Hatena::ブログ(Diary)

アラッポ・カーロの備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-06-16(日)

女王陛下の007 007シリーズ第6作

小学生の頃好きだった自分にとっての原点の映画を尋ねるシリーズです。はっきり言って007シリーズを劇場で観たことあるのは正直「ムーンレイカー」と「ユア・アイズ・オンリー」あたりだけかもです。

なので、自分にとって007シリーズは主に70年代前半までの公開作品が70年代にテレビのロードショウ番組で放送されたものが007「ゼロ・ゼロ・セブン」の原体験なわけですね。

そんななかでのこの「女王陛下の007」ですが、スキーシーンしかほとんど印象に残っていませんでした。まあそれ故に今回新鮮に楽しめましたけどね。改めて観るとシリーズのなかでけっこう異色作であったのですね。このシリーズの典型はいわゆる「ゴールド・フィンガー」的な内容ですからね。

前半のエピソードは後半の重要な伏線になっているとはいえ今の感覚からするとちょっとだるいかなといった感じでした。もちろんこの映画一番の見せ場であるスキーシーンは、以前のスキー映画特集にも書いたとうり最高でしたよ。

2011-01-30(日) スキー映画特集

今日みたいな蒸し暑い日にはこのようなスキーシーンの映画も良いかもしれません。この辺のスキーシーンを改めてストーリーとともに観てみると。ホイチョイ・プロダクションズの方々が影響を受けたのがよくわかります。ほんと楽しというかスキー面白いです。スキー場とかでのPVとか無条件に好きだし。やはりあの雪に覆われた非日常感がよいのでしょうか。

出演俳優に関してはジェームズ・ボンド役がこの1話のみで降板したジョージ・レーゼンビーであまり印象はありませんね。ショーン・コネリーの後ははやりかわいそうでしたかね。悪役のスペクターの首領ブロフェルド役はなんとあの刑事コジャックテリー・サバラスだったとは今回改めて気が付きました。私たちの世代では完全にコジャックのイメージな方なのですが、この映画ではなんとなくおマヌケな感じの悪役でしたね。細菌をばら撒くとこに対する要求がこれまでの犯罪の恩赦と爵位といのもなんともなお話ですね。映画の中でも言われてますが、極めてスノッブなオヤジといった感じでした。スノッブといえば、今回改めて観て英国紋章院の話とか子供の頃にはよく分からなかったであろう話が理解出来ました。イギリス趣味とボンド映画がやはり切り離せない魅力ですね。

今回の主題歌ですが、歌なしのジョン・バリー・オーケストラによるインストゥルメンタル曲でした。小学生時代はもちろんジョン・バリーの存在などまったく知らなかったのですが、ここまで年齢を積み重ねると彼の音楽もまた総ざらいしたい作曲家です。先日NHKFMで放送された「亀渕昭信 とことんビートルズ以前」でも、イギリスの重要な作家として紹介されておりました。やはり代表作は007シリーズの曲ですが、その他にも興味深い曲が沢山です(これは別の機会に)。

  • On Her Majesty's Secret Service Theme Song - James Bond

    D
  • Louis Armstrong - We Have All The Time In The World
    こちらは挿入歌です。
    D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ArappoCaro/20130616/1371376110