Hatena::ブログ(Diary)

アラッポ・カーロの備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-06-29(金) はれ

久しぶりのHARD OFFで安レコ

本日、午後から車で客先へ向かい、作業終了後そのまま直帰でしたので、わりと早い時間に自由になれたので、久しぶりにその客先近所のHARD OFFへ行って参りました。予算は300円程度、例によってジャンクの100円レコを最大3枚くらいと思ってかるく漁りました。

とくにお目当てのものを探せたわけではないのですが、100円ならではの気になりアルバムや懐かしいものを救出させていただきました。

f:id:ArappoCaro:20120629200446j:image:w360

東京こどもクラブ「こどもコンサートホール」第1集「オーケストラ入門」

楽器の紹介から始まる、よくあるオーケストラ入門的な内容でしたでした。指揮・構成は芥川也寸志さん、歌やナレーションでビンちゃんこと楠トシエさんというのも、わたしの世代としては嬉しいですね。ジャケット状態はかなり良くないのですが、見開きの柳柊二さんのイラストも素敵でした。昔のSF小説の挿絵みたいでちょっと怖い感じがです。

この「東京こどもクラブ」ですが、わたしの家では定期購読はしていませんでしたがなぜか記憶にあるのですよね、幼稚園とか友達のうちで見かけたのかも知れません。定期購読しているのは比較的裕福なお家だったように思います。それでも私たちの年代にはある種の思い入れのある出版物ですね。一時期テレビコマーシャルもよく流れていましたからね。後に同じ世代である中森明夫氏がこれを元ネタに「東京おとなクラブ」を発刊したのは有名な話。

f:id:ArappoCaro:20120630024058j:image:mediumf:id:ArappoCaro:20120630024046j:image:mediumf:id:ArappoCaro:20120630024034j:image:mediumf:id:ArappoCaro:20120630024020j:image:mediumf:id:ArappoCaro:20120630024008j:image:medium

A面

(1)チャイコフスキー/マズルカ

(2)ヨハン・バプティストシュトラウス/ラデツキー行進曲

(3)ビゼー/<カルメン>第1幕より「兵隊さんの行進」

(4)リチャード・ロジャース/ドレミの唄

B面

(1)ブラームス/ハンガリア舞曲

(2)シューベルト/<軍隊行進曲>第1番ニ長調

(3)ビゼー/<アルルの女>第2組曲第4曲より「ファランドール舞曲」

(4)ヨハン・シュトラウス/ウィーンの森の物語

'72歌謡ベスト・ヒット28

演奏:ミラクル・サウンド・オーケストラ

編曲:福井利雄

ギター:木村好夫、村上光雄

サックス:市原宏裕、村岡建

トランペット:宮下明

クラビエッタ:風間文彦

最近近田春夫さんのラジオ番組「ロックンローラー近田春夫の歌謡曲って何だ!?」でもニュースの時にかかりますが、歌のない歌謡曲っていいですね。いろいろ集めたくなります。

実は、この編曲の福井利雄さん東京キューバンボーイズ等のアレンジを担当されていたりしていて、大好きなアルバム「三橋美智也三味線リサイタル」で数曲編曲を担当されています。ミラクル・サウンド・オーケストラの正体をしりたいところですね。

DISC1

SIDE1

  1. 京のにわか雨
  2. 別れの朝
  3. 結婚しようよ
  4. 小さな恋
  5. 恋の追跡
  6. 風の日のバラード
  7. 死んでもいい

SIDE2

  1. 虹をわたって
  2. 太陽がくれた季節
  3. こころの炎 燃やしただけで
  4. あなただけでいい
  5. さよならをするために
  6. 待っている女
  7. 男の子女の子

DISC2

SIDE1

  1. 瀬戸の花嫁
  2. 悪魔がにくい
  3. 哀愁のページ
  4. 許されない愛
  5. 京都の女の子
  6. 芽ばえ
  7. 夏の夜のサンバ

SIDE2

  1. ひとりじゃないの
  2. 夜汽車
  3. 旅の宿
  4. 純潔
  5. 夜汽車の女
  6. 朝まで待って
  7. あなたに賭ける

The Lexicon Of Love / ABC

これは、1982年大ヒットアルバム。当時レンタルレコード屋さんでかりました。思わずなつかしさでゲット。もともとこの曲も大好きでたまに聴きたくなってましたので調度良いですね。かれらも、大ヒットしたけども多分にワン・ヒット・ワンダーなところがありましたね。

SIDE-1

  1. Show Me
  2. Poison Arrow
  3. Many Happy Returns
  4. Tears Are Not Enough
  5. Valentine's Day

SIDE-1

  1. The Look Of Love (Part One)
    D
  2. Date Stamp
  3. All Of My Heart
  4. 4 Ever 2 Gether
  5. The Look Of Love (Part Four)
    D

Lexicon of Love
アーチスト: ABC
発売元: Island / Mercury
価格: ¥ 1,189
発売日: 2002/02/05
売上ランキング: 8948

2012-06-15(金) はれ

『真夜中の昭和ダンスパーティー』

「黒い歌謡曲」のイベントの後の映画「きっとここが帰る場所」特別試写会には終電がなくなるので行くのをやめたのですが、本日毎月第3金曜日定例の『真夜中の昭和ダンスパーティー』開催の日であることを思い出し、急遽『真夜中の昭和ダンスパーティー』へ行ってしまったのですた。実に1年ぶりくらいの参加であります。あいかわらずの楽しい選曲で大合唱もありでよかったです。

2011-07-16 久しぶりの朝まで夜遊び スナック「馬場」〜渋谷オルガンバー more

そういえば、馬場さんのお店デビューからも約一年ぶりなのですね。この日、オルガンバーに馬場さんがいらっしゃてました。まだ怪我が痛々しかったのですが、お元気そうで何よりでした。私は行けないのですが、この翌日の6月16日は馬場さんお店の1周年記念イベント行われます。

このイベントのフライヤーがしおりになっており素敵です。これもらいました、というか配ってました。

https://lh5.googleusercontent.com/-0QRUJnquRas/T9yL9VLrzzI/AAAAAAAAOF8/pYYXqtR07TY/s512/IMG_3093.JPG

2012-01-07(土) はれ

100円レコ掘り始め: ファン・カバレリ JUAN CAMBARERI /エメラルド・アルバム SR134

新春といえば、タンゴでしょう(笑)、昨年の新春 PIRATE RADIO からのイメージですけどね。

2011-01-04 InterFM「桑原茂一のPIRATE RADIO」 #ckpirate #53 新春選曲 by 桑原茂一 Tango de Bonne Année ! 2011

ということで、新春初のリサイクルショップ系へのレコード探訪です。「初XX」や「XX始め」と言うほど頻繁に行っているわけではないのですけどね。そこで、新春タンゴのイメージ合う100円レコとの出会いがありました。やはり今年は、五十路を超えるところでタンゴのように情熱的に行きますかね。燃え上がりますよ〜。

このレコード、タンゴであり有名曲ばかりな感じは直ぐにわかったのですが、ファン・カバレリという方がどの程度有名な方でどのような演奏であるかの知識なしでの購入です。このような買い方ができるのも100円レコのよいところですね。さすがにジャケットはくたびれていましたが、盤面は全く傷がなく良品でした。

レコードの概要としては、60年代キングレコードの洋楽用レーベルである、セブン・シーズからのリリースであり、タンゴ・エメラルド・シリーズの第3弾だそうです。そしてこのファン・カバレリは「バンドネオンの魔術師」と呼ばれている方だそうで、バンドネオン・テクニックを存分に堪能できました。タンゴというとピアソラのイメージが強かったですけど、このように古典的なものふれるのもいいですね。それでもやはり、タンゴはダンスミュージックなので、聴いていると思わず心躍ります。後半のバンドネオン奏者による作曲曲は、カバレリのバンドネオン演奏がかなりの聞きどころとなっております。

f:id:ArappoCaro:20120106201108j:image:w360

第1面

  1. エル・チョクロ
    アンヘル・ビジョンによる1905年のタンゴの古典。
    D
  2. エル・フィルレーテ
  3. エル・アエロプラーノ
  4. アタニーチョ
  5. エル・レスプランドール
  6. レ・ファシ

第2面

  1. エル・オンセ
    4重奏楽団ならでは、個々の楽器のプレイがはじけてます。
    D
  2. 我慢がだいいち
  3. 黄金の心
  4. エル・トリート
  5. オルガ
  6. 半どん

(もっと違うタイプの曲アップすればよかったかな)

2011-10-30(日) くもり

久しぶりのHARD OFF漁り

最近安レコ漁りに行く時間がなかったのですが昨日久しぶりに堀に行きました。比較的近所にある「HARD OFF」に要らなくなったパソコンと子供用ゲーム機ピコを処分しにゆきました。パソコンは完全に故障しているものですし、ピコはもう十年近く利用していないものでしたのでゴミとして処分する替りの「HARD OFF」です。当然、買取は最低額の100円。処分代取られなかっただけでもと言った感じです。

では、まだ聴きこんでませんが戦利品をメモしておきましょう(以前より品揃えが悪くなったように思います、怖い人達にもう漁られちゃったのかもしれません)。というわけで、購入したのはどのリサイクルショップ系でもありがちなお安いムードミュージック系でいまの気分のもを選択致しました。未だ聴きこみも不十分ですが、もっと一枚ごとに詳しく展開したいです(機会があれば)。


デサフィナード/恋と情熱のボサ・ノバ《1977年》

演奏:サビア・クガート楽団(A面)● クレバノフ・シンフォニック・ストリングス(B面)

日本フォノグラムの「PHONOGRAM POP 1000 COLLECTION」シリーズ一枚です。ジャケットの女性、情熱のボサ・ノバって感じですね。いまのラテン気分にピッタリの一枚

https://lh6.googleusercontent.com/-pkaJsjzM0rg/TqzQ4zNuDII/AAAAAAAAGKs/CqFwRXONZpI/s512/IMG_1029.JPG

A面

  1. デサフィナード
  2. フライ・ミー・ザ・ムーン
  3. 慕情
  4. マイ・ショール
  5. 南京豆売り
    D

B面

  1. イパネマの娘
  2. ウィスパリング・ボサノバ
  3. ポインシアーナ
  4. ジャズ・サンバ
    D
  5. サンバ・デ・ラ・クンパルシータ

ムード・イン・ギター*1(国文社 ムード・ミュージック・ライブラリ 3)《1969年》

70年代テイストあふれるブックレット付きなのが嬉しいです。写真や解説も満載。曲は、ムードはムードでもB面には歌謡曲のカヴァーとかでありでなかなか昭和ラウンジな感じ。このシリーズ値段の割におすすめかもです。演奏:ジョセフ・メイヤー(ジョンじゃないよw、誰でしょこの方)

https://lh4.googleusercontent.com/-_cr5KcZiRdU/TqzQ_O2DpXI/AAAAAAAAGK4/kppnf1iG30o/s512/IMG_1030.JPG

https://lh4.googleusercontent.com/-nHfwvZgj8jI/TqzQ-uuhyAI/AAAAAAAAGK0/w4rJZj44r5s/s640/IMG_1031.JPG

https://lh3.googleusercontent.com/-ZtWvyxm3ZjU/TqzRByU3YnI/AAAAAAAAGLE/bBWrNnsu1ZI/s640/IMG_1032.JPG

https://lh6.googleusercontent.com/-3atDC-rtGMk/TqzRLQPAkSI/AAAAAAAAGLM/lCjnMdzzNiw/s640/IMG_1033.JPG

A面

  1. 愛のロマンス
  2. ミッシェル
  3. 河は呼んでる
  4. 思い出のソレンツァーラ
  5. さらばベルリンの灯
  6. 第三の男

B面

  1. 小さなスナック
  2. エメラルドの伝説
  3. 天使の誘惑
  4. 涙のかわくまで
  5. 知りすぎたのね
  6. たそがれの銀座

子供のマーチ / アーサー・ウィノグラード指揮 ロンドン・ヴィルトゥオーゾ管弦楽団

完全なジャケ買いです。行進曲は楽しいですね。

https://lh4.googleusercontent.com/-hmy8lxmGKpw/TqzRM47kY4I/AAAAAAAAGLY/cJsuvvt9iW8/s512/IMG_1035.JPG

A面

  1. 軍隊行進曲(シューベルト)
  2. トルコ行進曲(ベートーヴェン)
  3. 僧侶の戦争行進曲(メンデルスゾーン)
  4. くるみ割り人形の行進曲(チャイコフスキー)
  5. こびとの行進曲(グリーグ)

B面

  1. 行進曲威風堂々(エルガー)
  2. 鉛の兵隊の行進曲(ピェルネ)
  3. マリオネットの葬送行進曲(グノー)
  4. 酋長の行進(イッポリトフ=イヴァーノフ)
  5. 行進曲三つのオレンジへの恋(プロコフィエフ)

ニニ・ロッソ クリスマス スーパー・デラックス

こちらも、おなじみリサイクルショップ系にはどこでもあるニニ・ロッソものです。そろそろクリスマス音源を思い購入。個人的にもニニ・ロッソって冬のイメージがあるんですよね。

https://lh6.googleusercontent.com/-XcCf5aNTkt0/TqzRMjH_o1I/AAAAAAAAGLU/W4fSCKr1Ezc/s512/IMG_1034.JPG

A面

  1. もろびとこぞりて(賛美歌112番)
  2. オー・ホーリー・ナイト(聖夜)
  3. サンタが町にやってくる
  4. ブルー・クリスマス
  5. ウィンター・ワンダーランド
  6. リトル・ドラマ・ボーイ
  7. ジングル・ベルス

B面

  1. ホワイト・クリスマス
  2. きよしこの夜(賛美歌111番)
  3. もみの木
  4. 賛美歌メドレー
    (a)アデステ・フィデリス(賛美歌111番)
    (b)エサイの根より(賛美歌96番)
    (c)いずこの家にも(賛美歌101番)
    (d)よろこべや、たたえよ(賛美歌130番)
  5. アベ・マリア(バッハ=グノー)
  6. いざうたえ(賛美歌108番)
  7. 蛍の光

ブルージーンと皮ジャンパー / アダモ

この曲好きなので購入。

https://lh4.googleusercontent.com/-yNqPwgUwahw/TqzQ2AcP_QI/AAAAAAAAGKg/FAmqNlUGwiA/s512/IMG_1028.JPG

A面:ブルージーンと皮ジャンパー

B面:サン・トワ・マミー


THIEVERY CORPORATION / HALFWAY AROUND THE WORLD

飛行機&おしゃれ系ジャケということで購入。最近発売のものです。良い感じな曲です。が、いかにも、最近の人がラウンジ系な物作りましたって感じで、魂を感じられませんでした。私にはオシャレ過ぎるかな。

https://lh3.googleusercontent.com/-Jvq-UvWF2UI/TqzQ1RaReOI/AAAAAAAAGKc/AeqCg8nv5oI/s512/IMG_1027.JPG

A面:HALFWAY AROUND THE WORLD
D

B面:Scene at the Open Air Market

2011-07-16(土) はれ

久しぶりの朝まで夜遊び スナック「馬場」〜渋谷オルガンバー more

昨晩から今朝にかけては、珍しく夜遊びの日となりました。毎月第3金曜日恒例の渋谷オルガンバーでの「真夜中の昭和ダンスパーティ」へ。今回は3連休ということもあり、朝まで騒いでも十分体力回復する日にちがあるだろうということで、重い腰を上げ以前より行きたかったこのイベントへ参加することがを決心しました。いままでは、年齢的な面や自分が住んでいる地域的なことを考えるとなかなか参加できないでいました。

今回もUst配信されているDJの方や、TwitterのTLで絡ませていただいている方々に直接お会いすることができました。凄く楽しかったので、一度遊び始まると今までの出不精が解消されて頻繁遊び行けるようになるような気がしてますが、普通のウィークデーが始まると引き篭もっちゃうんだろうなとも思ったりもしてます。(最近、子供や嫁が相手にしてくれないからもっと自分で遊んでやるぞ〜)

池袋のスナック「馬場」

NHKラジオの「これからの人生」の「2010年8月25日放送分」や、レコ部などにもゲスト出演されている、若きレコード・コレクター、馬場正道さんが池袋に開店されたスナック「馬場」へおじゃましました。TwitterのTLから得た情報で、「昭和ダンスパーティ」の夜に行くとお店終了とともに皆で「昭和ダンスパーティ」移動という情報事前に得ていたので、この日に来てみました。

こじんまりとした、いい空間のスナックで馬場さん選曲のレコードが流れとてもいい感じでした。またおじゃましたいですが、終電の時間忘れそうで怖いです。かかったレコードジャケットを見せてもらったり、レコ屋情報などいろいろいお話を伺えました。自分がもう少しミシリでなければ、もっと色々お話が聞けたのにな〜

馬場さん亜モノで有名ですが、お店は他の曲も流れます。そちらの選曲も素敵でした。

f:id:ArappoCaro:20110717020722j:image:w360

f:id:ArappoCaro:20110717020723j:image:w360

  • 池袋のスナック「馬場」

    D

『真夜中の昭和ダンスパーティー』

ということで、馬場さんといっしょに渋谷オルガンバーへ。

7/15 (fri)

『真夜中の昭和ダンスパーティー』

DJ’S : 小西康陽 平林伸一 内門洋 常盤響 大好俊治

渋谷オルガンバー info.03.5489.5460

http://www.organ-b.net/

Moodsville Presents 昭和ダンス・パーティー@池ノ上・こあん」のコンピレーションアルバムのイメージが有ったのですが、さすがに前編その手の曲ばかりというわけではありませんでした。でも、選曲最高。アイドル曲路線の時には個人かなり盛り上がってしまいました。

  • FRANK CHICKENS We Are Ninja
    昨日の選曲のなかで、ちとやられたと思ったのはこの曲。リアルタイムで知っていたフフランク・チキンズで、当時も好きだったのですが、すっかり記憶の片隅にしまわれていて忘れてました。今聴くといろんな意味で新鮮。
    D

レコ部関係でTwitterのTLでお知り合いになった方にもお会いできたり、常盤部長ともお話が出来て、大変楽しい夜遊びでした。

  • 7月15日 真夜中の昭和ダンスパーティー(1)

    D
  • 7月15日 真夜中の昭和ダンスパーティー(2)
    歌声喫茶かw
    D
  • 7月15日 真夜中の昭和ダンスパーティー(3)

    D

Moodsville Presents 昭和ダンス・パーティー@池ノ上・こあん
アーチスト: オムニバス
発売元: ビクターエンタテインメント
発売日: 2005/04/20
売上ランキング: 228507

川越のやきとん屋さん「若松屋」

夜遊びから帰ってきて、午前中就寝のあと夕方から「若松屋」へ行ってきました。

こちらは、レコ部繋がりではないのですが、Twitter 初期のころからお世話になっている呑み系フォロワーさんが、わざわざ川越まで来ていただいて呑みでした。いつもは、吉祥寺の「いせや」での呑みオフが中心です。わざわざ、川越まで来ていただいたのに、住所は川越市ではあるのですがちょっと外れていることもあり、地元の飲食店関係あまり知らなくて、おもてなし出来なかったのが心残りであります。