。

まあ、バブル時代から付き合っていた悪影響もありまして、パートナーに花束を送るなどという恥ずかしい行為もけっこうやってきたのですが、ここ数年は、結婚記念日も誕生日もそのような事はなく過ごしてきました。少なくともこのブログをはじめてからの5年間は記録に無いので買っていないでしょう。ことしは、休日であったこともあり、最近明るいニュースもないので思い切って花束購入してみました。母がガーデニング好きということもあって普段からけっこう庭や花瓶には花が存在してるのですが、花屋さんでアレンジしてもらったものはちょっといいですね。部屋がぐんと明るくなりました。このポイントでいつも迷惑かけている分のどのくらいが相殺されるかは分かりませんが、身近に花があるのはいいですね。

https://lh5.googleusercontent.com/_Us-ZIfcwiqI/TZbl4Z2lsWI/AAAAAAAADKI/Dzc6xdzGd-M/s576/IMG_4353.JPG

https://lh6.googleusercontent.com/_Us-ZIfcwiqI/TZbmARCSjjI/AAAAAAAADKM/S0VFQ9yCReg/s576/IMG_4355.JPG

  • Charles Aznavour - Happy Anniversary
    自分でこんな曲貼るのもなかり恥ずかしいですが
    D

記念日におでかけと言うほどのことではないのですが、長男の学生服が出来上がったので高校へ受け取りに行き帰りにランチしてきました。(入学説明会は別途実施済みだったので、彼は自分のことなのに同伴せずでした。)

長男の入学した高校の制服はは、昔ながらの「学ラン」です。中学はやすっぽい紺のブレザーだったのですが、だんぜん「学ラン」の方がよいですね。よく考えると「学ラン」って誰でも似合いますね。体型や身長差などあってもそれなりな感じになります。なんか学生ぽくていいですね。詰襟がなんか懐かしくなってきました。

  • CMですよ〜200「トンボ学生服」

    D
  • 若き日のスマップが出演しているトンボ学生服CM

    D

いまは、学生服丸洗い出来るんですね。このCMのころからだからかなり前からか。私の学生時代よりあと数年後といった頃なのですね。いつもクリーニング出していて自宅では洗えなかったのでほんと大変でした。

2011-04-01(金) はれ

つべから一掴み - 殿さまキングス / ハワイ音頭

殿さまキングスというといまでは、コテコテの演歌というイメージですが、私が小さい頃は演歌イメージよりもコミックバンド的な活躍のほうが多かったのです。そん殿キンの面白ソングを発見。

  • ハワイ音頭
    作詞:井田誠一/作曲:利根一郎/編曲:寺岡真三
    D 

ハワイアンと音頭の融合、面白いですね。ハワイでは、日系移民の方を中心にボン・ダンスとして根づいていたのですね。このサイトが恐ろしく濃いです。「音頭」カテゴリを作っている私としては大変興味深い内容満載です。

海を渡った盆踊り

上記サイトでは現在ハワイ編が充実していますが、同じく日系移民の多いブラジルとかも予定されているようです。動画はありませんでしたが殿キンの「ブラジル音頭」も楽しい曲です。

  • ブラジル音頭
    作詞:井田 誠一、作曲:利根 一郎。演奏は殿キンではなく、ちんどん通信社ですがこのバージョンもなかなかよいです。
    D

ハワイ音頭にして、ブラジル音頭もそうですが、歌詞が思想がなくでていいですね。凄く楽しいです。こういった曲をうたいつつ、非常にデープな演歌も歌う殿さまキングスってどんなかたがたなのでしょうかね。自分の中では幼少期の刷り込みのコミックバンドです。

ウラ・ベスト集~ブラジル
アーチスト: 殿さまキングス
発売元: Pヴァイン・レコード
発売日: 2007/06/15
売上ランキング: 89349

音頭ものではありませんが、殿さまキングスによるクラシック曲のパロディーアルバムも楽しそうです。馴染みのあるメロディーにコミカルな歌詞が付いて歌われてます。試聴はこのサイト出来るようです。

殿キン・カンタービレ: Parotta Classic

パロッタ・クラシック
アーチスト: 殿さまキングス
発売元: ビクターエンタテインメント
価格: ¥ 1,982 (1% OFF)
発売日: 2008/11/19
売上ランキング: 89563