Hatena::ブログ(Diary)

アラッポ・カーロの備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-04-25(月) はれ

NHKカルチャーラジオ『NHKラジオアーカイブス』永井荷風 第四回 時代・世相を語る

本日帰宅の車の中で一部分だけ聞けました。久しぶりにカルチャーラジオの時間と帰宅時間が一緒になったのでした。この4,5月のラジオ版NHKアーカイブスはもっと聞きたくなりました。『NHKが保有する貴重なラジオ番組アーカイブスの中から、文豪や、知識人など(故人)をセレクトし、懐かしい肉声をよみがえらせていきます。』という企画らしいです。永井荷風の肉声を初めて聞いたと思います。この4,5月では永井荷風谷崎潤一郎の特集です。私が聞いた回は、1958年に収録された、谷崎潤一郎永井荷風と当時の代議士(名前失念しました)らによるたわいもない対談でした。亡くなる前年ということもあり永井荷風は大人しい感じの印象でした。元気な代議士が女性関係の話にふろうしてもなんともあっさりとした受け答えでした。録音状況や喋り方の問題で鮮明に聞き取ることが出来ない放送でしたが雰囲気は伝わってきました。「婦人公論500号記念座談会」ということもあり、対談のなかで最近の女性は強くなった的な話題も。

あっ、永井荷風の作品に関してですが、私コテコテの理系人間ですので文学ダメダメです。高校までの国語授業程度の知識しか有りませんので、ほとんど作品は読んだことないのであしからず。でも、偉大な作家はその人自身が興味深い面を持ってますね。とくに荷風は当時の風俗的な記述ものは読んでみたいようなきがしてきました。ボヘミアンネクタイのハイカラな印象も昔から気になってました。この辺の世界探りたいです。

このアーカイブスシリーズこれからもビックリするような音源がテレビのアーカイブス以上に出てきそうで気になります。でもうまく視聴タイミングがあわないのですよね。

永井荷風の終戦

  • 朗読:永井荷風「銀座」(合成音声オーディオブック)
    無機質な音声が妙に面白みがあります
    D



NHKカルチャーラジオ 文学の世界 永井荷風再考 (NHKシリーズ)
発売元: 日本放送出版協会
価格: ¥ 900
発売日: 2010/12/24
発売日: 2010/12/24
売上ランキング: 426891