Hatena::ブログ(Diary)

アラッポ・カーロの備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-01-28(土) はれ♡

怪獣絵師 開田裕治とウルトラの世界展

怪獣絵師 開田裕治さんの展示がるというので、渋谷パルコ にあるロゴスギャラリーへいって参りました。

この方の名前あまり意識していなかったのですが、80年代以降の特撮関連のLDジャケットやプラモデルなどイラストを描かれていたのですね。わたしは、お金なくてLDとか買えなかったですが、濃いオタク仲間とかには見せてもらったして、間接的にお世話になっているのでした。SFファン活動歴もちょうどリンクしている時代の筈なのですが、今回初めて意識しました。いろいろ関連な繋がりも面白そうです。

今回、『総天然色 ウルトラQ』の発売記念ということもあり、ウルトラQウルトラマンそしてウルトラセブンくらいまでと個人的にいちばんハマったあたりの各種原画などが展示されていました。やはりこの辺の映像はかっこいいですね。その美しさのやられました。

各種会場限定グッズにも心惹かれたのですが今回は見物のみということで購入はがまん。

https://lh3.googleusercontent.com/-vtMwYZgPYIo/TyR5-gEcttI/AAAAAAAAJv0/COYXXQCN7TE/s512/%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588%25202012-01-29%25207.27.58.png

http://home.att.ne.jp/green/kaida/

wikipedia:開田裕治

開田 裕治(かいだ ゆうじ、1953年3月26日 - )は、日本のイラストレーター。兵庫県生まれ。「怪獣絵師」の異名を取る。京都市立芸術大学卒業。日本SF作家クラブ会員。と学会会員。東京都在住。

妻は官能小説家でコスプレイヤー開田あや

フリーのイラストレーターとして、怪獣やロボットなどのイラストを、プラモデルや映像ソフト、音楽ソフトのパッケージ、雑誌、単行本、ポスター、ゲームソフトなどのために制作。1997年に第28回星雲賞(アート部門)を受賞。

会場で見かけた情報では3月30日金曜日に下記のオールナイト上映が開催されるようです。

「総天然色ウルトラQ」 BD発売記念オールナイトイベント“たいせつなことはすべて怪獣がおしえてくれた”

みうらじゅんん&町山智浩というコンビに惹かれます、要チェックですね。

『総天然色ウルトラQ』 Blu-ray BOX ?<最終巻>
発売元: バンダイビジュアル
価格: ¥ 23,098 (27% OFF)
発売日: 2012/01/27
売上ランキング: 471

ディクショナリー倶楽部アートイベント「Smile Rock again」

大好きな「PIRATE RADIO」のディクショナリー倶楽部でのイベント「Smile Rock again」へ行って参りました(初日に少しだけ下見に行かさせていただいてはいたのですが)。

この日は、いつもTL上で一緒に「PIRATE RADIO」を聴いている むぎ茶[Twitter:@mugichagozen]さんと一緒に伺いました。この日は、「Smile Rock reception Party」が開催されていまして、「PIRATE RADIO」のオフ会的な要素もありましたので、ぜひ参加したかったのですが、毎月定例の池袋でのTV AGEの講座のため、イベント開始ともにこの場所を離れることになってしまいました(残念)。当日、少しの間ですが、桑原茂一さんにもご挨拶することができたのが何よりでした。都合が付く限りはディクショナリー倶楽部のイベントにはぜひ参加させていただきたいものです。(呑みたかった、踊りたかった)

どのような盛り上がりであったか悔しいので、TLを例によってまとめちゃいました。

Ustreamのarchive<=ありがたやありがたや

http://togetter.com/li/248923

https://lh6.googleusercontent.com/-mfesvtw7uT8/TyR5rReg1mI/AAAAAAAAJu8/KQyAuv-1T3Q/s512/IMG_1981.JPG

https://lh4.googleusercontent.com/-6YT-AwdLnTk/TyR5vYTSvxI/AAAAAAAAJvM/rD-i4HyT9OE/s512/IMG_1982.JPG

https://lh5.googleusercontent.com/-aK5QPPmT_xQ/TyR5sUPHP9I/AAAAAAAAJvE/q8qHojnvxwQ/s512/IMG_1984.JPG

https://lh6.googleusercontent.com/-TmoqmFq_eXA/TyR50GqhT4I/AAAAAAAAJvU/qRzXNydksaE/s512/IMG_1985.JPG

https://lh6.googleusercontent.com/-qts1YgRCCGc/TyR55oED1EI/AAAAAAAAJvc/Y0uMnycZulM/s512/IMG_1986.JPG

初日よりディスプレイが少し変わっていました。フロアに置かれたディスプレイでお気に入りの映画流れてましたよ。久しぶりにウィノナ・ライダー見たら、ビートルジュース観たくなちゃいました。

TV AGE講座 「平岡精二の世界」

予習編でも書きましたが、待ちに待ったという感じでした(その割には遅刻してしまい申しわけありませんでた)。

元来、平岡精二さんの情報は予習編でも書いたように入手が難しい状況です。なので、今回の講座は大変貴重かつ有意義なものになりました。その場で、貴重な音源を聴けただけでなく、まとまったコンピなどがなく音源が入手しづらいところ、平岡精二さん関わりのCD情報とかも大変参考になりました。入手した際にはこちらで報告できればと思います。(宇野誠一郎さんのもいまだ未入手です、お小遣い制約をなんとかしたいです。大人買いした〜い。)この手のCDは後からだと入手困難になりがちなのが難点です。

というわけで、平岡精二さんですが、講師の濱田さんこれまでの各関係者の方へのインタビューなどの情報で、ネットでは入手出来ないようなレベルのバイオグラフィなども知ることが出来ました。生涯独身ではく、いちど結婚されていたこともあるとか、ハワイでの生活状況など、それでも、まだまだ気になることの多い平岡精二さんです。どうしても、自分はサウンド志向が抜け切れないのであまり意識していませんでしたが、今回、この講座で平岡精二さんの歌詞の世界も深いなあと気づき感謝です。歌ものもメロディ、歌詞、アレンジのトータルで平岡世界が構成されているのですね。また、濱田さんの謎の女Bを「これはコミック・ソングではなく、ユーモアソングである」の評になるほどと共感いたしました。

  • 「謎の女B」 平岡精二

    D

今回は歌物中心の講座でしたので、インスト物を中心とした第2回が開催されることが決まったようなので楽しみです。

また、今回はいつもご一緒のむぎ茶([Twitter:@mugichagozen])のほかに、スナック馬場の馬場[Twitter:@babamasamichi]さんとワッツタワーズのみんとり[Twitter:@mint_lee]さんもご一緒でした。

やはり講座のあとのシメは馬場さんのお店

講座あとは恒例、池袋の「スナック馬場」です。今回講座が1時間延長されたこと&馬場さん自身が参加されていたこともあって、10時過ぎからおじゃましました。私の終電が11時半ころなので、ほんの少しのでしたが、あいかわらず素敵な時間を過ごすことができました。

今回は以前からお誘いしていたみんとり[Twitter:@mint_lee]さんもご一緒でした。馬場さんとみんとりさんは初対面なのですが、この『レコード・バイヤーズ・グラフィティ ヴァイナル・マニアの数奇な人生』に登場するお二人なのでした。みんとりさん持参のエロソノシートもかけたりして楽しいひとときでした。

そんなみんとりさんから、先日行かれた台湾のおみやげをいただきました。

台湾では有名な駄菓子なのですね、以前行ったときには気が付きませんでした。https://lh5.googleusercontent.com/-c4t1hL1LjVY/TyS0fCWUbsI/AAAAAAAAJwE/hPVCR2pIE7k/s512/IMG_1994.JPG

ちょっと模様替えもあったようです
https://lh5.googleusercontent.com/-Yzmtf-O-X8E/TyR6CTkLqOI/AAAAAAAAJv8/AzEukP-2JJo/s512/IMG_1989.JPG


ブルースでなく(Mint-Lee)(紙ジャケット仕様)
アーチスト: 岡村みどり
発売元: Out One Disc
価格: ¥ 1,784 (1% OFF)
発売日: 2011/03/10
売上ランキング: 142386